2017/08/21 (Mon) 鴨とカモ


張り切ってEl Museoにキューバの版画アーティストBelkis Ayónさんの展覧会を観にいこうと心にきめ、家を出た。…がグーグルさんが片道1時間かかるよというので挫折し(週末は地下鉄の運行が鈍いのだ)、またもご近所ヘスター祭りを覗いてしまう。アートはものぐさに負けるのか…11月の終了日までに行くという壮大な計画をたてつつ、ヘスター祭りで$5のブラウス買ってほくほく。移動ヴィンテージ・ブティックのお姉さん、絵になっているのう。


代り映えしないがのどかな週末の晩酌皿には、ファーマーズマーケットから買い置きしておる鴨のプロシュートや燻製グリルチーズ、野菜に海老塩、オリーブなどを。からすみ大根ならぬ鴨大根、鴨のあまい脂にしゃきっと大根、これがまた手をとりあうおいしさ。
ちなみにクラッカーのようなものは、ナビスコのGood Thin。これが日本の薄焼きサラダせんべいの味で、気に入っているのだ。以前は丸い形でRice Thinという名だったのだが、米はだめ!とナビスコさんが判断を下し、改名したようだ。なんでダメなのよ米!Goodなどとごまかす、そんな弱気な姿勢で米に失礼だと思わんのか、ナビスコよ。って、今度カスタマーサービスのお問い合わせメール書いてみようかな(抽象的クレーマーか)。


そして、自家製の燻製鴨胸肉のローストはスキレットで脂をとりながらじっくりと焼いて柚子胡椒と。その大切にとっておいた鴨脂とにんにくでブロッコリラブをじゅーと焼けば、これも鴨の滋味が野菜を艶やかにいろどってくれる。カリフラワーのスパイスロースト、フラットブレッド、ケイジャンゆで落花生と。
鴨で始まり、鴨で終わる。よき鴨日であった。展覧会は心残りじゃが。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/21 (Mon) 今週の10分弁当~黒豚ソーセージ、ナポリタン、ラムのローストにコフタ


さぁ今週もいってみよう。10分で詰めてフタ閉めますよ、な10分弁当。
黒豚ソーセージとブロッコリーニの饗宴弁当(ホッピンジョンの上にただ両者を並べただけでその語句を使う、己の勇気にブラボー)。ネギ入り卵焼き、舞茸とチポリーニオニオンの焼きびたし、竹輪胡瓜の隙間を埋めようとベイビーキャロットを切ってただ適当に刺したものの、せめて対称にできなかったのかと自分に問うてもひとり。


おお、自分的には珍しいスパゲティーナポリタン登場。どうしたんだろう、まさかものぐさな私が湯を沸かして?スパゲティーをゆでて?また炒めて?熱でもあったんかなーと他人事である(たぶんパスタサラダでゆでた残りとみられる…)。竹輪とブロッコリーニの辛し和え、ファバビーンズのサラダ、ヤムと舞茸のローストとルッコラ。


ラムのバジルペスト・ローストとブロッコリーニの茎on玄米。え、ブロッコリーニの葉の部分は?という心配はご無用じゃ。ファバビーンズのパスタに使用されておる(意味不明な使いわけ)。アスパラガスのハム巻き、安定の竹輪胡瓜とベイビーキャロット。


本日は見ればわかるでしょうの黄色弁当、ラムのコフタにローストコーンを炊きこんだイエローライス。ゆで卵、ネギとハムのマヨネーズ和え、コーンとソーセージとパプリカのパスタサラダ(やっぱりパスタサラダとナポリタンで使いまわししておったか)。さて黄色は何種あるでしょう。というくだらない質問で今週の10分弁当は幕を閉じてみよう。

弁当もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/19 (Sat) 燻製ベイビーバック・リブと、こんな声ですみません


見知らぬ方から連絡をいただき、個人で運営されているというインターネット・ラジオのインタビューの打ち合わせに。先に出演した不動産エージェントの友人が私を紹介したのだそうな。まず最初にメールで返したのは「私、低いダミ声だけどいいですか?」ということである。覚えている限り、ラジオに出たのは、大昔、石川県で作品展とトークイベントをやらせてもらった時に金沢のFM放送にお邪魔させていただいた時ぐらいだ。音楽ライター時代、インタビューのテープ起こしで自分の声を聞くのが苦痛なあまり、新聞記者顔負けの早書きメモ取りでアーティストの方々に驚かれたぐらいである(おかげで今腱鞘炎)。
でもこんな私でいいのならぁぁんあん~と、近い将来にお受けさせていただくことになった。羞恥心が消えていたら(あったんか)、そのうちお伝えします。
そうか、いまは個人で簡単に放送を流せる時代なんだのう。と感慨にふける本日は、燻製隊活動後のお楽しみごはんにて、燻製ベイビーバック・リブ、さつまいも、ターニップをじっくりロースト。ブロッコリラブのにんにく炒め、焼き舞茸と。肉と野菜はホイルでカバーしてじっくりと蒸し焼きするので、燻したリブの香りが移りまくった根菜は何よりのご馳走じゃ。


紫キャベツのコールスローとマンゴー、ルッコラのサラダと。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/18 (Fri) 大富豪はパタゴニア海老をむいては食べる


先日、気づけば持ち金が$2しかなく、なんとか果物屋台の$2のブルーベリー(旬の安い果物よ、ありがとう)を買ってとぼとぼ家に帰った、とそれこそ宇宙でいちばんどうでもいい話を書いたが、また書いていいですか?いいですよね、読んでいる人いるかも解らないし…(急に宇宙の片隅で拗ね気味か)。
で、結局また現金を入れ忘れ、クレジットカードで買い物をしていたのでそれにも気づかず、すでに持ち金ゼロなことにようやく気づく。カードに頼っておると、路上の美味しいものが買えんことをつくづく思い知ったというわけである。
仕方なくその日の果物は諦めすごすご帰り、なんと家に戻っても家にお金が一銭も、いや一セントもないことに気づくという追い打ち貧乏。大富豪ゲームで間違いなく負け状態な本日、ようやく銀行へ。
さぁしばらくはこれで富豪だよ、とつかの間の間抜けな安息に満ちた日の晩ごはんは、パタゴニア産の海老でピール&イート、鴨のプロシュート、野菜あれこれ。さっとゆでてすばらく茹で汁に漬けておくだけで、ほの甘さのあるパタゴニアの海老がぴりりと身にスパイスの刺激を染みこませ、旨いことこの上なし。愛用のクラブボイルのスパイス Louisiana Fish Fry Crawfish Shrimp & Crab Boilは、切らせないのう。


大根と紫玉ねぎと搾菜のサラダは柚子ポン酢とだし醤油とおかかでさっぱりと。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/17 (Thu) 辛党でもたまには甘いもんをつくってみる


昭和の香り漂う井村屋のあずき缶で水羊羹をつくってみた♪


…ものの、お茶の稽古に持っていく途中ですでに水分が出始め、食感ができたてとやや違う! いやけっこう違う!
寒天の代わりにアガー使ったのがイケなかった?それとも砂糖代わりのメープルシロップ?
と調べてみたところ、どちらにしても切った時点で離水してしまうらしい。葛粉を入れれば防げるのかなぁ? うーん、お菓子づくりは難しや。そして切った写真は撮り忘れ…。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS