2017/05/16 (Tue) 白雪鍋会


一昨日ぐらいから右の喉が痛い…急に寒くなったので風邪か花粉症か…むー。というなか、ノーホーのK子さん宅へ。本日はたのしいGTG Vol.2鯛鍋会なのじゃ(自ら名乗るゴージャス・トリオ・ゴハン会…痛いですか?そんなことないすよね?ね?)。
このロフト、本当に居心地がいいなぁ。ここにいると、なんだかアッコちゃんの「ひとつだけ」という歌を思い出す。彼女の好きなものだけを集めてゆっくりと丁寧に築かれてきた世界。


まずはおつまみをつつきながら楽しく近況報告。私はこごみとアリコヴェールの和え物、枝豆と日本酒持参。K子さんが作ってくれた茸和えがすこぶる旨し。3種の茸をそれぞれ丁寧に下処理し、ポルチーニの煮汁で和えたものだそう。異なる茸の味がぎゅっと凝縮され融合された味わいは、この空間のようにひとつだけの世界。


そしてお待ちかね、丸ごとの鯛をふわふわの卵白で閉じ込めた白雪鍋。


そっと雪の下から顔を出す鯛の身のほろほろと舌に崩れる旨さかな。


いつもはマイペースなにゃんこたちも、美味しいにおいに誘われて、そばでにゃあにゃあ。


ナッツは生で水に浸したものが体にいいのだと教わり、早速実行しておる。着物のこと、お茶のこと、自然のこと、花たち。K子さんとT子さんから教わったことはたくさんあって、そのどれもが温かく大切なことなのじゃった。
楽しくてついつい長居してしまった後は、T子さんと二人して植物の苗や園芸肥料を、T子さんはハンギングプランターを6個もいただいて帰った。そう、GTGの熱き話題のひとつは園芸、なのである。牛糞を、抱えて帰る春の宵。真夜中のソーホー、手の中の小さな鉢に優しい春の風が吹きつけた。

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/19 (Sun) 鴨鍋とほたるいかな夕べ


お茶の稽古を終えたならば、バックパックに隠し入れたお酒とつまみしょって、その足でいそいそとソーホーへ。本日は師匠宅で鴨鍋をいただく会なのである。


さっと炙ったほたるいか、んままー。この平たいイカのなかに旨みが凝縮されておるのう。皆にもウケてよかった。


たっぷりの野菜に茸、


そしてどーんと立派な鴨、鴨。これだけの食事を外でいただいたらけっこうかかるものなのに、ポットラックで割り勘だととってもリーズナブル。おまけにシェフは名レストランに勤めたプロ中のプロなのである。ん。待てよ、ポットラックって持ち寄りってことだが…持ち寄ってないし。ぺらん、とした、ほたるいかしか。すみません、師匠。いつものことで…。


鴨のあまい脂がとけた鴨鍋絶品。いくらでも食べられてしまう。気のおけぬ仲間同士、いくらでもしゃべくってしまう。そして今宵も夜更けの路上でタクシー捜してうろうろと。ちなみに、スマホ持ってないんで、Uber使えません(テーマ曲~哀愁のハウストン通り)。


およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/30 (Mon) 鶏つくね鍋


本日は夕方からエイヒレなど持参で(その時点で、もう互いに飲む気満々)師匠のお宅に参りて、あれこれ四方山話など。
先月も会ったのに、なぜ年が明けただけでこうも喋ることが出てくるのか。やはりそれはその「年」ならでは空気感なのか。それとも年末年始という特別な気配漂う時間に起こる物事が特別に映るせいか(いや単におしゃべりなだけ)。


そして師匠が用意してくれたおつまみなどいただきながら、冷酒をちびり。モッツァレラチーズの味噌漬け最高。このために味噌を買いに行かねば。


ハドソンバレーのスモークダック。私はいつもここの鴨のプロシュートを買うことが多いけれど、おお、スモークもしっとりとうまうま。


さっぱりピリ辛胡瓜に、その奥に見えますのは、


鶏つくね鍋。鶏つくねに蓮根が入っているから食感もまた嬉しい。さすが師匠、鶏つくねを2つのスプーンでこねこねして鍋に落とす手つきがまた素晴らしい。料理上手ってこういう何気ないしぐさに出るなぁと見惚れてしまった。
差し向かいではふはふと鍋をつつきながら、気のおけない友人とあれこれ喋るのって人生に必要な時間じゃよなぁ。それにしても師匠の話が濃すぎて、そこに登場する人物の人生が濃縮されたエキスを飲み干して酔っ払った気分である。面白いなぁ、いろんな人がいるなぁ。
そして思った。濃い人生を聞くのはわくわくと楽しいが、自分のは薄くてよかった。ひ弱な我にゃ、薄いので、じゅうぶん。もしくは紙のうえだけで、と臆病者のつぶやき。
師匠ご馳走様でした。これだけ手料理をいただいて、エイヒレだけでほんとすみませんすみません、でも丁稚ってダメなほうが可愛いですよね(おまえが言うなと)。

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/18 (Wed) 蕎麦がきいりの水炊き、うまし


本日は、楽しみにしておった「自分らで言うな」と揶揄されそうなその名も、GTG(=ゴージャス・トリオ・ゴハン会)定例会。お酒を抱えて、年上の友人、絵本作家のK子さんのノーホーのロフトへといそいそと。涅槃ちゃん、ニルヴァーナちゃんという2にゃん(いわば同名!)に会うのも楽しみだし、料理上手なK子さんの体に優しい手料理をいただくのも楽しみなのである。この日は壮大な絵の具コレクション等も見せていただき、さらにわくわく。絵、しばらく描いてないなあ…文字ばっかりで。
T子さんがおすそ分けしてくれた個別包装の高級梅干、美味しすぎ…。私はいつもの燻製卵と、スモークサーモンと焼き舞茸の和え物持参。K子さんのヘルシーお好み焼きに箸とまらず。にゃんこたちもクレークレー攻撃。


水炊きは、鶏胸肉に火を入れてからそのまま数時間おいておいたそうで、しっとり柔らかほろり。


鍋で手早く練り練りしてくれたお手製蕎麦がきが、新鮮で旨っ。蕎麦の香りがまさに凝縮、近くのCo-opで買う蕎麦粉が蕎麦の美味しいのだとか。ぜったい買いにいこう。


いつもは気ままなにゃんこたちも、美味しい出汁とお好み焼きの削り節の香りに誘われ、近くでまったりしてくれるのが嬉し。
こらそこ、半ベロ出してねじれすぎ。よじれすぎ。


これまたK子さんお手製の優しく素朴な和菓子もだしていただき、私たちもまったり、よじれる。
和みすぎて居着きそうになる広々としたロフトは、本当にゆったりといい空気が流れておるなぁ。ああここに住みたい、にゃんこたちとともに床でごろごろして暮らしたい。

およばれごはん | trackback(0) | comment(2) |


2016/12/31 (Sat) 愉しきホリデーの宴


茶道の先輩方が催されたホリデーパーティーに、久方ぶりの着物にてうかがう@アッパーイースト・サイド。イースト川を見下ろす見晴らしのいい広々とした空間は、Hちゃんのゴージャス・アパートメントのパーティールームだそうで。こんな素敵なイベントルームがあるだなんて、うらやましいのう。
ちなみに、うちのビルにもコミュニティ・ルームなるものが存在し、時おり婦人たちの集い(主に、老がつく方々の)があるらしい。一度覗いてみたいと思っているのだが、覗いたら最後そのままそこから出られなくなるほど溶け込みそうなんで、先延ばしにしておる。


自然の趣あふれるテーブルセッティングに、美しいベジタリアン寿司やアペタイザーの数々。テーブルの木の実や枝はAちゃんが山からとってきたものだとかで、さすが建築家、センスが抜群。いっぽうHちゃんは大量の和菓子づくりに長時間奮闘したとか。何種類もの浮島、美味しかったな。


和菓子をいただいたあとは、片隅で供される抹茶をいただく。茶器はこの日のためにMさんがわざわざ日を分けて何度も運び込んだもの。
こんな風に心をこめて人をもてなせる方々を尊敬してしまう。見知った方々にも遭遇し、2016年を締めくくる素敵な会じゃった。Hちゃん、Aちゃん、お点前だめだめな私だけれど、来年のお稽古でもよろしくね。お菓子目当てにお稽古に来てるだろうと、先生にも見抜かれぬようにしなくては(師の声→とっくに見抜いとる)。
そして来年は私も和菓子づくりに精進する所存なり…(言ったな、言ったな、自分)。

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS