2017/03/10 (Fri) ターミナル5とおつまみ昆布


セント・マーティン島へのフライトは、アメリカン航空とジェットブルーのどちらかを使っているが、今年はジェットブルーで。ジェットブルーが発着するJFK空港のターミナル5といえば、JALのあるターミナル1に比べてかなりの充実度。なにしろターミナル1は、マクドナルドか、朝からこってりのアメリカン中華か、つい朝から餃子など食べてしまって機内でのつめたい目が気になる韓国デリしかないからのう。
ただし気軽に食べられるファストフードのコーナーは大行列だったので、レストランでしっかりめの朝食。エッグス・ベネディクトに、


私はエッグス・ノルウェージャン。イングリッシュマフィンの上にはとろーりとろけたポーチドエッグにスモークサーモン、たっぷりのポテト添え。旨い、が、普段朝食を食べぬ身には重い…。
そのあとは、無印良品をじっとりと眺める。と、大好きなおつまみ昆布があるではないか。去年の帰国で買い占めてこようと思って張り切っていたところ、店員さんに「もうおいてないんですよ」と言われ、落胆したおつまみ昆布にまた巡り合えるなんて。
もしやマンハッタンのMUJIにもおいてあるのだろうか。店員さんに日本ではなかったことを伝えると、「不思議ねー、日本から仕入れているのに」と首をかしげておられたが。帰ったら買いに行こうっと。
と、まるでカリブとは関係のないうきうき感で、今年の島旅は始まるのじゃった。

| trackback(0) | comment(0) |


2017/01/24 (Tue) チーズバーにて一杯、二杯


げらげらと笑ってらんないゲラ読みの後、夕方からわが二大料理巨匠とともにチーズ屋経営のワインバーMurray's Cheese Wine Barにてちょいと一杯(のはずがなかろうが、この二人と一緒で)。
その昔西側に住んでいたころはしょっちゅう通ったこのチーズ屋。最初はブリーカー通りの北側の10人も入れば店内ぎっしりのちっこい店だったのが、向かいに移り、さらに広くなり、さらにはワインバーまで。大成功ビジネスの典型である。せっかく来たので、ちょいとショップもうろちょろと。
おお、バーでまず出てきたナイフがチーズ仕様。チーズをこの不思議な形状のナイフで切って、ちょこんと先っぽに引っ掛けてお皿へ。…でいいんだろうか? それともチーズの表面を引っかく?いたぶる?(ブログの違う方向性模索中。新タイトル~チーズをいたぶらなくちゃ生きていけない) 


チーズは何を見てもちんぷんかんぷん。そこは昔フレンチレストランのシェフだった師匠がメニューの説明を見て、「ちょっとアナタ!(そんなことは言ってない)このユニークとはどういう感じかしら?」などときりりと切り込み、3種選択。
Sweet Grass Dairy Green Hillはジョージア州のマイルドでバタリーな優しい味。Quadrello di Bufalaはイタリアの水牛チーズ、こくがあって旨し。Epoisesはフランス、バーガンディー地方からでプリンみたいに入れ物に入って出てきたとろとろのチーズ。おお、皆「これは隣に走って買いにいきたい!」と口々に。
プロシュートにアーティチョークのグリルもうまうまで、アルザスやスペインのワインも進みすぎ。


ホットソースを頼んだら、出てきたこちら。マジ、ぴりぴりっすよ、勘弁してくださいよ、センパイ。


大好きなバッファローウィングスのモッツァレラ版。もちもちのモッツァレラにスパイシーなバッファローソース、とまらない危険な味。なにしろ私はその昔、日本のバッファローウィングス協会(だったか)からいきなり宣伝メールがきたほどのバッファロー愛好者なのである。


マレーズ・クラシック・マック&チーズは、厳選された4種のチーズで作られているため、コクがあって旨~。上にのせられたフライドオニオンが、いいアクセント。というかアクセントを超えて主役級。軽やかに始めたはずが、最後はバッファローにマック&チーズでいつの間にかどっしりアメリカンな締めになってしもうた。
尊敬する二人の師匠のお話もきけて、楽しくへべれけの夕べなことよ。

Murray's Cheese Bar
264 Bleecker St, New York, NY 10014

| trackback(0) | comment(0) |


2017/01/13 (Fri) 鰤をしゃぶっと


本日は寒い中いつものおちゃらけ4人組で集まりて、百百川にて鰤しゃぶしゃぶを食べようよの会。連日の飽食にくわえ、寒くてそう歩かないことから、体重もホリデー仕様。だれかとめてよこの暴走列車。
といいつつ、最初から飛ばすメンバーである。ハズれなしの唐揚げ、さっぱりとまらぬ塩キャベツ、まったりと旨すぎるクリームチーズの西京漬け、薩摩揚げ。


鰤は決まっていたけれど、こっちもちょこっと食べたいよねということで、鴨とクレソンの鍋はミニサイズを皆して仲良くつつく。ふわんと甘い鴨の出汁が染みたクレソン、この相性よろしいかも。真似してみよう。


そして登場、真打の鰤。このつやつや脂ののった鰤を、


おろしたっぷりの出し汁でしゃぶっとな。肉の鍋は咀嚼する口をしばらく満たすが、魚となれば一瞬で消えてしまう。けれどその旨みはおなかをやさしく満たし、体の底からあったまる。締めは雑炊で。
体もあったまりお喋りにも拍車はかかり、話題は嘉門達夫とサザンオールスターズの関係、清水ミチコの素敵さ、Mちゃんが最近生で目にしたというマドンナ、デニーロ、オプラのオーラなど、そうそうたるラインナップ。
締めの雑炊すすりつつ、「オプラ、意外に痩せてた。思ったより細かった」とMちゃんが言うので、どれどれと携帯で撮った写真を見せてもらった皆、「なんだー、ちっとも痩せてないじゃん!」…大衆とはかくも無責任で残酷なものじゃ。


お酒を飲まない皆さんは、デザートタイム。パンナコッタは無難だったらしいが、


Mちゃんが頼んだ餅アイスが、相当にあかんやつだったらしい。
どれどれと皆が味見すると、チューインガムの味がして、餅はフォークが刺さる固さ、ならしい。雪見大福とは似て非なるもの。ここまではよかったのに…とうなだれるMちゃん。私も食べてみろと言われたが、「無駄なものは口にせん」と却下して、皆に「ひどい」と非難を浴びたのだった。そしてその餅アイスのだめっぷりをこのブログにて晒す私。客とはかくも残酷なもの。でも鰤しゃぶは、絶品でしたん。

Momokawa
157 East 28th St New York, NY 10016

| trackback(0) | comment(0) |


2017/01/12 (Thu) グラセンに来たならば


本日はグランドセントラル駅にて、お楽しみの日。トレイン・ショーでちっこいNYを走りぬける電車に眺めいった後は、もちろんグラセンにおるからにはここオイスター・バーへ。たぶん牡蠣の質だけを目指すならもしかしてもっと美味しい店もあるのかも知れないけれど、場所の便利さとノスタルジックな雰囲気が好きでつい足が向いてしまうのじゃ。


レストランよりもサルーンのあったかい雰囲気が好きなので、Open Tableでもこちらを予約。ま、予約してあるんですけどー、といっても「あ、そ」で何も確認しないで通されるのが常じゃが…。Open Tableのポイントついてないんじゃあ…。


前菜には、スパニッシュ・カトルフィッシュ、セピアなるイカのグリルを。レモン・ミントオイルとフランスの海塩で味付けされたシンプルで肉厚なイカがうまし。食べても食べても終わらず皿に魔法でもかけてあるんじゃないかと不安になってくるカラマーリのフライよりも好きかもしれん。


本日のオイスターチョイスは何にしようかのう。日替わりの紙メニュー、あまりに文字が小さすぎて老眼には読むのが大変じゃ。
牡蠣はプリンスエドワード島のMalpeque、マサチューセッツ州のWellfleet、そして初めて頼んだプリンスエドワード島のPickle Point。隊長はこれが本日の一等賞だった様子。
私はコップス・アイランドのGCOB Bluepoint、だってこれだけXLサイズだったから(間違いなく大きなつづらを選ぶタイプ)。ホースラディッシュのせて、レモンきゅっと絞るだけ。カクテルソースいりまへん。
いつものフレンチフライにケール・スプラウトのロリポップ(何度も書くが、ネーミング意味不明)をお供に。


そしてロング・アイランド・サウンドのチェリーストーン・クラムがやっぱり最高じゃ。ああこの爽やかな色気、そそって啜る(どこか表現おっさん風)。

Grand Central Oyster Bar & Restaurant
Grand Central Terminal, 89E. 42nd St, New York, NY10017 

◆前回の、お初ニシン食べそこねを悔いておる記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


2016/12/26 (Mon) 着いて早々、ウィングス


母の風邪がうつったようで調子の悪いなか、機内ではずっと寝転がってiPodを聴いておった(機内で眠れないたちなので)。久方ぶりにじっくり聞くボズ・スキャッグスいーなー。口のなかで一緒に歌っちゃったりしてますます眠れなかった。
さて到着した日の晩ごはんは、徒歩圏数分内の店というチョイスで、できたばかりのSallugi'sへ。釜焼きピザがお勧めの店らしいけれどピザには興味ないゆえ、ウィングス狙いじゃ。
なにゆえ、NYに戻った当日はなぜだかウィングスや手羽揚げが食べたくなってしまうのか。鳥のように海を越えてきたからか(美化しすぎ表現)。


大好きな芽キャベツのフライ。さすがイタリアン、こってりした味付けにパンチェッタなども入り、チーズもたっぷりまぶされ、白ワイン進むくん。


隊長はガーリックチキン・ヒーロー。にんにくパンチ効きまくりで美味しいが、巨大…。さすがの隊長も半分残していたが、私のウィングスも食べて翌朝の体重におののいておった。


このウィングスが7本で$6は安い…しかも8本入っていた。味もなかなかだし、ラッキー♪と喜んだのもつかの間、翌日の体重計で喜びを奪われた。ひ、ひと晩でこんなに体重って増えるものっすか? 神様こたえてプリーズ(だから機内食は300キロカロリーじゃなかったってことさなぁ)。
そして案の定、夜着く便にしたところで、時差ぼけはぬかりなく到来し、変な時間に目がさめてしまった。この苦難はしばらく続く予感。

Saluggi's
399 Grand St. New York, NY 10002

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS