2017/06/27 (Tue) 久々の妹わんこ


写真タイトル~わが妹の素足。いや違う、久々の妹のわんこ。一番のポイントは、「今時のスマホでここまでヘタに撮れるんだ!」と逆に尊敬さえしていた妹の写真の腕前がやや向上したことであろう。それはそれで、姉としてはどこか寂しいものである…(ねじれた姉心)。
つぶらな瞳は、むろん何かをもらえると期待に胸ときめかせておるからだそうで。そういうやつだよ、あいつは…(いつも冷たくされているので、距離を置いた態度)。
ちびより伝言「よっ、遠方の叔母さんという名の下僕よ、元気か。元気でなくとも俺様はあまり気にしないがな。まぁ何かくれるっていうならもらってやってもいいぞ」
とりあえず帰国時には土産にアメリカ産ささみジャーキーなどを買って帰ろうと思う。

◆こんな写真を年賀状に使った妹の勇気に尊敬さえ感じたときの記事は、こちら

わんこ(とにゃんこ)もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/23 (Tue) わんこへスター祭り


シーズンの5月から秋にかけて、本当にしょっちゅう覗いておるご近所のヘスター・ストリート・フェア。
あれ。本日はやたらと愛犬連れの人が多いな、と思ったらわんこデーであった。


お犬様グッズが一杯、しかし犬を飼っておらぬ私が見ても仕方ない…。目当ては、


生のわんこたち。犬か猫を飼いたい飼いたいと願いながらも、旅行や帰国で家を空けることが多いから諦めている。いやそれよりも、失うのが怖くて手が出せない臆病者。だから、人のわんこで癒されるのじゃ。ああどの子も可愛い。そしてカメラを向けると、飼い主たちが皆、我が子のもっといいポーズを見せようと躍起になってくれる姿がまた親ばかで…くすくすと可愛い。


お犬様モード全開の会場で、淡々と植物を売るマイペースなトラック、今年初の登場じゃな(通いすぎて、ベンダー模様を把握しておる)。


いつものように食べ物屋台をじーっと見てから、退散。これから、今度はへスター通りの猫カフェのウィンドウをじーーっと眺めるんだもぉん。平和な土曜の午後、眺めまくり。

Hester Street Fair
at Hester Street and Essex Street, NY 10002
お、6/3はヴィンテージ・デイらしい。また覗かねば。

◆去年の記事は、こちら

わんこ(とにゃんこ)もの | trackback(0) | comment(0) |


2014/08/14 (Thu) 駐車場にゃんこ


何年も前から何匹かが居ついておる、駐車場のにゃんこ。もちろん管理人のおじちゃんたちに、ごはんももらっている。
このにゃんこたち、柔らかな雑草が生えた場所とか日陰もいろいろあるのに、いつもよりによって暑そうなコンクリートの上で寝そべっているのである。車の下が好きらしい。オート好き猫か。もしかして好きな車種とかもあるんだろうか。ちなみに私は家の車でも、色とドアの数でしか判別できないので、しょっちゅう違う車に乗り込みそうになる…。


唐突に起き上がって歩き出すその体が、なんか伸びている…。
でもこの駐車場を含むこの辺り一帯は、LESの再開発プロジェクトによって数年以内にすべて取り払われることになっておる。にゃんこ、どうするのかなあ。というより、うちの車もどうすんのかなあ…。

わんこ(とにゃんこ)もの | trackback(0) | comment(0) |


2014/05/09 (Fri) 紐を離さぬにゃんこ


本日はK子さんのところに子猫を見に行きお昼をご馳走になり、おまけに着付けも習うという超ゴージャスプランであった。しかし着付けのコツを張り切って教わろうとするも、にゃんこたちが腰紐にじゃれつくので講義にならず…。
「んも~、ダメだよ~んん♪」と困った声出しつつ、めろめろでちっとも困っておらん私たち…。


紐は必要なのでどうにかおもちゃでごまかす。食いつきはいいほうでんがな。


てへ。


遊び疲れて放心。
Aやさんも合流して、そのまま仲良く3人でお茶の稽古にいったのだが、Aやさんはそのまま帰りにもまたK子さんのところに吸い込まれていった。おそるべし子猫!でも着付けのぴかっとしたポイントもいくつか教わることができた。ありがとん、K子しゃん。また猫と遊ばせてなー。

わんこ(とにゃんこ)もの | trackback(0) | comment(4) |


2012/10/06 (Sat) かわいそ可愛いわんこ


目がちょっとばかり傷ついちゃて、目薬と抗生物質で治療中の俺さまだ。お母さんが、遠方の叔母さんに写真を送って、ふたりで「可哀相だけど、可愛い」「カラーの色が洒落てるね」なんぞと、勝手なことを言い合ってるらしい。
もうすぐ、遠方の叔母さんはぬーよーくとかいう場所から帰ってくるからしいが、またたっぷりいじめてやろうじゃないか。
このベッドは、叔母さんが買ってくれたものらしいが、俺さまには義理とかいうものは通用しない。なにせ俺さまだからな。


でも楽天で見つけたこのベッド、リバーシブル仕様で冬はあったか、夏はさらっとした感触で気持ちいいはずなんですよ…義理とかお愛想とかもすこし覚えてほしいもんじゃよ、ちびくん(遠方の叔母・談)。

わんこ(とにゃんこ)もの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS