2017/05/02 (Tue) LESにひそむ郷愁の小学校の面影


ご近所にあるクレメンテ・ソト・ベレス。一見わかりづらいが、ここは昔の小学校の建物をそのまま使って美術家や音楽家のためのスペースや劇場として提供している文化教育センターなのである。アーティストたちのスタジオがオープンハウスとして公開されるというので、ちょいと覗きに。


あれ、オープンといいつつけっこうドアが閉まっておるな。知らない人の創作現場をノックして、中を見せてもらうのは勇気がいる…開いてないドアはあきらめる。それでも建物内を見るだけで、わくわくするのう。


崩れたかけた壁にはられたタイル。


壁そのものがアート。


暗い廊下に射す光。


何10年も昔、この廊下を子どもたちが走りまわっていたのだろうな。


開かれているスタジオにお邪魔すると、その明るさと斬新さにふっとタイムトリップから戻ってきたような感覚に。

The Clemente Soto Velez Cultural and Educational Center, Flamboyán Theater
107 Suffolk St, New York NY 10002

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/04/30 (Sun) 花を愛で、茶を味わう


お招きいただき、満開の桜の下で花見のお茶会@セントラルパーク。


美味しい桜餅とお抹茶をいただきながら、ふと見ると茶巾や毛氈に花びらが。


しみじみと、春。

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/09 (Mon) 雪の日


寒い、綺麗、寒い、綺麗…。すきま風、つらい…。
葛藤のなかでも、この世に四季があることに感謝。


雪景色のなか、歩くおもちゃとでも言おうか、とても愉快ないでたちのおばあさんが歩行器を使って歩いていた。歩行器ももちろんおもちゃのごとく派手派手な飾りつけ満載。足元に、カラフルで小さいミニスキーのような、雪国の人がはくカンジキめいたものをはめていたのに見とれた。たぶん手作り。まぁ愉快な格好の方々はNYには多いが、その横にしずしずとヘルパーの人が付き添っておられたのが珍しかった。ヘルパーさんは、冷静な、普通の格好で。こういう老後、いいな。

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


2016/12/25 (Sun) ビルの隙間から


The Empire State Building in Chirstmas color.
ビルの隙間から、クリスマスカラーのエンパイア♪

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


2016/12/25 (Sun) メリークリスマス


毎年、必ず覗くのがたくさんのギフトショップが立ち並ぶホリデー・マーケット。いつもはユニオンスクエアに行くけれど、今年はコロンバス・サークルへ。なんだか広くて見やすい…気がするが、ユニオンスクエアとほぼ変わらないような気も(方向音痴はこういう感覚も鈍い)。
ここに来ると、人々のホリデー気分が伝わってくるのが楽しい。日本の友達がこれを見て「赤い帽子の人が多いね!」と指摘していた。ほんとだ。そして、わくわくとした気分だけでなく、早くギフト買わなきゃ、という焦り気分なんかも(こっちも例にもれず)充満。アメリカ人にとっては、この時期の大量ギフト調達はけっこう大仕事だからのう。
あー、うちもクリスマス前に届く郵送日ぎりぎりに慌てて箱詰めして混んだ郵便局に駆け込むの、やめにしたい。真夏あたりから優雅に用意して送るだけにしておきたい。と、毎年思うも、改善の気配一向になしじゃ。


この日は缶のパッケージも可愛く味見したら美味しかったトリュフチョコや、Jナに似合いそうな帽子、隊長のお兄さんが好きそうなジャーキーは何種類もオトナ買い(すかさず自分用にも)。しかし、「自分で選べぬギフトよりは、金をクレ」なキッズたちには、キャッシュやギフトカード。あー、ユニクロのベビー用品を楽しく選んでおったころが懐かしい…。


エスニック雑貨も惹かれるなぁ。と、気づけば自分目線になっておる。


断言したい。零下の日が続くNYの冬に、指なし手袋は寒すぎるだろう、と。


何かとあわただしい年の暮れ、皆さまも素敵なホリデーを♪ 

◆去年の、ユニオンスクエアで駆け込みギフト選びをしておる記事は、こちら

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS