2017/11/11 (Sat) 佳辰で鱧を食む


晩ごはんは、本日もまた駅の反対側の八条口へ出向いて、佳辰さんへ。京都に美味しい名店は数あれど、本音を言えば怠け者の私たちは料理とお酒を美味しくいただいた後に、ぶらぶらと歩いて帰れる店がいい。ということで、宿から徒歩圏の店はとてもありがたい存在なのじゃった。


お酒は〆張鶴を。先付けは三度豆の胡麻和えや白身魚の昆布〆、そして山椒をきかせた白身魚の煮凝りを湯葉で巻いたもの。これが甘味のある身と出汁を柔らかなゼラチン質に閉じ込めた絶妙な一品。そっと端の先で崩して口に運べばエロティシズムが舌にとける。和食のそれは静かで熱いのじゃった、いやん。


鱧はいつも落としが多いのでたたきを頼んだところ、今日はおつくりならあるとのことで、お刺身で。年配の上品な給仕の女性曰く、「ここだけの話、鱧は落としは勿体ない。湯に落とした時、氷で〆る時、二度風味を失ってしまいますからねぇ」と。え、それ、言っちゃっていいんですか。「噛めば噛むほど味が出てきます」とのことで、丁寧に骨切りされた鱧を食む。ゆっくりと食む。野性的な旨味が押せば跳ね返る弾力のそこここから立ちあがり、うねりを伝えてくる。そうか、鱧を生で。ううむ、いけない快感を知ってしもうた気分だ。


焼き銀杏をあちあちと割りながら、次のお酒は黒龍を。


何度食べても飽きない万願寺唐辛子焼き。このお店のは炙った程度で、かなり生の食感を残してある。意図的なのか、たまたまなのか。解らないけれどこれもまた唐辛子のたくましい厚みを味わえて新鮮。


正直に言おう、グルテンフリーが叫ばれる昨今の世で、私は生麩が大好きだと。あまりの好きさ加減に、京都の人気うどんチェーン「なか卯」の大昔のCMソングの替え歌で、「なかうーっ」のところを「なまふーーっ」とうたってしまうほどである。おばか。


アナゴのわさび焼き、そして待って待って待って出てきた、京赤鶏の塩焼きが絶品。私が七味をいつもの習慣で頼んだところ、奥から出てきた職人さんが静かに、「白胡椒がきかせてありますんで、七味はどうぞかけずに」と。本当だ、七味などいらない。このぱりぱりと砕け散る皮を、しょって持って帰りたい。
さてさて今回のこのお店。どれも丁寧な仕事でごく美味なのだが、いかんせん出てくるのが遅い。客の皆がさりげなく催促しているのだが、板場は若い女性の職人ともう一人、フロアはご年配の女性二人のみで、どう見てもうまくまわっていないのだ。
帰り際、女性の職人さんが出てきて「本当に遅くなり申し訳ありません」と頭を下げた顔に、切り盛りできぬ葛藤がみてとれた。次回に、期待したい。

佳辰
京都府京都市南区東九条西山王町12

| trackback(0) | comment(0) |


2017/11/06 (Mon) 京都初日は、燕に魅了さる


軒下の燕の子たちにも惹かれるけれど、京都初日の晩ごはんは、京都に足しげく通う友人のお勧めで、このお店へ。京都駅八条口側の小路にひっそりと掲げられた燕の看板。しかも扉には、「本日はご予約のお客様で満席です」との貼り紙が。ああよかった、早めに予約しておいて(食べることに関してだけはマメなたち)。可愛らしい置物や職人さんたちの手さばきを眺めながら、旅の幕開けを祝うのであった。


先付けには香りだけで冷酒が進む秋トリュフと栗の蒸し物。朴葉の包みを開けば、


トリュフの香りがふわりと鼻先をくすぐる。ほっくりと歯を包む栗に銀杏、むかごたち。餅米にしみこんだ秋よ、ありがとう。


燻製の香りかぐわしいまぐろの生ハムに、


輝くいくらの醤油漬けは口のなかでぷちぷちと命を弾け飛ばす。松茸フライは、さくさくと香りを噛み締め味わうことに夢中で、写真撮りわすれ…。ああ、あとで目でもいじましく楽しみたかったのに。


あればつい頼んでしまう焼き雲子に、これまた写真撮り忘れの毛蟹と菊花酢など。そう、それほどにどれもがうっとり魅了される味なのじゃ。そしてこのお店のうれしいところは、どの品も美しく取り分けてくださること。ま、このお皿は2つとも私がいただいたけど。


名物のビフカツは自家製ウスターソースで。いつもは断然、魚派なのに、しかも肉は牛より鶏か豚、と日ごろ思っておるのに…うむむ、このビフカツの肉汁さえも甘やかで冴え冴えとした柔らかな肉。そして薄くデリケートに肉に寄り添うさくさくの衣。…降参。京都では肉好き宣言してしまおう。


白いごはんをくださいと言ったら、なんとその場で一人分を炊き始めてくれたのだった。
どれもが燕の子をめでるかのごとく目を細めてしまう味で、京都駅近く、宿から歩いて行ける距離でこんな素敵な店に巡り会えたことに心から感謝…(Sくん、ありがとう~!)。


京都府京都市南区東九条西山王町15−2

| trackback(0) | comment(0) |


2017/11/04 (Sat) こだまでぷらっと京都へ


本日から京都。チェックインが4pmと遅いため、あえて新幹線はのぞみでなく、のんびりなこだまで、ぷらっとこだまツアー利用。日本滞在中(に限らず)、食い意地の権化と化しておる私は、ネットで抜かりなく「品川駅」「弁当」と検索したところ、駅構内の「エキュート品川」がおすすめとある。しかぁし、駅員さんに聞いたところ、私のチケットではそちらの構内には入れぬとのこと。そんな落とし穴があったとは、呑気な顔したぷらっとこだまよ…。
そこで高輪Wingのお惣菜売り場にて、隊長は京都に焦点をあわせたかのような、おばんざい弁当を。


私は相変わらずちまちまと、好きなものを買って食べる方式。キムカツのさくさくな牡蠣フライに、ひじきと蒸し鶏と大根のごまサラダ、うまし。焼きおにぎり、失敗。しかも容器のフタとフタが邪魔して食べにくい…。


富士山を見ると、うれしくなるのは日本人も外国人も一緒のようじゃ。
関係ないが、こだまはつわものの女子が多いとお見受けした。何時間も洗面所を占領し、カーテンを閉め切ってメイクに没頭する人。くるくるドライヤーを座席で使う人。この方たちはこれから、京都で何をするのであろう。合コンとか? 「そうだ、京都行って、合コンしよう…」ツアー?興味津々。

| trackback(0) | comment(0) |


2017/11/02 (Thu) 台風去りし後の品川にて、貝にきびなご


さてさて本日はNYから隊長が合流し、京都に発つ前に品川のホテルに一泊する日なのじゃが。夜更けから台風で大荒れ、風音とご近所への避難勧告放送で明け方からほぼ眠れず。ネットでフライトの様子を刻一刻と追跡しつつ、昨日、ホテルに午前着で送った旅行バッグは正午すぎても届いておらぬことが判明。あわてて黒猫さんに電話するも「もしかして配送車が通行止めにあっているかもしれません」とらち開かず。え、翌日には京都なのに届かなかったらどうなるんだろう…とおろおろしていたら、大幅に遅れて品川に届いた模様。
ふぅ、はらはらさせてくれるぜ、台風のやつめ。ということで、ようやくほっとしての品川晩ごはんは、四十八漁場品川店。以前いった時にもらった「係長」の名刺を渡すと、「ちょっとシステムが変わったんですよぉ」と新しいカードをもらった。さよなら、係長な自分…。


おなじみ嬉しいつきだしは、新鮮なきびなごにタコの炙り。そばでこまめに焼き加減を見てくれる可愛いお姐さんに、鼻の下伸ばす課長(勝手に昇進するな)。


その日のお勧めの魚介が盛られたかごから、


めったに食べられぬ生ししゃもに猿海老を。ちっこい、かわいい、生ししゃも、だがほくっとした身は壮大な海の香りを連れてくる。


隊長に素通りされた鯖のへしこ、発酵した鯖の力強い香りに冷酒が今宵も進んで、その先は京都…。


旅先では怠りがちな野菜もたっぷりね、ということで、釜揚げしらすの柚子シーザーサラダ。なめらかなドレッシングに香る柚子に、水菜としらすが爽やかに泳ぎ、これはざくざくと進む味。


ちりちりと炙られていくえいひれに蟹味噌甲羅焼きを、目の前でしみじみ眺める幸せ。ああ、荷物が無事ついてよかった。隊長も(ついでに)無事着陸できてよかった。対面してみないと、何が心配なのかはわからぬものだのう、としみじみ思うことである。


初めてお目にかかった猿海老(カワツエビ)の唐揚げがさくさくと磯の香りを連れてくる。関東では珍しいエビということで、さすが全国の漁場から送られてくる魚介類を楽しめるヨンパチさんならではじゃ。


白貝にツブ貝、ホタテなど新鮮な貝をふんだんに使った、貝だらけ昆布焼き。貝からじんわりと染み出しただし汁に酒もろみ醤油がしみこみ、そこにぷりんとまみれた熱々の貝を頬張れば、その美味しさに旅の歓喜もじんわりわいてくる。ああ、台風が過ぎてよかっ…(しつこい)。


だし巻き卵に、白いご飯をもらって、幸せな〆。やっぱり品川の夜は、ここがいいのう。

四十八漁場 品川店
東京都港区 高輪3-25-23 京急第2ビル

◆去年の町田店の記事は、こちら
この記事を見て、「名刺」システムがなくなったのはずいぶん前だと判明。それなのにすっかり忘れ、大昔の係長名刺を出した自分。は、はずかし…。

| trackback(0) | comment(0) |


2016/12/24 (Sat) 機内にて、和食


あー、ようやくNYに戻る日が来た。あまりにぐずぐずと更新しているせいで、このままじゃ新年通り越して来年の帰国日まで続くんじゃ?と思われる勢いであったが、実際には感謝祭まえに着いたのであった。
今回の帰国の一番の事件といえば、やっぱり箱根旅行中に父が倒れて救急車に乗ったことであろう。覚悟、というものを感じた夜。昨年は母の手術で看病に家事に大騒ぎだったし、来年は何が起こるのだろう。どきどき…。といまから心配しておっても仕方ないので、ひとり機内晩酌しつつ、読み収めの日本のファッション誌などをぱらぱらと。いやけっこう、添乗員さんに怖がられるぐらい真剣に。
先付けは、胡麻豆腐の山葵のせに、じゃがいもとジロール茸のキッシュ。


茜空と名づけられた八寸いろいろは、海老の和風タルタルソース掛けにキャビア。花れんこん、秋刀魚山椒、鰻巻き、鴨の塩漬け、衣かつぎ。
豚すき煮。柿なますの胡麻クリーム。鱧霜降り梅肉、河豚昆布〆。


台の物は、コクと旨みがたっぷりの和風牛タンシチューに、鮭味噌漬け。メニューを見ていたら、なぜだかこれにだけカロリーが書いてある。353カロリーだそうだ。あら低いじゃない♪ (ほかのものは忘れたふり) 機内にて炊きたてのご飯は、新潟奥阿賀産のコシヒカリだそう。
甘味の最中はパス。子供のころ、ノナカのモナカ~、などとからかわれた恨みとは関係なく。


途中の食事で、山菜うどん。出汁がしみじみ旨いのう。だいじょうぶよ、353カロリーだから(ちがう)。今回は夜着の便にしたのだが、それでもきっと時差ぼけは手ぐすねひいて私を待っておる…。

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS