2018/09/23 (Sun) 世にも豪華な、3者会談という名の持ち寄り会と毒見の恐怖


本日も~酒瓶抱えてソーホーへ~。今宵は(今宵も…)H師匠とAぴとの3者会談という名の、世にも豪華な持ち寄り会じゃ。


師匠作の帆立の燻製がしみじみ旨すぎて、燻し香が目にしみるぜ。これはわが燻製隊の名誉会長として、今後もご指導いただきたい。


そして、これまた美味しすぎる濃厚なポテサラに、


「さっと作っただけ~」とおっしゃるオクラの浅漬けが、また止まらない。このさっと火を通してオクラの食感を残した感じが素晴らしすぎる、とせっかくレシピを聞いたのに…そして、それはとても簡単だったのに…。今となったは思い出せないのが無念じゃ(酔っ払いあるある)。


Aぴが買ってきてくれた名店のローストビーフがとてつもなくしっとりで、口の中がときめきのバラ色に。私もいつか挑戦してみたいローストビーフ、でも手を出せずにいるのはなぜかといえば、ぱさぱさになりそうな予感がひしひしとするからである。そしてこういう時の予感だけはとてもよく当たるのである(悲哀の預言者)。


好物のとろけるブッラータや食感のいいオルゾサラダ、ビーツのサラダも嬉しすぎる。こうして和や洋がカジュアルに楽しめるのもポットラックの楽しいところだのう。


そしていつものごとく私は「お茶の稽古の後だから、凝ったもの持ってこれなくてー」と定番の言い訳とともに、とっても雑ないちじくとグリルチーズのプロシュート巻き、


揚げと大根とブロッコリ茎の炊いたの、こんにゃくとイカ巻きとひよこ豆煮などを。不揃いの千切りみたいなこんにゃくの切り方が斬新だと師匠に褒められちゃった、えへへ(いや、褒めてない気も)。「ひよこ豆入れるっていうのも新鮮」「あ、それはカナリー豆にしようと思ったら、なくて…」なんかすみません…こんな丁稚で。


そして和菓子教室で作った出来栄えに自信のない錦玉かんも、二人にお毒見してもらったのだったが、案の定「見た目は綺麗なんだけどね、うーん…」。
正直な感想を言ってくれるのが、友のいいところじゃ。はい、すみません、もっと精進いたします。これからもお毒見してねーと明るくお願いすると、不安に顔をちょっぴり曇らせた我が良き友二人であった…。
この模様は面白いので(友にとってはいい迷惑)、今度ゆっくり小説すばるのエッセイにでも書こうと思います。

★今までの世にも豪華なポットラック・シリーズは、右下の検索窓で「世にも豪華な」と入れてもらうと、でてきますよん♪(枕言葉と化したシリーズにいつの間にかなっておる)

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2018/07/26 (Thu) 世にも豪華な、唐揚げと一升瓶の夕べ


本日も~。酒瓶抱えてソーホーへ~。と思ったけれど、今日は酒瓶なしで!、おなじみとなった世にも豪華な持ち寄り会へと。なぜ酒瓶なしかというと、今まで2度ほど獺祭会と称した日本酒の夕べが催されておるのだが、なんと今回はついに!四合瓶ではなく、いただき物だという一升瓶を師匠が用意していてくださったのである。


そう、写真じゃよくわからないけれど、立派な一升瓶に料理まで…ああ、こんな幸せに甘えていたら、自分が駄目になってしまう…いっそもっと駄目になってしまいたい(え、これ以上…)。


まずは師匠作の、本当にさらっと作ってしまうのに絶品な前菜たちから。さっぱりして、丼一杯食べられてしまいそうなキャベツとワカメの和え物。きっとグルメな師匠のことだから、超高級お取り寄せ生ワカメであろうか、と聞いたところ、「ふえるワカメちゃんだよ」と。それならできそうです、丁稚でも!


奈良漬クリームチーズ。奈良漬のしゃりしゃりな食感にクリームチーズのまったりしたコク、素晴らしすぎて、一升瓶がどんどん目減りしていく恐ろしさよ…。


私が持参したのはメキシコーンとブラックビーンのサルサに、


ハトムギとキヌアのタブーレ風サラダ。どちらもリハーサルしてどうにかひと様に出せると判断したものである(ホントか)。それでないとこんな料理上手な人たちの集まりに怖くてもっていけん…(なので時折エイヒレとかそら豆ゆでただけ、とかになる)。


忙しいN子さんとEちゃんは共同でEnnjuのお寿司をピックアップしてくれた。梅紫蘇巻きが感動のおいしさ、また一升瓶が…(以下同)。


そこに師匠が大量に揚げてくれたうまうま唐揚げ、どどーんと登場。丁稚のわたくしが持参した黒七味をどーぞ。
そして、唐突に不安げな疑問符をたくさんつぶやきながらクッキーを焼きだすN子さん。唐揚げとまらぬ者(私)。そして10時をまわった頃に我らがたこ焼き師匠が突然乱入。盛り上がりが止まらない。
お土産にクッキーと辿り着かなかった貝柱ごはんをほくほくと抱えて帰れば、また頼りなさすぎるわが地下鉄F線は止まっておるのだった。でもそんなこんなも軽ーく乗り越えるほどの楽しい夜、今宵もありがとう皆さん。そして風邪で急遽欠場のAちゃん、ぜひ次回はリベンジを。
それにしても飲まない人もいるというのに、軽く一升瓶をクリアしてしまった自分たちが、ちと怖いのではあった。

★今までの世にも豪華なポットラック・シリーズは、右下の検索窓で「世にも豪華な」と入れてもらうと、でてきますよん♪(枕言葉と化したシリーズにいつの間にかなっておる)

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2018/07/04 (Wed) 世にも豪華な、焼酎ナイト


花の金曜日、お茶の稽古の後に、本日も~通い慣れた師匠宅へ酒瓶抱えていそいそと@ソーホー。
ああ、このゴージャスな眺め。どう考えても、そこらの和食レストランのレベルを軽く凌駕しておると思う…。


その中にしれっとダメ丁稚のわたくしが持参したのは、ブロッコリの茎と揚げの炊いたもの、師匠の好物のそら豆。え、しょぼ…と思わないでいただきたい。絢爛たるメニューの中に、こういう素朴なものがあるとほら、箸休めになるでしょ、ね…ならない?
師匠がさっと作ってくれたししとうの鴨煮汁炒めにスナップピーの胡麻油炒めがぽりぽりとまらん坂。ポットラックの魅力的なところは、外食よりもふんだんに野菜も食べられることだと思う。なにしろ皆、健康には気を遣う友人たちゆえ(そのわりに、飲むがのう…ぼそっ)。


Eちゃんの懐かしい味の大根と蟹サラダに、キングサーモンのスモーク。これがもうしっとり柔らかで、お酒にあいすぎる。とろけるモッツァレラとトリュフのブッラータ。Aちゃんの鶏ハムのなんともしっとりなこと。


ちなみに本日のお酒はワインやお酒はEちゃん持参の酔鯨に加えて、差し入れだという貴重なこちらの八丈島の麦芋焼酎、八重椿を師匠が提供してくださった。果汁100%のパッションフルーツのジュースで割って飲むと、爽やかな島風が吹き抜ける。


師匠、残念ながら粗忽ものの丁稚には、さらっと食用花を飾るおされなセンスが見つからんでござる。そして、爽やかーいいねーと言っているうちにアルコール交じりの風は危険な暴風雨になるので、要注意…。


Nりんの鶏のクリーム煮に、


鶏手羽と煮卵、煮凝り最高。バケツ一杯食べたい。


炭水化物もほしいよね、というところに絶妙なタイミングで出てきたAちゃんのおにぎり。なんでも、滋賀のおつけもの丸長さんの「まぜちゃい菜」をぱぱっと混ぜたものなんだとか。ほしいっ、それほしい。と、メモメモ。日本帰国時の買い物情報などを交換できるのも、食通の集まるこの会の楽しいところじゃ。


そして本日の真打登場。H師匠特製の和風鴨ロースト、なんと贅沢にハドソン・バレー・ダックとシタレラからの鴨の食べ比べ、皆真剣な表情で鴨を食んで検討した後、ハドソンに軍配あがる。


デザートは、名パティシエな師匠作のタヒーニのブラマンジェにEちゃんの持ってきてくれた源吉兆庵の桜ようかん。今宵も楽しい夜を、ありがとう。ずっと同じ顔ぶれで続いてほしいこの夕べ…。でもきっと、時は流れていくんだよのう。と、幸せに寂しさまじる、ソーホーの夜更けであった。

★今までの世にも豪華なポットラック・シリーズは、右下の検索窓で「世にも豪華な」と入れてもらうと、でてきますよん♪(枕言葉と化したシリーズにいつの間にかなっておる)

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2018/06/28 (Thu) わんこを愛でるポットラックと年金問題


最近、酒瓶をバックパックに忍ばせ地下鉄に乗る機会がめっきり増えておる気がするが…本日は~酒瓶抱えてアッパーウェスト・サイドへと~~。
スペイン生まれの放浪貴公子B君を愛でながらの持ち寄りごはん会なのである。B様、動きが早いからなかなか写真に撮れないわぁ。唯一撮れたのが、この期待に溢れるまなざしで何か僕にもくれるのかとMじを一心に見上げておる図。首、めっさ伸びとるがな~~。
この子と、Mちゃん宅のにゃんこが可愛すぎて、ついどちらかの家に押しかけてしまう我々なのじゃった。


仕事で忙しいというのに、牡蠣フライに飢えていた私たちのためにわざわざ冷凍の牡蠣フライを持参して幾つも揚げてくれた名ジャズ・ピアニストのMちゃん。「冷凍がかなり溶けちゃったけど、このほうが揚げるのラクチンかも~」そういう手もあったのかと、一同感心。これからはわざと半解凍に?(メーカーは推奨しないパターン)熱々をいただきまーす。


これまたMちゃんの絶品セロリのきんぴら。毎回味付けは微妙に違うらしいのだが、どうやってもおいしいのはさすが料理上手さん。


私は相変わらずなれんこんきんぴらに(メンツが違えばいいよね、という安易な発想)、


ビーツとポテト、こごみと芽キャベツのサラダ。


Y木さんが持ってきてくれた優しい味の青菜と茸の炒めに、


次々手が伸びるカラフルなトマト。


しめは、Mじ作のサフラン香るソーセージ入り炊飯器deパエリア風。おかわりお願いと全員、茶碗を差し出した。
相変わらずの迷走トーク、本日は恒例のバッタ屋情報交換に加え、年金の話で盛り上がる。え、厚生年金って何年か払ってたらもらえるの??Yさんの発言に、皆して目からウロコぼとぼと。あのオレンジの年金手帳、実家のどこかにある…かも??そう、私は短い間だけちゃんと出版社の会社員をしておったのだ。よくこんな私を雇ってものだなあ、会社も…。実家に帰ったら探してみようっと年金手帳。

◆Mちゃん宅のつんでれにゃんこW様を愛でながらの会は、こちら

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2018/06/19 (Tue) 世にも豪華な、タイとおフランスな宴


本日も~先週に引き続きまたまた酒瓶抱えてH師匠宅へ。噴水がまぶしい季節だのう。


大好きなレイヤー野菜、アーティチョークとパセリのディップが私を待っていてくれた。本日は行者にんにくのディップで。私が層好きと知っての師匠のあたたかな心遣いに(勝手な丁稚の思い込み)、うれしさに今夜も夜霧よ、ワインが進む…。
一緒にひっそり写り込んでおるのは、私が持参したカリフラワーのカレーローストと舞茸焼きじゃ。


ご一緒した元キャビンアテンダントのBさんは、タイ料理のエキスパート。このタイのディップ、ものすごく手間がかけられているのだが、その味の深さに野菜がどんどこ進んでしまう。そして、そのBさんのフライト中のエピソードの数々が(とてもここには書けない…)面白すぎて、笑いっぱなし眼が見開きっぱなし。


師匠作のパスカードとプロシュート、アルグラ、ブラッタチーズのサラダ。Pascadeは、ダッチベイビーの”フランスのいとこ”、もしくは海を渡ったポップオーバーの”フランスの遠い親戚”だそう。ぷーっと膨らんだ厚めのクレープ、スキレットで焼いてあるから外はかっりかり。初めて知ったその存在、ふわふわもちもちの食感にやみつきに…。


こんな豪華な料理の数々に、ただゆでただけのそら豆を紛れ込ませる我の勇気を、だれか褒めてほしいの…。


持ち寄りというより、ほぼ師匠が作ってくれているこの宴、本当にありがたくて甘えっぱなし。こうしてずっと甘えていきていきたい…と天に願いながらのこちらは、フランクステーキと行者ニンニクサルサヴェルデ、大好きな行者にんにくのソースに一味惚れ。


デザートは、アーモンドチュイルのナポレオン風。薄く薄ーく焼いた繊細なアーモンドのクッキーにホウィップクリームとラズベリーを重ねてナポレオン風のデザートに。向こう側が透けるレースのような仕上がり、口に入れたらさらっとほどける。


くしゃっと崩す快感がまたたまらない。あなたの虜になりましたん。


ポットラックというより、名シェフによるポップアップ・レストランといった趣の宴、今宵も本当にありがとう。そしてBさん、また捧腹絶倒、CA裏話を聞かせてねー。

◆輝かしき、第2回獺祭ナイトの記事は、こちら

★今までの世にも豪華なポットラック・シリーズは、右下の検索窓で「世にも豪華な」と入れてもらうと、でてきますよん♪(枕言葉と化したシリーズにいつの間にかなっておる)

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS