2019/02/27 (Wed) 豆、ビフォー&アフター


友人に「ここの豆、美味しいのよ」といただいたブラックビーンズ。以前教えてもらったE.VillageのCo-opのもので、小さい店だけれど質のいい穀類や豆、スパイス類が揃っているのだ。


あまり違いのない豆Before & After…。でも一晩水に漬け、炊飯器のお粥モードでゆっくり炊いてみたら、美味しい濡れ甘納豆になってくれた♪ 和菓子作りに活用できそうだなぁ、作ったことないけど浮島か何かに活用してみたいなぁ(志だけは高く~!)。

和もの | trackback(0) | comment(0) |


2019/02/15 (Fri) 梅衣


和菓子作りに精進中…。本日初めて使うのは、日本から送ってもらったこの氷餅。レトロなパッケージにそそられる。棒状になっているので、使う分だけをおろし金で細かく砕いて。


梅の花に降りかかった雪をイメージして氷餅をまぶした餅に、「梅衣」と名付けて。前回は白玉粉で求肥を作ったけれど、今回は初めて餅粉に挑戦。うーん、やっぱり粉の扱いは難しい~💦 氷餅ももうちょっと粗く削ってキラキラ感を出したかったな~、と、まだまだ先は長いのであった。
果敢にもお毒見してくれたお茶の稽古仲間の皆さん、ありがとう。

和もの | trackback(0) | comment(0) |


2019/02/11 (Mon) 表千家の初釜


裏千家の初釜も無事終わり、いったんしまった着物をまた取り出して、この日は北野ホテルで行われた表千家さんの初釜へ。初めて他流派のお茶会にお招きいただき、作法の違いが新鮮に映るものの、お茶を通しての厚きもてなしの心は同じだとひしひし実感…。
あらためて学ぶ心も引き締まる、素敵な時間をありがとうございました。白梅でのお食事も美味しかった♪


NYの春は遅いけれど、お着物の中だけは花盛り。

The Kitano Hotel
66 Park Ave, New York, NY 10016


和もの | trackback(0) | comment(0) |


2018/07/10 (Tue) 七夕茶会


涼を呼ぶ、七夕のお茶会へ。短冊に願いを綴り、そっと笹の葉に吊り下げる。


大雨で被害を受けた方々の日常が、一日でも早く戻るよう、天の川に流れる星にも願いをこめて。


今日の着物は、母のおさがりのレース地で。ザ・昭和な遊び着風だけれど、透けるレースは涼しいので彦星と織姫に失礼をば…。

和もの | trackback(0) | comment(0) |


2018/07/08 (Sun) 夏のある午後の七夕茶会


お茶友達が主催した七夕茶会のパーティーへ。いたらないながらも水屋とお点前のお手伝いもさせていただき、楽しい上に良き勉強になりました(お点前は相変わらず間違えたけどね~、スミマセン…)。友人の建築家Aちゃんの手にかかり、天の川のごとき美しいテーブルセッティング。


乞巧奠を意識した心落ち着く空間。私達の師が、以前の七夕茶会で作られた色紙は、七夕の乞巧奠飾りで五色の短冊に願いをこめる風習からきているそう。


窓際には、凛とした置き床。


水に浮かべてあるのは、本当は和歌を書くための梶の葉を使うのだけど、手に入らないので似ているいちじくの葉を使ったのだとか。異国のお茶会、色々なアイディアが楽しいのう(うちにもいちじくあるから、やろうかなぁ)。
隅々までホストの方々の気配りが光る親密で和やかな時間の中で、美味しい七夕のお茶を楽しめました。ありがとう🍵

和もの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS