2018/10/17 (Wed) 「NY晩酌日記」第8回掲載されました。

文芸誌、小説すばる11月号に連載エッセイ「NY晩酌日記」第8回が掲載されております。
今回はMETで観た川久保玲さんの展覧会について、そしてなぜだかそこから我が恥ずべくファッションの思い出を回想…。
若気の至り、あるよね、誰にだってあるよね? ジャマイカで浮かれ、髪を全部コーンロウにして東京に戻ったとほほな思い出も、今はもう遠い闇の中…。

★しばらくこの記事をトップにしております(日付が嘘でごめん!)。最新記事はひとつ下から読んでくださいませ。



小説すばる 2017年11月号
集英社
2017. 10.17発売

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/10/03 (Tue) インターネット・ラジオに出演しました


NYでインターネット・ラジオを発信されている「NYこりんごさん」にインタビューをしていただきました。怖いもの聞きたさの方(笑)は是非聞いてみてね。他の回にもたくさんの面白いゲストの方々が登場されていますよー!
ちなみに自分の悪声をテープ起こしで聞きたくない余り、音楽ライター時代はアーティストもぎょっと引くほどの早書きメモを実践しまくり、今も腱鞘炎の私は……聞く勇気がありませんがな(とほほ)。
アレルギーで顔が腫れていたので、悪あがきのサングラス姿が、かえって怪しげなアジア人…。

◆オンエアに関するこりんごさんのブログ記事は、こちら

◆ YouTube版は、こちら

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/17 (Sun) 「NY晩酌日記」第7回掲載されました。

小説すばる10月号に連載エッセイ「NY晩酌日記」第7回が掲載されております。
今回は、少し前にイーストヴィレッジで観た矢野顕子さんのトリオのライブや曲のこと、そしてわが(食い意地に基づく)園芸ライフについて綴ってみました。大切に育てていた柚子さんの親木が息絶えてしまったことなども…ああ、思い出してもいと哀し。

★しばらくこの記事をトップにしております(日付が嘘でごめん!)。最新記事はひとつ下から読んでくださいませ。



小説すばる 2017年10月号
集英社
2017. 9.17発売

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/17 (Thu) 「NY晩酌日記」第6回掲載されました。

小説すばる9月号に連載エッセイ「NY晩酌日記」第6回が掲載されております。
今回は我が燻製愛と燻製隊の(黒)歴史について、つい熱く綴ってしもうた。既に自分でも、いやしんぼ備忘録のブログと、お仕事の境界線がぼやけ、どちらを書いているんだか解らない状態。もっとマジメなこと書こうと思うのに、何ゆえに!?
とりあえず、本好きの方々の中にも燻製熱が広がることを燻製隊員としては願ってやまないのである…。

★しばらくこの記事をトップにしております(日付が嘘でごめん!)。最新記事はひとつ下から読んでくださいませ。



小説すばる 2017年09月号
集英社
2017. 8.17発売

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/18 (Tue) カメラマンの目のつけどころ


Photo by Jonas Gustavsson.
基本的にこのブログで顔出しはしていないのだが(だって、そりゃあ、出すほどの度胸も図々しさも…)、これは面白かったのでこっそり載せちゃお。
小説すばる7月号誌上での大江千里くんとの対談の記事を、カメラマンのジョナス・グスタフソン氏がSNSにあげてくれたもの。ありがとう~と感謝しつつ、左の写真…なんだろ?とよぉく見たら。
見本誌が入っていた封筒~!こんな洒落た封筒で届いた、といたく感動された様子。さすが名写真家は目のつけどころが違う…。
というか、あのぐるぐる紐?でとめる紙封筒、渦巻バッグっていうのかー!(驚)初めて知った…。

◆対談の記事は、こちら

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS