2025/02/22 (Sat) 長編小説『遠い空の下、僕らはおそるおそる声を出す』 発売!


My latest Japanese novel "Under the distant sky, We let out a fearful voice" (Kobunsha) has been published! It is the story of a Japanese boy living in NYC during a pandemic. He connects with his friends and opens his eyes to the world through music, a cappella, Marvel movies & comics, and more...

【新刊小説のご案内】
久々の新刊長編小説『遠い空の下、僕らはおそるおそる声を出す』(光文社)が、出版されました!
舞台はNY、マンハッタン。閉塞感で溢れかえるコロナ禍のNYで高校生活を送る日本人少年が、音楽、アカペラ、マーベル映画やコミック等を通して仲間と繋がり、世の中へと目を開いていく物語です。
現地校での疎外感、アジアンヘイト、BLM運動における略奪と暴動、コロナ禍での日本との温度差など、激動する社会で戸惑う内向的な少年が、恐れながらも足を踏み出し、ためらいがちな声を歌にのせていく…。その過程を、マンハッタンと長崎の街を繋ぎながら、コロナ・クロニクル的な要素も取り込みつつリアルに描ければと思いました。


NYでは紀伊国屋書店での店頭や注文、日本版アマゾンからの海外発送も可能かと思いますが、電子書籍でも出版されています。読んでいただけたら、そしてもしよければ拡散&レビューなど書いていただけましたら、とてもとても嬉しいです。よろしくお願いいたします📖 

Amazon / 『遠い空の下、僕らはおそるおそる声を出す』
Spotify / 『遠い空の下、僕らはおそるおそる声を出す』サウンドトラック
◆拙著原作の映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』のBlu-rayとDVD発売の記事は、こちら。

★しばらくこの記事をトップにしております(日付が嘘でごめん!)。最新記事はひとつ下から読んでくださいませ。

*********************************
野中ともそ 公式サイト
Instagram / @tomosononaka
Twitter / @tomosononaka  

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


2024/02/24 (Sat) バケーション前に風通しのよい服を探しに


Got my first Yamma outfit at @yammaman_ ‘s pop up in Soho! I chose these cool shirt and shorts as I will soon be on a Caribbean island🌴 It's super comfy and pretty as they are made of traditional Japanese Aizu cotton, with accentuating work wear silhouettes!
やったー、遂に初めてのヤンマを手に入れた~💛
こちらは、デザイナーの山崎ナナさん、in ソーホー。


以前から友人達が愛用していたヤンマの服。会津木綿を中心に天然素材オンリーで作られた服は機能的かつ個性的なシルエットがめっちゃ着心地良さそうで、気になりまくっていたのだ。
そんな中ソーホーでポップアップがあるとのことで、デザイナーのナナちゃんと自主営業部長(!)兼モデルの陽子ちゃんのアドバイスも受けつつ、


夏用のシャツとショーツをゲット!(本来は工程に無駄を出さぬよう受注制なのだけど、運命の出会いがあったので~😍)
こちら、写真では見えにくいけれど、シャツは青に銀っぽい光沢があり、とっても惹かれる色。そしてパンツの方も一見カーキ色に見えるけれど、そこに違う色も織り込まれ、玉虫色のような美しい色合い。


ふふふー、着心地抜群、風通しも良くてもうすぐ出かけるカリブ旅行で活躍してくれること間違いなしじゃ🌴
NYは終了したけれど、この後はLAや東京・神楽坂でもポップアップをやるそうなので、気になる方は急げー。


ちなみにこの日はレセプションで、@hibino_daybyday さんの美味しいおにぎりも登場。


おにぎりを頬張り、お酒なんかも飲みながら、好きな服を試着するってなんて楽しいひと時!

ヤンママン

◆手作りの作り帯の記事は、こちら。

◆長編小説『遠い空の下、僕らはおそるおそる声を出す』 の出版記事は、こちら。

買いもの | trackback(0) | comment(0) |


2024/02/21 (Wed) 海老名市立図書館のともそ棚


I donated my books to the local Ebina City Central Library, and they built this beautiful special bookshelf for my books (includes Chinese & Korean version)💛
Hope people in the Ebina neighborhood will come by there!! 📚

素晴らしい蔵書数とディスプレイ、蔦屋書店やスタバが併設されていることでも知られる海老名市立中央図書館。地元ということもあり(生まれは東京ですが、実家が長いこと海老名にあり♪)、著書を寄贈させていただいたところ、素敵すぎる専用棚を作ってフェアを展開してくださりました💕
嬉しいことに、過去作品を連続して借りていかれる女性も多いのだとか。わーい、映画化された小説やNYを舞台にした作品、洗濯屋物語に高校青春小説、イラストエッセイ集と様々なジャンルに挑戦しているので、色々と読んでいただけたら嬉しいなぁ。
こちらのともそ棚(笑)、2月29日まででその後は各ジャンル棚に所蔵されるそうです。中国語&韓国語翻訳版も現在は追加されているはずなので、地元の皆さん、よかったらぜひ遊びに行ってみてくださいねー📚
色々とご手配くださった海老名市立図書館の黒木ミドリさん、本当にありがとうございました。また折に触れて楽しい企画をご一緒させてくださいね♪ 

海老名市立図書館

海老名にて手羽先食べてサザンを聴いた夜の記事は、こちら。

◆長編小説『遠い空の下、僕らはおそるおそる声を出す』 の出版記事は、こちら。

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


2024/02/17 (Sat) よっぱらいが世波来にて


Enjoy Chef Junya's wonderful Japanese dishes at @yopparainyc counter! The excellent smoked spicy cod roe was smoked on the side of the street and
oops, some neighbors complained😂 As a smoking & sake lover in LES, I have to learn from him...

手ぬぐいアーティストの友人Ruriちゃんとサシ飲みデートで、料理長じゅんやさんのかぶりつき席@世波来。うふふ、近いわー嬉しいわー。


暖簾や手触り抜群の手ぬぐいナプキンは友人のRuriちゃん製。このコットンの柔らかな手触りを求めて思わず手がのびる…のびた先には酒がある。


絶品の燻製明太子は、道端で燻してご近所さんから文句も出たとか。怪しいお兄ちゃんもトレンディな店も混在するここクリントン通りの路上で燻製とは👀 歩いて3分の場所に住む燻製隊員としてはその真摯な姿勢を見習わねば…いやいっそ修行させていただきたい。


豊洲から厳選して仕入れるお刺身、さっくさく唐揚げ、じゅんやさん特製激旨塩辛など、日本酒好きの心をくすぐる肴ばかり。


目の前で炙られる白子、こんな光景を眺めながら飲んでいるここはその昔はアブないといわれたロウアーイースト・サイド、ああマンハッタンの摩訶不思議な変化よ…。


店名入りの箱をわくわくと開ければ、


そこにはほんわり炙りたてのたたみ鰯が。


贅沢この上ない茶碗蒸しに、


ふわりとした握り具合も風味も最高なとろたく。
あー、居心地よすぎ&超ご近所で安心しすぎて、今宵もよっぱらい…🍶 
Ruriちゃん、じゅんやさんありがとう。もうまたすぐ小走りして戻りたい…。

◆店名が「夜波来」から「世波来」に変わった頃の記事は、こちら。

◆長編小説『遠い空の下、僕らはおそるおそる声を出す』 の出版記事は、こちら。

| trackback(0) | comment(0) |


2024/02/14 (Wed) 雪中花の練り切りと現実逃避


Making nerikiri of "Sechuka"- As the cold weather seems to be coming back and forth, the daffodils in the snow are a reminder of the coming of spring...

Webサーバーのやむなき移転で訳わからんコンピュータ言語に翻弄されていると、甘くて可愛いものを愛でたくなる。人はそれを現実逃避と呼ぶ…。そこで【おなじみ迷走・和菓子作りシリーズ】は、練り切りで作った雪中花を。
白いんげんの優しい甘さにこしあんの滑らかさ、葉っぱに見立てた羊羹の控えめな食感の変化。お菓子は優しくシンプル。そこにはCパネルやhtml言語やファイルのパーミッションなんて難解な輩は存在しないのである!(→カスタマーサービスの人の言ってることさえわからなくて、ちょっと壊れてる)
さぁ脳に甘い栄養を与えたら、また作業に戻ろうか🍵

◆はらはらと、花筏の練り切りを作った記事は、こちら。

◆長編小説『遠い空の下、僕らはおそるおそる声を出す』 の出版記事は、こちら。

和もの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS