2016/12/22 (Thu) 前途多難なおニューなPC


今回の帰国で、つ、つ、遂に、新しいラップトップを購入。
日ごろ、「ふ…、マッ○とかウィン○ウズとか機能がなぁ…やっぱLinuxしかないだろ」と下々の者を見下ろすようにのたまう隊長の隣に机をならべ、大昔のラップトップを使う我。新しく買うと伝えたら、どんなに安堵した顔になったことか(数年まえから懇願されていたがガン無視しておった)。
さくさく軽いなぁ。羽が生えてインターネットの宇宙、その果てのブラックホールへと飛んでいきそうよ。でもこれからが大変じゃ。データ移動に加えて、これがなくちゃ原稿書けない大昔のテキストエディターとか、これまた昔バージョンのPhotoShopとか、愛用お古ソフトを入れたいのである。果たして入るのか…(ちなみにセキュリティホールに問題あるソフトは、さすがの私もお古は使いまへん。あくまでローカル使用)。
いちばんの課題は、Office 2000(太古!)に入っているHP作成ソフト、FrontPage。これがないと私はHPが作れないのである。更新も滞ってどうなることか状態。あ、いまも滞ってたっけ。
「半年後ぐらいには使いはじめたいなぁ」と理想を述べたら、電話の向こうでまた隊長が物悲しいため息をついた。

買いもの | trackback(0) | comment(0) |


2016/11/23 (Wed) 貝印のピーラー


「このピーラー、ちっとも皮がむけないんだから」と母がぷんすか怒っている。「100円ショップでばかり買うからだよー」と言いつつ、せっかくだからと人気の貝印ピーラーを注文してみた。
届くのを待つあいだ、どれ、そんなにむけないものか、と私も件のダメピーラーを使ってみたところ…。確かにむけない。しかしよく見たら…。
「おかーさん、これ、刃にまだテープがついてるよ」
誤って指を切らないための保護シールをつけたままで、母はずっと皮をむいていたのである。少しでもむけていたことが…逆に不思議。そういえば以前も、冷蔵庫の防臭剤に保護フィルムを貼ったまま何ヶ月も入れていたっけ。
まぁ100円ショップのピーラーはシールをとっても今一歩ではあったのだが、届いたこれを使ってみたら、すごい。するするむける。刃がやや斜めになっておるところも使いやすい。仕事のできる皮むき器を使うのが、こんなに幸せな感覚だったとは。母も嬉しがって里芋の皮までむいている(私はむけなかったのだが)。
羨ましくなって、思わず自分用にも買ってしもうた。NYの道端で実演していたおじさんの口上に魅せられて買ったものを、愛用していたんだけどね、この貝印が勝ちそうじゃ。貝印、昔からずっといい仕事をする会社だなぁ。つぎは幅広の千切りキャベツ用のも狙っておる。

買いもの | trackback(0) | comment(0) |


2016/06/12 (Sun) 便利(なのか不明)なお米用クリップ


優しい妹が、「私が買ったこの計量カップ付きのお米の袋を閉じるクリップ、そっちにも送ろうか?」(バカ高い国際送料かけて)と言ってくれたので、「すっごくいらない♪」と速攻で返信。前に送ってもらったゆで卵タイマーは気に入ってるけど…。

買いもの | trackback(0) | comment(0) |


2016/05/30 (Mon) 久々ののみの市@チェルシー


何年かぶりで、チェルシーのフリーマーケットへ。この辺りの市はずいぶん昔になくなった気がしていたが、いつの間にか復活していたんだのう。
着いた途端にうわわと目を奪われたのは、無残な姿になった教会、The Serbian Orthodox Cathedral of St. Sava。5月1日に火災が発生したらしい。


神聖な廃墟のような佇まいに、ここに来た目的も忘れ、しばし見上げ続ける。うちの近所にも廃墟になったユダヤの寺院があるのだが、そこも気になっている。こんな美しい建物、このまま取り壊されてしまうのは勿体ない。修復されるのを祈るばかり…。


さてさて、$1の入場料を払って中へ。90年代のはじめ、NYに来た頃はそれこそ毎週のように通ったチェルシーのフリーマーケット。あの頃はアンティークの掘り出し物もけっこうあったし、家具もよく買ったものだけれど、今はすっかり趣が違うのう。アンティークマーケットではなく、がらくた市、の様相。いまやNYのフリーマーケットで掘り出し物を探すのはまず無理なんだろうな。他州の広大な市まで遠出するか、もしくは売り手も買い手もすっかりオークションの時代じゃしのう。まぁ、でもここはここで面白い。


マスク、どどーん。


アメコミやポスターはけっこう面白いものが見つかりそう。ジュエリーは売り手(たぶん店番なんだろう)に「これ何の石?」と聞いても解らないのに、いきなりの高値でうむむ…。隊長がヴィンテージの時計がほしいと言うので付き合ってきたのだが、見つからぬ様子。懐中時計じゃねえ…。しかし私はお付き合いだといいつつ、ひとりでウールのジャケットを買ってしもうた。綺麗な色のヴィンテージジャケットがあるとつい買ってしまう…寒いとダウンしか着ないくせに…。でも$5オマケしてくれたし…。
久々ののみの市を歩きながら、かつて露天商だったころの血が騒いだ週末の午後であった。

Chelsea Flea Market
39 W 25th St, New York, NY 10010


買いもの | trackback(0) | comment(0) |


2016/02/15 (Mon) 誕生日プレゼント


妹が誕生日に何か送ってくれるというので、お願いしたもの。ニベア(こちらはメキシコ製なので)、口内炎の薬、大切なフリクションと替え芯、そして興味津々なゆで卵用タイマー@ダイソー。この他にもあるのだが(長ひじきとか化粧品とか)、こんな夢のないものを頼む姉のために、街中を走り回ってくれる妹であった。ありがとん。

買いもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS