2018/11/21 (Wed) 再訪ガラスの森美術館


観光日はバスにゆられて、去年も行ったガラスの森美術館へと。観光地は数あまたあるのに何も同じ美術館を訪ねなくとも…とも思うのだが、なにせ美術にそう関心のない両親。母は美術より音楽ということで、ミニコンサート目当てと高齢の両親にとってアクセスが簡単ということで選んだのであった。本当は寺巡りとかしたいんだけどのう、と言いつつ、ここのガラスのすすきを見るとやはり来てよかったと思う…。


本日はお天気もよくて、きらきら光るガラスの向こうに箱根の山々も。


まずは、お目当てのコンサートを鑑賞。


モンゴルの民族楽器、馬頭琴を目を閉じて優雅に奏でるセーンジャ-さん。しかし…去年感動してCDまで買ったヴァイオリン奏者に比べて、今年の馬頭琴は母にとって関心度が低い様子。父にいたっては居眠りしておるし。私は優しくも力強い音色と旋律を結構楽しんだんだけどなぁ。


そして、ガラス作品を鑑賞。しかし少し見ただけで両親は「そこのベンチで待ってるねー」と退散。…そ、そう…。
回路の始まりには、アメリカで最初の人間国宝を授かった、ワシントン州タコマ出身のガラス彫刻家デイル・チフーリの作品。まるで海の底を回遊しているような幻想的な気分に浸れるのう。


そしてメイン展は、ヴェネチアン・グラスの礎を作った名工達の作品を豪華に一挙展示した「華麗なるバロヴィエール一族展」。ガラス職人の一族、バロヴィエール家の精巧で繊細なガラス世界に、感嘆のため息。中でもジュゼッペ・バロヴィエールの作品がもう美しすぎる。興味なし、と言っていた母も、綺麗だねぇと見つめている。


「バロヴィエール・カップ」(15世紀末の作品の複製品、1878年にヴェネチア・ムラーノ商会が制作)…これ、ほしい。ほしすぎる。複製の複製のまた複製でいいから。


デザインや建築画を見るのは好きなので、ジュゼッペ・バロヴィエールのこのデザイン画にもしみじみ見入る。この豊かな発想のデザイン画を再現しようとするガラス職人たちの情熱、その場に居合わせてみたかった。熱そうだけど(そこ?)。


ということで、今年も存分に楽しんだガラスの森美術館。まさか来年も…いやいや、次は別のところにも行ってみたいぞ。


最後に、中庭で食べたピザは今一歩であったということを付け加えておこう。やはりカンツォーネを聞きながら、レストランで食べればよかった。

箱根ガラスの森美術館
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940−48

◆去年訪ねた時の記事は、こちら

日本 | trackback(0) | comment(0) |


2018/11/01 (Thu) 鳥はどこ


NYに戻る日の朝、隊長が意気揚々と提案した。ベア・マウンテンの近くのIona
Islandにバード・サンクチュアリがあるらしいから、ちょっと寄ってみようかと。野鳥大好きの私はもちろん喜んで賛成したのだが…実際行ってみたらば、ここはどこ私は誰。


その時、我々は気づいたのであった。バード・サンクチュアリは鳥類を保護する自然保護区。野鳥がよく見られるバード・ウォッチングのエリアとは違うのだということを。鳥…保護されているだけで出てこないし、どこに行くかもわからぬ線路は続いているし。


呆然とする我々の横をどこからか現れた人々。蟹をとるのか、釣り竿とトラップを持った親子連れが線路の上を川に向かって歩いて行った。どこ…どこへ行くの。何も見えないけど。
…ここはもう少し研究が必要のようじゃ。深いなぁ、ハドソン。

北米 | trackback(0) | comment(0) |


2018/10/31 (Wed) 朝散歩続き


ハドソン小旅行、発つ日の朝散歩は、宿のすぐ横を流れている小川に沿って歩いてみる。


川の流れを眺め、


野の草を眺め、


木立のなかにひっそりと建つ家々を覗く(怪しまれない程度に~)。


カリブでもハドソンでもこんなに朝散歩を楽しんでおるのに、どうしてNYの日常ではできない、というか、やる気がしないのだろう。
これか…、誰かが作ってくれる散歩の後のおいしい朝ごはん…。

北米 | trackback(0) | comment(0) |


2018/10/29 (Mon) キャサリンさんの庭


昨日はフレンチだったので、旅の2日目の晩ごはんはイタリアンでも、と思い、トスカーナ料理の店へ@Cathryn's Tuscan Grill。このキャサリンさんの庭がまさに好きなタイプで(きちんとしていない無造作な咲き乱れ具合)、思わずうっとり。


うっとりしすぎて、ほかのお客さんに嫌がられそうなほどついカメラを向けてしもうた。そういえばミシガン旅行でも他人の庭を眺めすぎて、招き入れられたことがあったっけ。ここはレストランなので花びらに穴あくほど眺めてもオケー。


ビールには関心ないけど、瓶が可愛かったので一応撮っておくか(ビールへの上から目線か)。


前菜はズッキーニのリコッタチーズ巻き、さっぱりと美味しくこれは真似っこ決定。


エキゾチックマッシュルームのソテーとプロシュート。茸にオリーブオイルににんにく、どうやってもハズれのないお味。エルサレム・アーティチョーク(菊芋)も思いがけぬオマケのうれしさ。このあたりだと、色んな茸が取れるんだろうなぁ。いえ素人は茸狩りには決して手を出しませんがのう。


子牛のレバーにセージ風味のブラウンバター。ああ、セージ、我が家のベランダでも育てて料理にちょいちょい登場したことがあったっけ。ふわりと優しいハーブ味、また植えようかな。


私はあればどこにいても頼んでしまう大好き層野菜のアーティチョークで、パスタ。美しい庭を愛でながらの料理って、絶対割り増しのおいしさだのう。と思っていたら、蚊の攻撃にあった…。ええっ、NYCより北なのにいるのね(悲哀)。

Cathryn's Tuscan Grill
91 Main St, Cold Spring, NY 10516

北米 | trackback(0) | comment(0) |


2018/10/28 (Sun) 雑貨屋さん


アンティークショップを眺めすぎて、どれもこれもが同じアメリカン・アンティークの品々に見えてきたころ、小さなモールの一番奥でふと目に入った招き猫ののれん…。


外国人の方がやっている「なんとなーく和風」なお店かなと思ったが、お店のご主人はどう見ても日本人。おそるおそる話しかけてみたらやはりそう。お互いにコールドスプリングの町で日本人に巡り合ったことに驚いて、なんだか話が弾んでしまうのじゃった。もともとはマンハッタンにお住まいだったのが、アメリカ人の陶芸家の奥さんと一緒に自然豊かなハドソンのあたりに越してきたのだとか。


日本の雑貨に加えて、趣のある奥様の陶芸作品も。
ひと時の出会いがうれしくて、つい話し込んでしまった。「書を捨てよ町へ出よう」ならぬ、「街を捨てよ、自然に染まろう」…あこがれる暮らしだけれどきっと軟弱な私にはできないだろうなぁ。
「でも、週に一度はマンハッタンに出るんですよ」なんて言われると、なんだか妙に安心したりして。またこの町に来た時には、きっと寄らせていただこう。

Zakkaya
103 Main St Cold Spring NY 10516

北米 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS