2017/05/31 (Wed) 源平葛、咲いた


ちょうど1年前の4月に、友人K子さんから挿し芽を発根させたものをいただいた源平葛さん。


ちなみにこれはK子さん宅の源平葛、わぁぁこんなに綺麗に咲くんだ?しかも花のような白いガクから赤い花が開き、そしてその後はピンクにもなったりと、いろんな姿が楽しめるらしい。わくわくわく…。と期待したものの。


数か月が過ぎ、うちの源平ちゃん@2016年8月。蔓だけが、ジャックと豆の木のように伸びて伸びて伸びて、一向に花を咲かせてくれないのであった。あまりに蔓が伸びるので切ってみても、またどんどん伸びてくる。育ちざかり…すぎる…。


育ってくれるのはいい。頼もしい。しかしどうしても花を一目見てみたいのが人情というもの。そこで同じくK子さんから挿し芽をもらって無事花が咲いたという友達のアドバイスに従って、思い切って切り戻してみたところ(どきどき)…。ちょうど1年後の4月上旬に気になるもの発見。
こっ、これは。花芽ではあるまいか。いやいやいや期待しちゃいかん。そう見せかけて、また新たな蔓の兆しかもしれん(ノ~~~)。


4月下旬。遂に白い花が!ではなく、これはガクなのだそう。これだけでも十分に可憐で綺麗だけれど、


5月上旬、源平ちゃん、無事開花。最初に赤い宝石のような丸い蕾が白からひそやかに顔を出し、徐々に開いていくときの愛らしさといったら。嬉しくて思わずK子さんや源平仲間に報告。
そして今、今度は私が蔓を挿し芽し、発根させて友達にあげようとしておる。あげたくなってしまうのである。こうして回りでひそかにカズラーの輪が広がっておるのだった。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/28 (Sun) 5月下旬のベランダ園芸模様


日本の園芸友がすでにトマトや胡瓜を収穫してほくほくしておる中、相変わらず遅い歩みの我がベランダ園芸@マンハッタン。間引きのプレッシャー迫りくるこぼれ種のえごま、


蔓なしのはずなのに頼りない蔓がちょろちょろ出てしかも絡まっておるのが不安なスナップえんどう、そろそろ季節的に終わりなのでは…。まだ花も咲いてないけど。


ちっこいいちじく、この鉢も室内からベランダにそろそろ出すけど、多分またショックで葉を全部落としちゃうんだろうなぁ、ごめんよ、先に謝っておくね、いちじくさん。


そろそろベランダ・デビュー待ちのししとうに、多分今から失敗する予感の桃太郎ファイト(トマトで成功したことないのじゃ)。


今のところ唯一食べられるのはニラとハーブだけ…。


ここ数年はあまりの寒さに越冬できなかったローズマリーとタイム、今年は生き延びてくださった。やっぱり今年の冬は暖かかったんだのう。


マルバルコウのこぼれ種も出てきたwithカエル王子とツーショット。食べられないけれど、ルコウソウとこのマルバルコウは花が好きなので出てきてくれると嬉しいなっと。今年はついに遂にミョウガ育成は断念じゃ。だって年間で5個ぐらいしか収穫できないし、その分大きめプランターは別の植物に使いたい…と断腸の思いの決心。ああ、いとしのミョウガ…日系スーパーで1個$3はするミョウガ…。
さてどうなるやら2017ベランダ園芸日誌。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/24 (Wed) ベランダ・ハーブたち


定番のタイムやローズマリーさん。時々ローズマリーとマリーゴールドがこんごらがってしまう。そういえば以前はコンパニオンプランツとしてマリーゴールドをよくししとうさんの鉢に植えていたけど、最近してないなぁ。園芸も流れと成り行きだなぁ…(最初から適当モード)。


コリアンダーはスーパーマーケットで安い値でどっさりと売っておるけれど、すぐに萎びてしまうので庭にあると便利便利。といいつつ、すぐに花が咲きトウがたってしまうのが難しや。毎回、申し訳なく思いながら花が咲きそうになると摘んでおる。出た芽はとるわよっ、と心を少女漫画の悪役にして。


エスニック料理に便利だとつい買ってしまうタイ・バジルだが、実際はそうタイ料理などを作らないのであった。


しかし一番需要のないものがすくすく育つという、園芸界の奥深さよ…。もう来年はいいかなと思っても、きっとこぼれ種が出てきたらまたうっかり育てちゃうんだろうな。やっぱり出た芽は摘めない…。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/09 (Tue) 防虫対策 with 珪藻土


美味しい野菜は、人間でだけでなく虫たちも虎視眈々と狙っておる。成長とともに防虫対策に頭悩まされる日々がくるのである。
定番の竹酢液はにっくきアブラーにはあまり効果なし。そこで今年は、自家製唐辛子スプレーに加えて、


こんなものも導入してみることに。食用グレードの珪藻土。数万年ないし数千万年の太古に繁殖した珪藻、つまりは藻類の化石からなる岩石のことだそうで。
土壁などに使うこれがなんとアブラムシやヨトウガ類等、害虫にも効くというから驚きじゃ。アブラーに牛乳を吹きかけるのと同じ原理で、ごくごく細かな粒子が害虫を窒息死させるらしい。これを土の表面にぱらぱらっと撒いて、事前予防。土壌改良剤にもなってくれるから一石二鳥じゃ。
それにしても英語だとdiatomaceous earth …よ、読めない、覚えられない。いつも頭の中で「アースなんちゃら」とごまかして呼んでおる。どうか虫から植物たちを守っておくんなせい、アースなんちゃら様。

◆自家製唐辛子スプレーを導入したときの記事は、こちら

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/03/08 (Wed) ありがたきいちじくさん


12日間の島旅のまえに、実った「ニュー品種(嘘)~春と勘違いいちじくさん」をありがたくいただく。殴り合いの喧嘩にならぬよう(いちじくひとつで…)薄く切って、


栄養豊富なマイクログリーンのサラダと。Momoドレッシングのぴりっとした生姜風味と、いちじくの甘さがよく似合う。
いちじくさんの大きい鉢は(選定した枝からも育ったので、現在3鉢あるのじゃ。他に柚子さんも何鉢も。お世話大変…)旅行中に水不足で葉と実を落としてしまうことが多々あるので、今年は「水やり当番」なるお助けグッズに挑戦。細い管で水をバケツから吸い上げ給水してくれるらしいのだが、初めて使うのでやや不安。…うまくいきますように。
まぁダメでも、また立ち直ってくれるから大丈夫さ、打たれ強い我がいちじくさんなら(他人事か)。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS