2019/02/17 (Sun) 「NY晩酌日記」第12回掲載されました。

文芸誌、小説すばる3月号に連載エッセイ「NY晩酌日記」第12回「イヤソンになり得ぬ曲」が掲載されております。
今回は年末コンサートに出かけたランディ・ニューマンについて。巷では、読んで嫌な気持ちになる「イヤミス」なる小説が流行っているそうだけど、風刺や皮肉に満ち、時に向かい風も浴びるランディの曲は、なぜに「イヤソン」にはなり得ぬのか!?
なぁんてことを(勝手に)書きました。
大昔に彼に取材した時のカセットテープをなぜ取っておかなかったのか…いまだ激しく後悔しておる私(泣)。

★しばらくこの記事をトップにしております(日付が嘘でごめん!)。最新記事はひとつ下から読んでくださいませ。



小説すばる 2018年3月号
集英社
2018. 2.17発売

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/22 (Thu) インスタグラム始めました♪


Instagram始めてみました。
スマホ持っていない(正確には持ってるけど挫折)ので、PCから挑戦。やややややこし~~(汗)。
このままフォロワーゼロ!を潔く貫きたい気もするけど、やっぱりちょっぴり寂しいので、やっている方、よろしくお願いいたします♪

野中ともそ Instagram

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


2018/01/17 (Wed) 「NY晩酌日記」第11回掲載されました。

文芸誌、小説すばる2月号に連載エッセイ「NY晩酌日記」第11回「キューバへの扉」が掲載されております。
前大統領がようやく開けかけたキューバへの外交の扉。キューバ資産管理規則が改正され、渡航制限が再び厳格化されてしまったことをうけ、18年前のキューバの旅、素晴らしい体験ができたブエタ・ビスタ・ソシアル・クラブの取材記などを追憶しております。
十代から通い続けている下北沢ラ・カーニャのIマスターによる絶品カレーも登場♪
よろしければ、お手にとってみてくださいね。

★しばらくこの記事をトップにしております(日付が嘘でごめん!)。最新記事はひとつ下から読んでくださいませ。



小説すばる 2018年2月号
集英社
2018. 1.17発売

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/12/17 (Sun) 「NY晩酌日記」第10回掲載されました。

文芸誌、小説すばる1月号に連載エッセイ「NY晩酌日記」第10回が掲載されております。
マデリン・ペルーのコンサートを楽しんでいる…はずが、なぜだか回りのきらきらなトロフィーワイフたちから目が離せなくなってしまった、という話を書きました。
題して、「トロフィー妻に気もそぞろ」。

★しばらくこの記事をトップにしております(日付が嘘でごめん!)。最新記事はひとつ下から読んでくださいませ。



小説すばる 2018年1月号
集英社
2017. 12.17発売

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/11/17 (Fri) 「NY晩酌日記」第9回掲載されました。

文芸誌、小説すばる12月号に連載エッセイ「NY晩酌日記」第9回が掲載されております。
新しい地下鉄路線2nd Ave Lineの86丁目駅で見られるチャック・ロースト描くルー・リード。小綺麗な駅で毎日リードの顔を拝めるなんて、この駅の人は幸せすぎる! それに比べて怪しい輩がたむろする、小汚い我がLESのE駅は…とほほほ~~😓というような話を書きました。
題して、「ワイルド・サイドを歩きたい」! 

★しばらくこの記事をトップにしております(日付が嘘でごめん!)。最新記事はひとつ下から読んでくださいませ。



小説すばる 2017年12月号
集英社
2017. 11.17発売

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS