2020/02/25 (Tue) 梅、咲いた


お茶友さんが自宅の庭から切ってきてくれた梅の枝。固い蕾だったのが、


少しずつ開いていく様を毎日眺めては楽しんでいる。桜より、梅や桃の花が好きだなぁ…。ここから挿し木にできるかな?(気になるものは何でも育て隊)

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/10/01 (Tue) ニラの花炒め


以前SNSにあまり収穫しないまま毎年、花が咲いてしまうニラの写真を載せたら、どなたかが食べられると教えてくれた。今まで長年育てていたのに知らなかったー!


即刻刈り取って、


ベーコンに自家製燻製サーモン、野菜と共にがりがりと花椒を挽いて炒め物に。美味しいし、種ができる前に刈り取れば株も元気になるし、一石二鳥なのじゃった♪ 教えてくれた方、ありがとう。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/09/25 (Wed) ゴーヤの肩透かし


それは6月の末のこと。ししとうの鉢に生えてきた見知らぬ植物を発見。面白いからそのまま育てていたら…ふいに思い出したのであった!


友人が「これあげる♪」と自分の食べた(!)ゴーヤの種をくれたのを適当に植えて忘れていたのだ。ネットでゴーヤの葉を調べてみると、まさに同じ。


そのままぐんぐん伸びてきてついに小さな実が。


わくわくと見守っていたら、そのままはじけて種ができちゃった…という経過の肩透かし感よ…。


ゴーヤの種って赤いのねー。ちなみにゴーヤは熟すとこのように黄色くなるそうな。そして種も甘いから食べられるとか。でも「もっと大きくなれ、なれ」という欲をかいたせいで、このようにタインミングを逃すことになると学んだ今年であった。
来年はこの種でもっと真剣に育てて、目指せ自家栽培ゴーヤ・チャンプルー。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/09/15 (Sun) 桔梗


茶花教室にて、塩月宗芯先生を母に持つ五藤宗紫先生に教えていただくという幸運に恵まれた…のだが、さりげないようでいてなんて難しい引き算の美学。私が迷いに迷って選んだ3本は、さらに先生がすいと1本抜き取り2本に。そっと持ち帰ってきた桔梗、花は野にあるように、とまではいかないけれど、根が出てくれたら土に返したいなぁ(でも以前も越冬できなくて枯らしてしまったのだった。哀)。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/09/09 (Mon) 今年のスベリヒユさん


日本では雑草扱いされがちなスベリヒユ。でもこの栄養満点で美味しい葉っぱが大好きなので、高層のベランダで育成中。といっても、芽を出すだけでなかなか育ってくれないんだけどね、毎年。
ところが!今年は何を思ったか、ししとうさんのプランターから、にょきっ。もしかして、今年は他の植物に気をとられ、あまり気にしていなかったせいかもしれない。気にされると、プレッシャーで伸びないタイプ。いや、ひねくれて伸びてやらんと思うタイプか。これからもヒユのことは考えないようにしようか…。


そんな育て主の思惑も知らず、ローズマリーとタイムのプランターからも、にょきっ。ついでにルコウソウのプランターにもたくさん生えているのだが、それは芽ばかり出て、あまり育っていない。影のボス、ルコウが「これ以上、伸びるなよ。伸びたらわかってんだろうな」とにらみをきかせておるのかもしれない。愛らしい顔して、おそろしい子…。


今年はいい予感がするのだが、それでもまだ収穫には早いのでFresh Directさんで試しに買ってみたら、なぬっ、1ozで$4とな…高っ。わがヒユさんが早くにょきにょき育ちますように。

◆2015年に初めて育ててみた記事は、こちら

この時はあまり育たなかったのに、結局この種が延々続いて毎年あちこちに出てきてくれるのじゃった。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS