2018/09/12 (Wed) 光の塔、2018.09.11


It's been 17 years since then..
今年も、同じソーホーに住み、悲しさと恐怖を共に味わった友から、あたたかなメールが届いた。17年前の9月11日。忘れられないし、忘れてはならない日。
雨続きのせいか、今年の追悼の光の塔は曇り空のせいか霞んでいるけれど、あの9月11日の朝に見た光景は今でもくっきりと心に映り込んでいる。

◆去年の光の塔は、こちら

とどけもの | trackback(0) | comment(0) |


2018/01/01 (Mon) 謹賀新年2018


まだこちらは明けておりませんが、日本の皆さまには、明けましておめでとうございます。
2017年は自分のなかではあれこれそれこれ、頑張ってはいたのですが、表面的には何も映らぬしずかな水面のような年だったかなぁ、と。でもそんな水面でも水中には藻もゆらめいていれば、魚も泳ぎ、貝は水底をゆったり進み、光だってさしてくる。
2018年は少しでもそういった色合いが浮き上がってくればいいな、とそんなことをつらつら思うのでありました。
抱負…はさしてないけれど、願望はあるよ。9月頭から止まったままのガス! ガスが戻ってほしい! 海苔やエイヒレ焙ったり、じゃーっと強火で炒め物したりしたいんです。
おねがいスローなお役所&Con Edison。
みなさまにとっても、光さす素晴らしい年になりますよう。
今年もよろしくお願いいたします。
あー、それにしてもこの冬のNYはさぶいのう、出不精にますます磨きがかかっておる。

とどけもの | trackback(0) | comment(3) |


2017/09/12 (Tue) 光の塔、2017.09.11


It's been 16 years since then..
爆音で目覚め、見慣れすぎて視界にあることが当たり前になっていた双子のビルが崩れ落ちていくのを目の当たりにした、16年前の9月11日。
忘れないために、毎年、空を見る。

◆去年の光の塔は、こちら

とどけもの | trackback(0) | comment(0) |


2016/09/11 (Sun) 光の塔、2016.09.11


It's been 15 years since then...
爆音と衝撃で目覚めた15年前の9月11日の朝。住人以外立ち入り禁止で廃墟みたいになったソーホーを毎日一人でひたすら歩いていたっけ。
今もこうしてダウンタウンに住み、毎日同じ空を眺められることに感謝と合掌。

◆去年の光の塔は、こちら


とどけもの | trackback(0) | comment(0) |


2015/09/13 (Sun) 光の塔、2015.09.11


I just feel appreciating anything I have now...
14年目の9月11日の空。今夜は、フリーダム・タワーも青に染まっている。
いま手にしているものに感謝。

◆去年の光の塔は、こちら

とどけもの | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS