2018/07/04 (Wed) 世にも豪華な、焼酎ナイト


花の金曜日、お茶の稽古の後に、本日も~通い慣れた師匠宅へ酒瓶抱えていそいそと@ソーホー。
ああ、このゴージャスな眺め。どう考えても、そこらの和食レストランのレベルを軽く凌駕しておると思う…。


その中にしれっとダメ丁稚のわたくしが持参したのは、ブロッコリの茎と揚げの炊いたもの、師匠の好物のそら豆。え、しょぼ…と思わないでいただきたい。絢爛たるメニューの中に、こういう素朴なものがあるとほら、箸休めになるでしょ、ね…ならない?
師匠がさっと作ってくれたししとうの鴨煮汁炒めにスナップピーの胡麻油炒めがぽりぽりとまらん坂。ポットラックの魅力的なところは、外食よりもふんだんに野菜も食べられることだと思う。なにしろ皆、健康には気を遣う友人たちゆえ(そのわりに、飲むがのう…ぼそっ)。


Eちゃんの懐かしい味の大根と蟹サラダに、キングサーモンのスモーク。これがもうしっとり柔らかで、お酒にあいすぎる。とろけるモッツァレラとトリュフのブッラータ。Aちゃんの鶏ハムのなんともしっとりなこと。


ちなみに本日のお酒はワインやお酒はEちゃん持参の酔鯨に加えて、差し入れだという貴重なこちらの八丈島の麦芋焼酎、八重椿を師匠が提供してくださった。果汁100%のパッションフルーツのジュースで割って飲むと、爽やかな島風が吹き抜ける。


師匠、残念ながら粗忽ものの丁稚には、さらっと食用花を飾るおされなセンスが見つからんでござる。そして、爽やかーいいねーと言っているうちにアルコール交じりの風は危険な暴風雨になるので、要注意…。


Nりんの鶏のクリーム煮に、


鶏手羽と煮卵、煮凝り最高。バケツ一杯食べたい。


炭水化物もほしいよね、というところに絶妙なタイミングで出てきたAちゃんのおにぎり。なんでも、滋賀のおつけもの丸長さんの「まぜちゃい菜」をぱぱっと混ぜたものなんだとか。ほしいっ、それほしい。と、メモメモ。日本帰国時の買い物情報などを交換できるのも、食通の集まるこの会の楽しいところじゃ。


そして本日の真打登場。H師匠特製の和風鴨ロースト、なんと贅沢にハドソン・バレー・ダックとシタレラからの鴨の食べ比べ、皆真剣な表情で鴨を食んで検討した後、ハドソンに軍配あがる。


デザートは、名パティシエな師匠作のタヒーニのブラマンジェにEちゃんの持ってきてくれた源吉兆庵の桜ようかん。今宵も楽しい夜を、ありがとう。ずっと同じ顔ぶれで続いてほしいこの夕べ…。でもきっと、時は流れていくんだよのう。と、幸せに寂しさまじる、ソーホーの夜更けであった。

★今までの世にも豪華なポットラック・シリーズは、右下の検索窓で「世にも豪華な」と入れてもらうと、でてきますよん♪(枕言葉と化したシリーズにいつの間にかなっておる)

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2018/06/28 (Thu) わんこを愛でるポットラックと年金問題


最近、酒瓶をバックパックに忍ばせ地下鉄に乗る機会がめっきり増えておる気がするが…本日は~酒瓶抱えてアッパーウェスト・サイドへと~~。
スペイン生まれの放浪貴公子B君を愛でながらの持ち寄りごはん会なのである。B様、動きが早いからなかなか写真に撮れないわぁ。唯一撮れたのが、この期待に溢れるまなざしで何か僕にもくれるのかとMじを一心に見上げておる図。首、めっさ伸びとるがな~~。
この子と、Mちゃん宅のにゃんこが可愛すぎて、ついどちらかの家に押しかけてしまう我々なのじゃった。


仕事で忙しいというのに、牡蠣フライに飢えていた私たちのためにわざわざ冷凍の牡蠣フライを持参して幾つも揚げてくれた名ジャズ・ピアニストのMちゃん。「冷凍がかなり溶けちゃったけど、このほうが揚げるのラクチンかも~」そういう手もあったのかと、一同感心。これからはわざと半解凍に?(メーカーは推奨しないパターン)熱々をいただきまーす。


これまたMちゃんの絶品セロリのきんぴら。毎回味付けは微妙に違うらしいのだが、どうやってもおいしいのはさすが料理上手さん。


私は相変わらずなれんこんきんぴらに(メンツが違えばいいよね、という安易な発想)、


ビーツとポテト、こごみと芽キャベツのサラダ。


Y木さんが持ってきてくれた優しい味の青菜と茸の炒めに、


次々手が伸びるカラフルなトマト。


しめは、Mじ作のサフラン香るソーセージ入り炊飯器deパエリア風。おかわりお願いと全員、茶碗を差し出した。
相変わらずの迷走トーク、本日は恒例のバッタ屋情報交換に加え、年金の話で盛り上がる。え、厚生年金って何年か払ってたらもらえるの??Yさんの発言に、皆して目からウロコぼとぼと。あのオレンジの年金手帳、実家のどこかにある…かも??そう、私は短い間だけちゃんと出版社の会社員をしておったのだ。よくこんな私を雇ってものだなあ、会社も…。実家に帰ったら探してみようっと年金手帳。

◆Mちゃん宅のつんでれにゃんこW様を愛でながらの会は、こちら

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2018/06/19 (Tue) 世にも豪華な、タイとおフランスな宴


本日も~先週に引き続きまたまた酒瓶抱えてH師匠宅へ。噴水がまぶしい季節だのう。


大好きなレイヤー野菜、アーティチョークとパセリのディップが私を待っていてくれた。本日は行者にんにくのディップで。私が層好きと知っての師匠のあたたかな心遣いに(勝手な丁稚の思い込み)、うれしさに今夜も夜霧よ、ワインが進む…。
一緒にひっそり写り込んでおるのは、私が持参したカリフラワーのカレーローストと舞茸焼きじゃ。


ご一緒した元キャビンアテンダントのBさんは、タイ料理のエキスパート。このタイのディップ、ものすごく手間がかけられているのだが、その味の深さに野菜がどんどこ進んでしまう。そして、そのBさんのフライト中のエピソードの数々が(とてもここには書けない…)面白すぎて、笑いっぱなし眼が見開きっぱなし。


師匠作のパスカードとプロシュート、アルグラ、ブラッタチーズのサラダ。Pascadeは、ダッチベイビーの”フランスのいとこ”、もしくは海を渡ったポップオーバーの”フランスの遠い親戚”だそう。ぷーっと膨らんだ厚めのクレープ、スキレットで焼いてあるから外はかっりかり。初めて知ったその存在、ふわふわもちもちの食感にやみつきに…。


こんな豪華な料理の数々に、ただゆでただけのそら豆を紛れ込ませる我の勇気を、だれか褒めてほしいの…。


持ち寄りというより、ほぼ師匠が作ってくれているこの宴、本当にありがたくて甘えっぱなし。こうしてずっと甘えていきていきたい…と天に願いながらのこちらは、フランクステーキと行者ニンニクサルサヴェルデ、大好きな行者にんにくのソースに一味惚れ。


デザートは、アーモンドチュイルのナポレオン風。薄く薄ーく焼いた繊細なアーモンドのクッキーにホウィップクリームとラズベリーを重ねてナポレオン風のデザートに。向こう側が透けるレースのような仕上がり、口に入れたらさらっとほどける。


くしゃっと崩す快感がまたたまらない。あなたの虜になりましたん。


ポットラックというより、名シェフによるポップアップ・レストランといった趣の宴、今宵も本当にありがとう。そしてBさん、また捧腹絶倒、CA裏話を聞かせてねー。

◆輝かしき、第2回獺祭ナイトの記事は、こちら

★今までの世にも豪華なポットラック・シリーズは、右下の検索窓で「世にも豪華な」と入れてもらうと、でてきますよん♪(枕言葉と化したシリーズにいつの間にかなっておる)

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2018/05/26 (Sat) 世にも豪華な、和食と日本酒の宴Vol.2


本日も~酒瓶抱えて、ソーホーの友人宅へ~♪ このたびめでたく、待望の第2回獺祭会が華々しく(会員3人だけど)開催されたのじゃった。本日のゲストは、師匠の美男な息子くん&そのお友達の女の子。いきなりのティーンのゲストに盛り上がるも、むろん未成年には獺祭は注がれず、ソーダでね。


今宵も、我らがH師匠が用意してくださった素晴らしき酒の肴がならぶ、ならぶ。いつも甘えてしまってすみません、しかも持参の獺祭が前回の幻の名酒「磨き その先へ」からちょっぴりダウングレードしていてすみません…だって…破産しちゃうから…。
さて、まずは揚げたての絶品しらすと春菊と玉ねぎのかき揚げ。崩れず綺麗に揚げられるコツまで教えていただいちゃって、まさに飲み会という名の料理教室。すんばらしい。


シャロットとアスパラガスのフリッタータ、シャロットをこんな風に使えるとは目からウロコ、まぶたからお酒がこぼれそう、でも勿体ないからこぼさない。


いぶりがっこにクリームチーズ、最初に試した人は天才じゃ。こんなに酒の肴にふさわしきものはなかろう。


しっとり甘いかぼちゃ煮が箸先でしとやかに崩れ。


大好物のブッラータチーズもしどけなく。そしてこの純白のチーズをお皿に盛った後、師匠はさりげなく「うーん、色がたりないね、これ飾ろう」と、お花をひょい。エディブル・フラワーが普通に出てくる家飲み、うちではありえないおされ度である…。


ねっとり舌にささやきかけるスモークサーモン、私たちはささやくどころか喋り通しじゃがな。そして、Aちゃんが用意してくれたのは、味がしみしみ牛肉八幡巻きに、美味しい雑穀入りのごはん。食べやすいように一口サイズになっているところが、さすが名陶芸家(そこは、関係ない?)。


そして、私が獺祭ナイトにもじもじと(レベルが違うもんで)持参した酒の肴たち…見事に茶色い。甘酢漬けにした大根を木くらげとししゃも卵の佃煮で和えたもの、れんこんきんぴら、そして最近のヒット作 海の干しがき(干し柿じゃあない
よ)。これと岩下の新生姜さえあれば、お酒が無限に進んでまう。お二方も気に入ってくれてよかった。ちなみにティーンのお二人は…干しがきに無言(むしろ手を出したのを後悔してる顔)。も、もったいない。


デザートには師匠作のよもぎ入り白玉。なんとこれ、私が前回会ったときに、「よもぎ、いいね」と言ったのを覚えてくれていて、わざわざ新鮮なよもぎをすりつぶして作ってくれたのだ。なんて優しい、永遠の師匠。
そして今宵も夜更けまで続くよ日本酒パラダイス、夢なら覚めずにいてほしい…。

◆輝かしき、初の獺祭会の記事は、こちら
ああ、たぶんあのお酒は二度と飲めないであろう(身のほどを知るわたくし)。

★今までの世にも豪華なポットラック・シリーズは、右下の検索窓で「世にも豪華な」と入れてもらうと、でてきますよん♪(枕言葉と化したシリーズにいつの間にかなっておる)

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2018/05/06 (Sun) サンデー・ブランチ@ブルックリン


ブルックリンに住む友人、作家でアメリカ文学評論家の新元良一さん宅にお招きいただき、和やかなサンデー・ブランチを。白ワイン片手にいただく、イタリア育ちの奥様のお料理がどれも絶品~😋もうお料理教室、開いてほしいほど。


もりもりと食べられるケールの柔らかなサラダはさわやかなレモン風味。


ハムやサラミをつまみながら、ワイン片手に話は弾む、はずむ。


大好物のカリフラワーのローストはパルミジャーノがいいアクセント。


野菜もとろとろでフォークがとまらない優しい味のチキンのハーブ炊きに、


自家製ペストのニョッキ。バジルの香りがもちもちのニョッキを包み込み、幸せな春の味。紫蘇とえごまで忙しくて、このところご無沙汰だったのだけど、バジル、また育てたくなってきた。


そして、私はご近所のベーグル屋「Kossar's Biary」から、ユダヤのお菓子パン、バブカを手土産に。シナモンとチョコレート風味があるけれど、迷わずチョコレートを。卵黄や砂糖とバターを練り込んだリッチな生地にチョコレートがたっぷり練りこまれて、層好きには嬉しい一品。うーん、切り分けてぱくぱくイケそうじゃ。
楽しい午後をありがとう。ドラえもん好きの息子くんによろしく♪

◆新元さんにインタビューと構成していただいた、大江千里くんとの対談の記事は、こちら

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS