2016/02/10 (Wed) 冬枯れと、もやし復活


ベランダの植物も凍りつく今の季節になると、とたんにもやし栽培熱が再燃。
久々なので、弱気に育てやすいものからいってみる。デラウェア群ミックスのアルファルファとレッドクローバーで。大さじ二杯の種が、5日もたてば、約2リットルのジャーのなかでもしゃもしゃくん♪


何回もすすいで種の殻を除いたら、容器に入れて冷蔵庫へ。


セロリと一緒に、オムレツの横にもしゃっ…。


偉大なる北方豆(Great Nothern Beans)やベイビースピナッチ、胡瓜、赤ピーマンと一緒にもしゃっ。
もやし、偉大なり。

もやし育て隊 | trackback(0) | comment(0) |


2015/06/19 (Fri) もやし日誌~野菜の女王ミックス編


このところベランダ園芸に忙しくて、室内のもやし育て隊活動の頻度が落ち気味である。暗く寒い時期は、やっぱりもやしはいいのう、季節を問わず、新鮮で栄養価満点の発芽野菜が食べられるのだから、などともてはやしていたのに…。変わり身の早い人間、などともやし界から陰口をたたかれていそうである。ひそひそもやもや。
いや、やるよ、もやしもやるよ。そんな言い訳めいた今回のもやし隊(隊員ひとり)は、Veggie Queen Mix 。野菜の女王だなんて、スプラウトハウスさんも大きく出たもんである。内訳は、フレンチレンティル、グリーンレンティル、レッドクローバー、ラディッシュ、とここまではいつもの顔ぶれだが、そこにフェヌグリークも。女王どころかかなり知名度の低いフェヌグリークだが、カレーのスパイスミックスに使われるだけあってエキゾチックで個性的な香りだ。


種を半日浸水後は、いつものように毎日2度は水ですすぐ(時々、いや、頻繁に忘れるけど)。数日目にはこんな風にジャーの縁ぎりぎりまで流水を入れ、うかんできた種の殻を流してやる。でも時々芽の出たもやしまで流れてしまい、「あ、もったいない!」とせこく拾ったりもする貧乏性。


レッドクローバーとラディッシュのピンク色が混じった鮮やかなグリーンは、クイーンというよりも可憐なプリンセスのよう。舞踏会にはこんなドレスを着て踊りたい(どこで舞踏会があるんだ)。


6日目、ぶじ収穫。黒胡椒風味のキャンディード・ピーカンやドライフルーツを散らしてサラダに。フェヌグリークのスパイシーな香りにあわせ、胡瓜とにんにく、レモン、ヨーグルトをあわせたザジキをドレッシングがわりに。

もやし育て隊 | trackback(0) | comment(0) |


2015/05/29 (Fri) もやし日誌~9月の母ミックス編


すでに手馴れてきたもやし作りである。それゆえに緊張感も薄れてきて、最近は1日2度のすすぎの1度は忘れてしまう始末だ。夜にはちょっと喉が渇いていそうなもやしたちにごめんと謝りつつ、油断大敵と自分を戒めつつ、今回のもやしはSeptember Mom Mix 。
もはやスプラウトハウスさんの種ネーミング・センスを予想するのは難しくなってきておる。育成者にリスペクトをこめて名前を入れたかと思うと、前回みたいに「美味しいブロックリ・ミックス」などと自画自賛してみたり、今回は唐突に月名指定ときた。なぜに9月。まあ、いい。アルファルファとラディッシュ、緑色とブロッコリの組み合わせは、9月っぽいということにしておこう。春だけど。
黒々としたブロッコリの種が、おいらを育てるのは意外に難しいぜ、と言っているようである。


種を浸水後半日後にはすでに芽を出すこのたくましさ。


時々忘れたりしつつ、基本的には毎日2度は水ですすぎ、無事に8日目、収穫。
ガラス瓶のなかで葉を開こうとしている緑豆が健気。葉っぱがガラスにくっついてさらに広がろうとしていると、なんかごめん…狭くてごめん…とガラスの気持ちになってしまうガラスの心よ。


収穫して冷蔵庫に入れるまえには、何度もボウルのなかですすいで、うかんできた種の殻を除く。アルファルファの細いもやしあり、太めのもやしに、赤みがかったラディッシュ。人生色々~な縮図のよう。


本日は、ローストコーン(トレジョの)、香菜、玉ねぎをサルサヴェルデで和えたものをドレッシングがわりにして、メキシカン風もやしサラダに。

もやし育て隊 | trackback(0) | comment(0) |


2015/05/19 (Tue) もやし日誌~美味しいブロッコリ・ミックス編


今回のもやしは、ブロッコリ・ミックス。オーガニックのアルファルファとブロッコリ、レッド・クローバーの組み合わせじゃ。
しかし自分で種のネーミングに「美味しい」とつけちゃうところが、さすがスプラウト・ハウスさんである。
しかもよく見たら、育成者の名までパッケージに記載されておる。「スプラウト・レディ・リタ」……。リタ、どんな緑の指の持ち主なんだろう。きっともやし栽培に関しちゃ自信満々の淑女なのであろうよ。


ジャーでの栽培は馴れたものになってきたので(スプラウターはまだ苦戦中)、経過は抜かしていきなりの成長図。はやっ。1日に二度、水でゆすいで水切り。数日に一度は水のなかですすいで種の殻をとって、7日目の収穫じゃ。


サラダはシンプルにかぼちゃの種のトッピングだけだったり、


マーシュ、ネギ、アボカドに粒マスタード・ドレッシングにしたり。


人参は苦手なので、これはもちろん隊長のお皿。

もやし育て隊 | trackback(0) | comment(0) |


2015/01/25 (Sun) もやし日誌~ソルさんの豆もやしサラダ


もやし育て隊活動、ひとりきまじめに遂行中。なんといっても冬はデリケートな野菜が売り場から減るので、自分で育てられればありがたみ倍増なんである。先日育てたSol's Organic Bean Salad Mix、ソルさんの豆サラダミックスでつくったサラダ。フレンチレンティル、あずき、緑豆にラディッシュ。4つのもやしの食感も味わえる(言い換えれば育ち方がまちまち、とも…)。
オリーブオイル、ホワイトバルサミコ酢、マスタードのドレッシングで和えたら、オーブンでローストした舞茸をトッピングして、トリュフ塩をぱらり。どことなく豪華風味。フェタチーズかブルーチーズを散らしてもいいな。


この日は、スイートオニオンとフェンネルの葉っぱを刻んだものを、ハラペーニョピクルスの汁でマリネしたものをのっけ。自家製ジンジャーキャロット・ドレッシングで。ラディッシュスプラウトのピンクがなんとも可愛い。

◆ソルさんの豆サラダ・ミックスを育成した記事は、こちら

もやし育て隊 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS