2017/06/15 (Thu) 薔薇を愛でに


イースト川沿いの公園、コーリアーズ・フック・パークまでてくてくと薔薇を観に行く。いつも「そういえば、そろそろかな」と出向く頃にはとっくに花の季節が終わっているのである。それもかなり前に。食べられるものばかりを育てておるから、花の季節をちっとも把握してないのである。ししとうの発芽時期ならわかるんだけど…。
お、まだ咲いていた。ほとんど開ききって花びらが落ちる寸前だったがよしとしよう。来年はもう少し早く来てみようっと(絶対また忘れてるに千票)。


でも本当は紫の花にいっとう惹かれるんだよ、おいらはさ…。


この旗が何を意味するのか、来年こそは調べようと思う(未来形。今年じゃないのか)。


きっと、テディ・ベアが好きだったんだね。どなたかに捧げられた一角に通りがかった。可愛い動物たちに見守られて安らかに。

Corlears Hook Park
397 FDR Drive, New York, NY 10002

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/26 (Fri) 壊れゆくシナゴーグ


のんびりと夕飯を食べておったら突然、窓の外が真っ白に。煙の臭いが勢いよく入り込んできてむせるほどで、慌てて開け放していた窓を閉めた。ななななんだ、何が起こった? としばらく経って見てみると、煙の奥に炎が。


近所の今は使われていないユダヤ教の会堂、シナゴーグが火事になったらしい。幸いけが人は出なかったようだけど、何が起こったのだろう…。


翌日も物々しく閉鎖された通りに警官もたくさん。


かなりの部分が崩れ落ちてしまった壁や窓。草に覆われた廃墟のようなたたずまいが好きで、よく眺めていたのに…と哀しくなった。
訊くところによると不審火はこの1週間前にもあったらしい。ああまた、この辺りでよくあるそれこそきな臭い話、誰かが何かの目的のために故意に火をつけたのだろう。何ミリオンもする土地と、宗教の背景に、いったい何が煙をくすぶらせておるのか。この美しかった建物のためにも解明してほしいものじゃ。

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/02 (Tue) LESにひそむ郷愁の小学校の面影


ご近所にあるクレメンテ・ソト・ベレス。一見わかりづらいが、ここは昔の小学校の建物をそのまま使って美術家や音楽家のためのスペースや劇場として提供している文化教育センターなのである。アーティストたちのスタジオがオープンハウスとして公開されるというので、ちょいと覗きに。


あれ、オープンといいつつけっこうドアが閉まっておるな。知らない人の創作現場をノックして、中を見せてもらうのは勇気がいる…開いてないドアはあきらめる。それでも建物内を見るだけで、わくわくするのう。


崩れたかけた壁にはられたタイル。


壁そのものがアート。


暗い廊下に射す光。


何10年も昔、この廊下を子どもたちが走りまわっていたのだろうな。


開かれているスタジオにお邪魔すると、その明るさと斬新さにふっとタイムトリップから戻ってきたような感覚に。

The Clemente Soto Velez Cultural and Educational Center, Flamboyán Theater
107 Suffolk St, New York NY 10002

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/04/30 (Sun) 花を愛で、茶を味わう


お招きいただき、満開の桜の下で花見のお茶会@セントラルパーク。


美味しい桜餅とお抹茶をいただきながら、ふと見ると茶巾や毛氈に花びらが。


しみじみと、春。

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/09 (Mon) 雪の日


寒い、綺麗、寒い、綺麗…。すきま風、つらい…。
葛藤のなかでも、この世に四季があることに感謝。


雪景色のなか、歩くおもちゃとでも言おうか、とても愉快ないでたちのおばあさんが歩行器を使って歩いていた。歩行器ももちろんおもちゃのごとく派手派手な飾りつけ満載。足元に、カラフルで小さいミニスキーのような、雪国の人がはくカンジキめいたものをはめていたのに見とれた。たぶん手作り。まぁ愉快な格好の方々はNYには多いが、その横にしずしずとヘルパーの人が付き添っておられたのが珍しかった。ヘルパーさんは、冷静な、普通の格好で。こういう老後、いいな。

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS