2019/08/21 (Wed) 洗濯屋三十次郎


最新刊『洗濯屋三十次郎』が、光文社より発売されました! まさか自分がクリーニング屋さん舞台の小説を書くとは思わなんだ…まさかここまで染み抜きやアイロンがけを勉強するとも思わなんだ…。
染みを抜くよりつける方が得意な頼りない店長の三十次郎と、染み抜きに命を賭ける老職人の長さんが、衣類だけでなく心についた染みやよじれてしまった想いの皺と、丁寧に向き合っていく物語です。
文庫本やイラストエッセイ、共著、ノンフィクションも含めると、なななんと29冊目の本となります。まさかここまで自分が本を書き続けられるとも思わなんだ…👀 30冊目も出せるように、これからも精進していきたいと思います。どうかどうか三十次郎をよろしくお願いいたします!

★しばらくこの記事をトップにしております(日付が嘘でごめん!)。最新記事はひとつ下から読んでくださいませ。



洗濯屋三十次郎
野中ともそ
光文社
2018. 8発売

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/05/19 (Sun) 肉日な晩ごはん


本当は魚(光物)、魚(光物)、肉、魚(仕方なく白身)、ぐらいのバランスでいきたいけれどなかなか光物は難しいので、肉日の晩ごはんなどを。
この日はラムのサーロインステーキ、菊芋ロースト、豆苗にんにく炒め。いつもは近くのスーパーで買えるラムのショルダーチョップ(安いけれど、骨が大きめ)だけれど、Fresh Directさんにサーロイン肉があったので。骨がないだけでなく、やっぱり肩肉より柔らかくてマイルドで美味しいのであった。


この日も宅配スーパーに頼って、ダルタニャンの鴨ロースD'Artagnan Rohan Duck
Breastをロースト。この肉も若い鴨らしく小ぶりだけれど柔らかく優しい風味でお気に入り。こごみやフレンチラディッシュで春の風味を添えつつ、フラットブレッド、ゆで落花生、生野菜、燻製卵と晩酌のお供メニューも忘れずに。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/05/18 (Sat) 久々にケイジャンゆで落花生


久々にケイジャンゆで落花生を作りたくなって、町をうろうろ。いつも買っている店でも炒ったのしか置いておらず。クリスティー通りでようやく生落花生を発見したときは嬉しかったのう。


そして、家の中はスパイスのにおいが立ち込め、気分はニューオリンズ。

◆細かいレシピの記事は、こちら

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/05/17 (Fri) バワリーへの道


日本から来ている友におめでたいことがあったので、久々のちょいとハッピーアワー飲み@Bowery Road。このお店、 ハイアット・ ユニオンスクエア・ニューヨークの中にあって静かで居心地がいい上に、嬉し楽しいハッピーアワーもあり。ではでは、新しい門出に乾杯~(って何度しただろう)。


ツマミもリーズナブルなハッピーアワー・メニューと通常メニュー、両方から選べるのが嬉し。スパイシーなソースにまみれたししとう揚げに、


ホワイトビーンのハマスは撮り忘れ、ワカモレにはさくさくの美味しいチップ(フラックスシードが入ってるような)。


そしてジャパニーズ・カラアゲといいながらチリライムが効いた美味しいチキン。軽めでヘルシーなフィンガーフードも量を食べればそれなりのカロリーという事実は知らぬふりで、今宵も愉しき時間であった。

Bowery Road
132 4th Ave, New York, NY 10003

| trackback(0) | comment(0) |


2019/05/16 (Thu) コフタのピタサンド


本日は楽しみにしていたライブだったのに、事前に確認したらライブハウスのHPからバンドの名が消えている。ジョイントライブだが彼らが出なけりゃ意味がないのでお店に電話するとやはりキャンセルだという。むなしく、持ち込む予定でいた(食べ物持ち込みOKの店なので)コフタのピタサンドを家で食べた。ムーンライターズ、どこいったぁぁ。
そんな傷心ナイトに、ぴりりと刺激をくれるのが最近お気に入りのこのトレジョのZhougソース。中近東のスパイシーなソースで、コリアンダーと青唐辛子、スパイスたっぷり。このままでも美味しいのだが、ここに水切りヨーグルトと刻んだ胡瓜、にんにくを混ぜて、ザジキがわりにしたら、


ラムのコフタにぴったりなのじゃ。肝心のソースは別皿で撮り忘れたけれど。ムーンライターズ(ムーンライダーズじゃないよ、そっちも大好きだけど)をBGMに、ピタブレッドに野菜とコフタとソースを詰めてかぶりつく、スパイシーナイト。ムーンライターズの歌声は甘いんだけどエキゾチックだから、やっぱり合うなぁ…。


別の日は、マヨネーズとこのZhougとレモン汁を混ぜて、牡蠣フライのおともに。うん、これもイケる。トレジョさん、すぐに商品を廃番にしてしまうけれど、これは続きますようにっ。


家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS