2017/05/22 (Mon) 骨粗しょう症予防つまみ


本日の晩酌皿、ザ・海老殻……。
パタゴニア産の海老をケイジャンボイルでスパイシーにゆで、さらにオールドベイ・シーズニングを軽く振りかけて食べるというのが近頃気に入っておるのだが。その殻を冷凍しておいて、レンジでぱりぱりに乾燥させたもの。3分、裏返してさらに3分ぐらいかな。海老ふりかけを作るつもりで始めはやったのだが、つまんでみたらそのままでも旨いっ。
見た目は悪いが、既にスパイスが効いているから酒のアテに抜群なのである。おまけにカルシウムたっぷり、骨粗しょう症予防つまみと呼んでみる。


ブルックリンで新たな開拓した魚屋さんで買った新鮮なまぐろ。シンプルに鉄火丼にしてみた。漬けにもせずに、わさび醤油だけでいただく鉄火が、たまには旨し。


別の日には今度は漬けまぐろにして、胡瓜の細切りとともに巻物に。つい、お茶胡麻振りかけを振りかけてしまう。なぜならそこに土産物があったから。
巻寿司、普段作っていないとどんどんヘタになるのう。今、巻きたい、練習したい欲がうずうずと。こうね、きゅっと巻き簾を…(脳内巻き訓練)。


リトルネック・クラムの酒蒸し、五菜きりぼし大根(人参、大根の葉、ひじき、椎茸入り)は黒大豆、竹輪で炒め煮。

◆海老塩をつくってみた記事は、こちら

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/19 (Fri) 頂でまぜ麺


去年はさぼったので、2年ぶりの血液検査の結果、コレステロール値が増えていることが判明。
まずい…と、午後散歩はてくてくと少しだけ長め(当社比)に歩いてみる。よし歩いた、と戻ってきて膝を打ち、普段はめったに食べないインスタントラーメンを食そうときめる。明日もラーメンを食べるわけじゃないから、アプローチとしてはまぁ間違っておらぬ、気がするがどうだろう。明日も歩くということ前提で(まぁこの子は屁理屈だけはうまくなって)。
そんな日の晩酌皿は、カロリー低めなエイヒレにコレステロール低めのベジネーズで七味マヨ添え。ケイジャンゆで落花生、野菜などでヘルシームードを装った後は、


なんでも売っておる密林様で買った日本のラーメン、頂を使って、油めん。
付属のスープ半分、ラー油、ごま油、酢を少々に、にんにく、すりごま。温泉卵に叉焼、麺はもやしで増量。たぶん肉エキスの輸入規制のせいで日系スーパーでは売られていないブランドのラーメンがなぜ買えるのか謎だが、深いことは考えまい。いつもと違う店で叉焼を買ったら添付のソースを加えずとも汁多めだった。
マグカップで作るレンジで温泉卵、という技を試したら、なぜだか取っ手つきのような卵になってしまった。マグカップの持ち手の呪いか。温泉卵作りになど使われたくなくて嫌味の一つもいいたくなったのか。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(3) |


2017/05/17 (Wed) 仔牛の胸腺にめぐり逢う


いつもは宅配スーパーはFresh Directを使うのだが、久々に2時間以内にデリバリーしてくれるというMaxデリバリーを覗いてみた。ここはNYの有名ショップの品も扱ってるのだが、ウェストヴィレッジの老舗肉屋さんオットマネリのコーナーに、なんと仔牛の胸腺がお目見えしているではないか。
好物の仔牛の胸腺だが、店で売っているのを見たことがなかったので、食べる時は外食。最後に食べたのは確か、近所のジューイッシュ料理の店、サミーズ・ルーマニアンだった。
メニューにあるので頼もうとしたら、サーヴァーのおじさんたちが「あまりお勧めしないよー」「美味しくないから」と。なぬー、そんなことをいう店の人は初めてである。きっとあまり在庫がないから出したくないんだな、と察し「いいです!食べたいんで」と強硬突破。出てきた胸腺がぱさぱさで、「こんなにいい素材をここまでマズくできるなんて」とある種の感銘を受けたのじゃった。
さて、前置きが長くなったが、胸腺は処理も綺麗にしてあったので、水に浸してから簡単に筋や皮をお掃除。水気をとったら切り分けてにんにく、塩胡椒で和えてから小麦粉ふりふり。バターとオリーブオイルでじゅー。レモンを絞り、ハーブと下味をつけて炒ったパン粉をぱらぱらと。
簡単な料理だが、美味しい。悪いけれど、サミーズより旨い。白子にも似た淡く優しい味わいにぷりりと弾む食感。こちらの心も舌も弾んでくる。


ミシガンからはるばるやってきたいただき物のワインが、滲む余韻をこっくりと包み込む。またいつの日にかいい胸腺にめぐり逢う日まで、のんびりと待つとしようか。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/15 (Mon) バターチキンよ、いつまで続く


旅行は好きだが、予約や準備はメンドくさい。しかしやらねば、ねば、ということでとうとう今日より秋の京都旅行の準備に着手。え、もう埋まってるの、この日程…。え、1か月前からしか予約とらないの…。ぎりぎりまで待っていてダメだったら他の宿も間に合わなくなるし、気になるAirBNBの物件はキャンセルしても全額返金は不可だし。数々の障害のはざまでゆれる旅心。
プライベートの旅行エージェントが欲しいなと願うそんな日の晩酌皿は、鴨のプロシュートに野菜、ピックル・ガイのにんにくピクルス。しかし本日のつまみの主役は、一見何の変哲もない、セロリとツナと玉ねぎのサラダじゃ。
ポイントは、つい竹輪を入れてしまった…ということではなく、初物のおろしたてホースラディッシュ(これもピックリ・ガイから)をたっぷりとマヨネーズに混ぜたところ。鼻を刺激する山わさびの香り、いつものツナサラダに澄んだ山の香りがつん、と吹いた。


旅行の下調べに集中力を使い果たしてしもうて作る気力がない日の晩ごはん、冷凍庫からお助けのバターチキンを。しかしアマゾンさんの箱買いをついしてしまったおかげで、まだあるバターチキンの素。美味しいが、いったいいつまで続くのか。バター鶏よ。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/12 (Fri) ベランダ晩酌デビュー


ここ数年は厳しい冬が続いていたので、ベランダ・デビューは5月後半のメモリアル・デーの週末が定番だったのだが、今年はけっこう暖かい。そこでなんと4月中旬にベランダ晩酌デビュー。
ブルックリン橋の真ん中あたりに建設中の高層ビルがとーっても邪魔じゃが、やはり空や川や橋を眺めて飲む酒はしみじみ静かな旨さだのう。


そして4月下旬には、遂に我らがグリル、ベイビーQちゃん(本名)も登場。半年ぶり、元気だった? ベイベー。今年もまたしっかり働いとくれよ(悪徳置き屋の女将の声音で)。それにしてもベランダがうなぎの寝床すぎて、同じアングルしか撮れんい…。


ラム・レッグのシシカバブはロシアン手下にいつも調達してもらうこのグルジアの万能スパイス、フメリ・スネリでマリネ。柔らかな羊の深々とした風味を豊かなスパイスが実によく引き立ててくれるのじゃ。


私はつまみのケイジャン風味のスパイシーな茹で落花生など齧りながら、グリル隊長の働きを監視する係。でもそれより、目の前のプランターで育ち始めておるスナップえんどうを眺めるほうに忙しい。


ベイビーQちゃんでじゅーじゅーしたラムのケバブ、舞茸、燻製チーズ、自家製フラットブレッド。やはり外で焼いたものは香ばしさが違うのう。
今年はここ3年ほど冬越えできなくて毎年植え替えていたタイムとローズマリーもまた芽を出してくれた。ベランダBBQと共に、ベランダ園芸シーズンも始まったなぁ。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS