2017/01/02 (Mon) 燻しブランジーノ


燻製隊活動後のお楽しみごはん、本日はこの地中海のスズキとよばれる燻したてブランジーノをハーブ焼きに。


ベランダでまだまだ元気なローズマリーと、そろそろプランターのなかでドライハーブ状態になっておるタイムをつんできて、ライムとともにおなかに詰めたり、上にものせて、オーブンへ。ただし、燻製にすると皮が固くなるので切れ目は入れたもののこの後、ちょっと反り返ってしもうた。反抗期なブランジーノ。
しかし味は抜群。淡白な白身に燻し香が染み入ることで、一気に味が深まってくれるのじゃ。


燻し大根の柚子漬けに、燻しチーズ、地中海ということで葡萄の葉のドルマもご一緒に。ああ、燻し人生、万歳。


冷凍小籠包、なかなかイケるのう。しかし唐突感は否めない…(地中海イメージどこいった)。


グリル野菜とバルガーウィート、ラディッシュとベイビースピナッチのサラダ。

ベランダ燻製隊 | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/01 (Sun) ベランダ燻製隊~2016最後の燻製活動


今年はまだ寒さが本格的でないので、今年最後の燻製隊活動、遂行しましたん。といいつつも、温度が下がらないように本日はカバー付で。もくもくと煙があがり始めると、冬場はとくにほっとするのう。


本日もラック4枚みっちりと。チキンウィングス、ポークリブ、アトランティック・サーモン、ブランジーノ、


そして大根。最初はラックの隙間にためしに入れてみた大根だが、この燻し大根を漬物にすると、うまーいことを発見したのである。卵は、燻製の素でも美味しくなるから今回はなしで(ラック節約の心得)。


そして今回の事件は、グリル用チーズ。いつも正方形のチーズを半分に切ってラックにのっけていたのだが。今回切るのを忘れてそのまま乗せたところ、熱で溶け出し、妖怪人間のごとくラックの隙間からびろーんと下へ。


このままじゃラックからはずせないので、上下で切り離し作戦。オブジェのごとき芸術的な、得体の知れない何か…。で、でも味は旨いのである。つまみに最高なんである(燻製隊の言い訳)。

ベランダ燻製隊 | trackback(0) | comment(0) |


2016/09/25 (Sun) 燻製イカに、燻製豚バラ


燻製後のお楽しみごはん、続いております。本日は、燻製ソックアイ・サーモンにパティパン、ミニペッパー(これが甘くて最近のお気に入り。種をと取らなくても美味しいし)、平茸などをベイビーQちゃんでじゅー。アリコヴェールの鴨脂ソテーと。


ブッラータチーズ。ちょっと食べすぎなんでないの?中は高カロリーなクリームだけど?と反省する自分に、もうひとりの自分が「いやいや、半分だし。オリーブオイルはかけてないし(かけたいけど)」と心で言い訳。平茸、舞茸の焼き浸しと、トリュフ塩で。


この日は、燻製豚バラに小イカ。ちなみに野菜(ししとう、オクラ、チポリーニオニオン、ミニペッパー)は燻しておらぬ。大根を燻したら美味しかったのでやってみたい気もするが、貴重な4枚の燻製ラック、肉と魚介類と卵とチーズで満席で、ベジタリアンな冒険心の入る隙間がないのである。
たちのぼる燻製香がありがたすぎて、なぁんのソースも必要ないのう。

ベランダ燻製隊 | trackback(0) | comment(0) |


2016/09/02 (Fri) 燻製帆立に、燻製バッファロー・ウィングス 


郵便局にて書類を送り、エセックス市場に珈琲買いに。エセックス市場のなかは昔ながらの商店の集まりふうで見ていると面白い。売り手の人の子どもが遊んでいたり(いまは珍しい光景)、今日は珈琲屋さんで八百屋のこわもてでいつも最強に愛想の悪いおばちゃんが、思い切り愛想よくして「アイスコーヒーまとめ買いするから、オマケして」とネギっていた。困る兄ちゃん。私はどうも普段愛想の悪い人が相好を崩す姿に弱いらしい…。
そんなささやかな人間模様を市場に見た日の晩ごはんは、大切な燻製もんを冷凍庫からがさごそ漁る。本日は燻製帆立。あまりの暑さに、平日にもベイビーQちゃん引っ張り出して、チポリーニオニオン、チャヨーテなどとともに、じゅー。


野菜に振ったのは、グルジアを含むコーカサスの調合スパイス、このフメリ・スネリ。異国の香りが加わって、いつもの野菜がべつの顔になってくれる。ほかに、とうもろこしにからすみなども。


本日のブッラータチーズちゃんは、わさび塩を振って胡瓜の柚子風味浅漬けと一緒に和風にとろりん。


焼き野菜の残りは、オリーブオイル、ワインビネガー、ハーブ塩、レモンに黒胡椒がりがり挽いてマリネしておき、後日つめたいのを食べるのが涼しくてまた旨し。


翌日はまた冷凍庫をがさごそやって、燻製ウィングス。燻し香とバッファローソースが混じると最強のウィングスになるのであった。ブルーチーズディップはスティルトンチーズ(ブルーチーズならなんでも)をレンジで柔らかくして、ヨーグルトとマヨネーズ、黒胡椒と混ぜ混ぜ。野菜につける手もとまらないん。

ベランダ燻製隊 | trackback(0) | comment(0) |


2016/08/31 (Wed) 燻し豚バラ串


燻製隊活動日のお楽しみ晩ごはんとくれば、当然ながら燻したての食材をベイビーQちゃん(本名)でじゅー、が定番である。
本日は今回お初の豚バラ。
本当なら、黒豚の大きな一枚肉を燻したかったのだが、以前その黒豚バラを見かけたユニオンマーケットの肉屋のおじさんのお言葉によると、「冬は売れるんだけど、夏はそうでもないからねー。冬だけなんだよ」とのこと。冬にはやっぱり豚バラを煮込んだりベーコンを仕込んだりしたくなるものなんだろうか。そういえばアメリカ人、豚バラBBQはしないよなぁ。
仕方なく別の店で買ったストリップ状で。こちらで売られている豚バラは骨が入っている薄いものが多いので、苦労して骨が少なめのものを探してきた。燻製器の網目がついて、なんだかおされな豚バラさんである。


燻したての豚バラ、グリルで焼いたから脂も落ちて燻製香も豊かで、うん、うんまい。イカゲソ(ポン酢あえに)、エンダイブ、自家製ナン、トマトなどもじゅー。ケンちゃん豆腐にザーサイ、大根とスウィートオニオンのハラペーニョピクルス和えなどと。


つまみは当然この厚揚げ…じゃあなくて、グリル用チーズを2時間燻してから、薄切りにしてさらに焼いたもの。もうこれがとまらない酒のアテ。このグリル用チーズは溶けないから、そのまま燻製器の網にのせても大丈夫なのがらくちんじゃ。


そしてまだまだ続くよ、燻製まつり。この日は、燻製コーホーサーモンのソテーに燻製卵、燻製焼きチーズに、燻製大根の柚子浅漬け……。平茸と春菊の辛子あえ、ベイビーズッキーニ焼きなどと。燻した鮭はそのままでも美味しいけれど、ホースラディッシュとマヨネーズと刻みピクルスを混ぜたソースをつけて食べるのもまた美味し。

ベランダ燻製隊 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS