2017/08/06 (Sun) テネメント博物館(のショップ)


一度行きたいと思っているのにいまだ行けておらぬご近所の場所に、移民の歴史を伝えるテネメント博物館がある。オーチャード通りの6軒のアパートメントをもとの状態に修復し、移民の暮らしを再現しているということで興味津々なのだが、予約が必要。この予約が…なぜか横着者には面倒なのである。おなじ理由で、ご近所のキャット・カフェにもまだ行けておらぬ。予約に弱い自分の弱さ…イケておらぬ。けれど、予約の必要ないこのミュージアム・ショップ(当たり前だ。それじゃお客がこないよ)はよく覗いている。


NY関連グッズがたくさんで、楽しい。ブックコーナーもNYの歴史からジューイッシュ・フード、絵本までぎっしり、食器類もあれこれ。おなじみコーヒーの紙コップのデザイン、あまりに見慣れているので意識しなかったけれど、こうしてみると可愛いな。


ひそかに狙っておる、ビル柄のガラスのフタ付き容器。ああ、摩天楼が「予約」「なにごとも予約が必要ヨ」「美味しいレストランも皆予約」とビルの谷間の私に今宵もささやきかけてくる(妄想)。

The Tenement Museum
103 Orchard St. New York, NY 10002

◆とってつけたように、拙著『ニューヨーク街角スケッチ』からのイラストギャラリーは、こち
ららん


買いもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/05 (Sat) 壊れた時計ベルト


もう9年も(お風呂に入る以外は)つけっぱなしだった腕時計。エコ・ドライブのプリンセスウィッカに、その前の代からもう20年は使っておるサンタフェで買った時計ベルトをつけたもの。その時計バンドが壊れてしまったのである。時計はともかく、ズニ族のD.L.さんという方の刻印入りの大切なベルト…。
近所の修理屋さんに持ち込むも「あーステンレスはだめ!新しいバンド買わなきゃ」とつれなく押し戻され、2軒目の質屋っぽい時計屋では「ゴールド以外は直せないよ」と断られ。金の時計を小さな質屋店で直す人はいるのだろうか…と思いつつ、途方に暮れておった。
これはまたサンタフェに旅に出てネイティブアメリカンの村に行き、時計ベルトを見つけるという壮大な計画をたてねばならんのだろうか。
と思いつつ、遂に3軒目の床屋さん件ジュエリー、時計修理もするという店で直してもらえた! 金属の部分を溶接してもらい、無事解決。怖そうな床屋のおじさんだったけれど、「ありがとうありがとう。また何かあったらお願いします」と拝んで店を後にした。
これでまたサンタフェに行く夢も、いっそ高級時計を買うという野望もまた立ち消えたのじゃった…。はたしていつまで使うのだろう、このベルト。

買いもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/10 (Mon) はじめてのスマホ


2年ごとに携帯電話を買い替えねば気がすまぬ隊長のお下がりのスマホを、おそるおそる触り始めた。家にほとんどいるし電話も苦手なので契約する気はない。帰国時にプリペイドSIMを入れて使えたらいいなぁと思っておる。

とりあえず電源のオンオフを習ったところだ(今ココ)→日本語が打てるように日本語キーボードのアブリなんぞをインストールしてみたい→日本語入力練習(ココ長そう)→帰国時にロマンスカーでゆっくり寛ぎ、おやつなども食べながらスマホで遊ぶのが夢(ちいさっ)→できれば巷でウワサのLineなどというものにも参戦して、友達ときゃっきゃとやりとりしてみたい→ブラウザーをPCと同期させたい→ゆくゆくはモトGに買い替え、合体できるというハッセルブラッドのカメラも使ってみたい(いきなりすぎる飛躍と野望!)。
夢は広がり、先は果てしなく長い…。

買いもの | trackback(0) | comment(0) |


2016/12/22 (Thu) 前途多難なおニューなPC


今回の帰国で、つ、つ、遂に、新しいラップトップを購入。
日ごろ、「ふ…、マッ○とかウィン○ウズとか機能がなぁ…やっぱLinuxしかないだろ」と下々の者を見下ろすようにのたまう隊長の隣に机をならべ、大昔のラップトップを使う我。新しく買うと伝えたら、どんなに安堵した顔になったことか(数年まえから懇願されていたがガン無視しておった)。
さくさく軽いなぁ。羽が生えてインターネットの宇宙、その果てのブラックホールへと飛んでいきそうよ。でもこれからが大変じゃ。データ移動に加えて、これがなくちゃ原稿書けない大昔のテキストエディターとか、これまた昔バージョンのPhotoShopとか、愛用お古ソフトを入れたいのである。果たして入るのか…(ちなみにセキュリティホールに問題あるソフトは、さすがの私もお古は使いまへん。あくまでローカル使用)。
いちばんの課題は、Office 2000(太古!)に入っているHP作成ソフト、FrontPage。これがないと私はHPが作れないのである。更新も滞ってどうなることか状態。あ、いまも滞ってたっけ。
「半年後ぐらいには使いはじめたいなぁ」と理想を述べたら、電話の向こうでまた隊長が物悲しいため息をついた。

買いもの | trackback(0) | comment(0) |


2016/11/23 (Wed) 貝印のピーラー


「このピーラー、ちっとも皮がむけないんだから」と母がぷんすか怒っている。「100円ショップでばかり買うからだよー」と言いつつ、せっかくだからと人気の貝印ピーラーを注文してみた。
届くのを待つあいだ、どれ、そんなにむけないものか、と私も件のダメピーラーを使ってみたところ…。確かにむけない。しかしよく見たら…。
「おかーさん、これ、刃にまだテープがついてるよ」
誤って指を切らないための保護シールをつけたままで、母はずっと皮をむいていたのである。少しでもむけていたことが…逆に不思議。そういえば以前も、冷蔵庫の防臭剤に保護フィルムを貼ったまま何ヶ月も入れていたっけ。
まぁ100円ショップのピーラーはシールをとっても今一歩ではあったのだが、届いたこれを使ってみたら、すごい。するするむける。刃がやや斜めになっておるところも使いやすい。仕事のできる皮むき器を使うのが、こんなに幸せな感覚だったとは。母も嬉しがって里芋の皮までむいている(私はむけなかったのだが)。
羨ましくなって、思わず自分用にも買ってしもうた。NYの道端で実演していたおじさんの口上に魅せられて買ったものを、愛用していたんだけどね、この貝印が勝ちそうじゃ。貝印、昔からずっといい仕事をする会社だなぁ。つぎは幅広の千切りキャベツ用のも狙っておる。

買いもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS