2017/05/09 (Tue) 防虫対策 with 珪藻土


美味しい野菜は、人間でだけでなく虫たちも虎視眈々と狙っておる。成長とともに防虫対策に頭悩まされる日々がくるのである。
定番の竹酢液はにっくきアブラーにはあまり効果なし。そこで今年は、自家製唐辛子スプレーに加えて、


こんなものも導入してみることに。食用グレードの珪藻土。数万年ないし数千万年の太古に繁殖した珪藻、つまりは藻類の化石からなる岩石のことだそうで。
土壁などに使うこれがなんとアブラムシやヨトウガ類等、害虫にも効くというから驚きじゃ。アブラーに牛乳を吹きかけるのと同じ原理で、ごくごく細かな粒子が害虫を窒息死させるらしい。これを土の表面にぱらぱらっと撒いて、事前予防。土壌改良剤にもなってくれるから一石二鳥じゃ。
それにしても英語だとdiatomaceous earth …よ、読めない、覚えられない。いつも頭の中で「アースなんちゃら」とごまかして呼んでおる。どうか虫から植物たちを守っておくんなせい、アースなんちゃら様。

◆自家製唐辛子スプレーを導入したときの記事は、こちら

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/03/08 (Wed) ありがたきいちじくさん


12日間の島旅のまえに、実った「ニュー品種(嘘)~春と勘違いいちじくさん」をありがたくいただく。殴り合いの喧嘩にならぬよう(いちじくひとつで…)薄く切って、


栄養豊富なマイクログリーンのサラダと。Momoドレッシングのぴりっとした生姜風味と、いちじくの甘さがよく似合う。
いちじくさんの大きい鉢は(選定した枝からも育ったので、現在3鉢あるのじゃ。他に柚子さんも何鉢も。お世話大変…)旅行中に水不足で葉と実を落としてしまうことが多々あるので、今年は「水やり当番」なるお助けグッズに挑戦。細い管で水をバケツから吸い上げ給水してくれるらしいのだが、初めて使うのでやや不安。…うまくいきますように。
まぁダメでも、また立ち直ってくれるから大丈夫さ、打たれ強い我がいちじくさんなら(他人事か)。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/03/04 (Sat) 冬のいちじくさん


毎年、11月にベランダから室内に取り込んだ時点で春がキタ~と勘違いしちゃう、ある意味ブレぬいちじくさん。


ついた実が落ちてしまうことも多いけれど、おっ、今年はずいぶんと大きく成長。これをこのまま放置して旅行に行ってしまうと、その間に水不足で落ちてしまうので、柔らかくなった実をそっと収穫。


自然の色があでやか。ブラック・スパニッシュという種で、日本のいちじくよりちょっと平べったくてころりん。


ビーツとメキシカンチーズのサラダとともに、大切にいただいた。んーあまいっ。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/06 (Mon) 困惑の実り


厳しい冬の間は室内に取り込むいちじくさん、例年春が来たと勘違いして実をつけてくれるのだが、途中で「なんだ、ちがった!」と気づくのか、たいてい実を落としてしまう。今年は熟してくれるといいのう。


そして去年、7年ぶりに3個の実をつけた柚子さんは冷凍中…もったいなくて使えない…。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/23 (Mon) バイオスフィア


一生やり続けていそうな旧PCから新しいPCへのデータ移行作業であるが、こんなふるい写真発見。ちょうど12年まえの1月に私はこんなものを買って日々眺めては楽しんでおったらしい。
ガラスの密閉空間の中の人工生態系を再現した、バイオスフィア。
ミニ海老ちゃん、可愛かったなあ。いつの間にか藻だらけになって、諦めてしまったのだっけ(生態系をそんな簡単に!罰あたりな)。また…ほしいな…。えびちゃん。
地球の生態系をまもることはいきていくうえでの大切な課題なのに、「商売いちばん! 俺様いちばん! 人間、とくにこの国のこの人種いちばん!」とのたまう人が政治を担っていくのは残念このうえないことじゃ。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS