2018/05/20 (Sun) タパス感覚でおつまみを


胸に、眼に、しみいる長谷川等伯展を楽しんだ後は、お茶友姉妹トリオでジャパン・ソサエティ近くのThe Smithへ。わかりやすいガイドをいつも本当にありがとう~、とワインで感謝の乾杯したらば、おつまみプリーズ。
海塩で焼いたししとう、アメリカーンなバーでこういうハズれなしのタパス感覚なつまみがあるのが日本人には嬉しいのう。


大好きな芽キャベツも、あれば当然手が伸びる…。このほくほく感と苦みとレイヤー感、3拍子そろったアナタはえらい。


スパイシー・サーモン・タルタル。下はクリスピーに焼かれたライス、アボカドにスリラッチャに海苔の風味がよろしい塩梅。このクリスピーライスのカナッペ、Rokiでも食べたけれど、さくっと美味しくて何にでもあうし、しかも自分で作るにはちと手がかかる。最近の外飲みおつまみヒット作ではなかろうか。え、前からあった?


スパイシーな鴨ウィングス、辛いけれどやみつきになる味。手をべとべとにして、等伯なぞを語り合いながら、かぶりつく。等伯もびっくり。ふむふむ、味付けはメープルシロップとチポトレと五香粉か、今度まねしてみたい。


フライド・グリーントマト・リングは、焦がしアーモンド・ロメスコ・ソースとよく似あう。フライド・グリーントマトと聞くたびに、同じタイトルの大好きな映画を思い出して、いっそう美味しさが増すのう。友情と、美味しいもの。いい思い出のよき成分。
本日は楽しい1日を、ありがとう。

The Smith
956 2nd Ave New York, NY 10022

| trackback(0) | comment(0) |


2018/05/18 (Fri) レース鑑賞の後に、ちょいと焼き鳥


キプロス島の村、レフカラに伝統的に伝わる刺繍、レフカラレースにうっとりした後は、そのまま友人と近くの鳥人へ。
ここにきたら、必ず頼んでしまうルッコラと温泉卵のサラダ。野菜とじゃこを抱き込むとろーりとした温玉に抗える者はおるのだろうか…って、それは大昔の私であった。昔は固ゆで卵しか食べられなかったのだ。修学旅行の朝食の生卵も、すき焼きの卵も、勘弁かんべん、であった。なのに、どこでどうして食べられるようになったのか。きっとそこには…酒が関係しておるのではないか…と推察する(他人事)。


焼き鳥あれこれはもちろん塩で。やっぱり鳥人の焼き鳥は焼き加減、鶏の質、塩加減とどれをのっても旨いのう。
この日の飲み友、Hちゃんと杯をかわすのは初めて。私は人見知りなもので、顔見知りからサシで出歩く飲み友達にはなかなか簡単に発展しない。なんか緊張しちゃうのだ。でもHちゃんはなんだかお初とは思えぬほど、話が弾む弾む。それはきっと、美味しい焼き鳥と、共通に盛り上がれる話題が多いからだろう。和菓子作りに(色々教わるのが楽しい!)、流派は違えども茶道、そして美味しい食べ物の話。あ、園芸も。そう、食い意地は人見知りを席巻する、という真実。

Yakitori Totto
251 W 55th St, New York, NY 10019

◆姉妹店、蕎麦鳥人の記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


2018/05/16 (Wed) 饗屋さんにて、じゅんさいに心ゆらり


饗屋さんにて、久方ぶりの師匠と春のちょいと一杯(いや、一本以上…)。サービスで出していただいた里芋のマッシュは、中に雲丹の入った贅沢な一品。生くらげの滑らかなこりこり(何このややこしい表現、これでも物書きか)を味わいながら、お酒はあまやかな春の香りの真澄あらばしり。最初から飛ばしてしまう荒馬のごとき食欲酒欲を、どうどうとなだめるのが困難である…。


新鮮なお造りはきびなごぴっかぴか。真鯛は何日も寝かせたそうで、ねっとりと甘い。こういうひと手間ひと手間を惜しまぬ園さんに、心からの敬服。かんぱち、しまあじ、金目鯛、水ダコ…目が、舌が、歓びを語る。


吸い込まれそうに美しいホタルイカと帆立の新じゅんさいわさび餡に、春を味わう。こんな貴重で美しいものを、澄んだ水にわけ入ってつんでくれる方々に感謝の念をおくりたい…。


必ず頼んでしまう鮑の白トリュフコロッケを。さっくりとした衣を歯でやぶれば、なかからこぼれだすトリュフの香りと鮑の主張。色々食べたいのに、どうしてもこれを諦めることができぬのじゃ。


特製だし巻き卵、ほろほろジューシー。


蓮根餅、揚げカレーパン風味、もちもちほくほくのカレーパン味…園さんの想像力はとどまるところを知らず。ついていきます、私たち。


熱々のふぐのとベイビーポテトの揚げを頬張れば、ああ、今宵も1杯どころか1本では終わらないのであった。


最後にはすっきりと柚子のソルベを出してくださった。
ああ、美味しいものと楽しいおしゃべりで心のなかが清らかになった…ような心地であるが、たぶんそれはきっと気のせい。


最後におなじみ、園さん(@安定のヘン顔)、いつもありがとうございます。
じつは園さんも以前カリブのセント・トーマス島でハリケーンに直撃されたことがあるそうで、しばしカリブのハリケーンの威力について話弾んだのだった。あの脅威、自然のすさまじい力、わけあえる人がいて心痛くもうれしい夜じゃった。では師匠、あとちょいと一杯だけいきますか…ほ、ほんとに一杯だけ。

Kyoya
94 E 7th St New York, NY 10009

◆以前、自家製真穴子の燻製に燻製隊の血が騒いだときの記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


2018/05/15 (Tue) 22万字とよもぎ餅


これから22万字のゲラとしばらく格闘……の前の、脳に栄養分補給。日々色々あれど、自分がいま表したいことはこの文字の中にあると信じて(でなきゃ、こんな割に合わない仕事やってられん。😅)…頑張るべー。
Hちゃん、美味しい手作りよもぎ餅、ありがとね。

| trackback(0) | comment(0) |


2018/05/06 (Sun) サンデー・ブランチ@ブルックリン


ブルックリンに住む友人、作家でアメリカ文学評論家の新元良一さん宅にお招きいただき、和やかなサンデー・ブランチを。白ワイン片手にいただく、イタリア育ちの奥様のお料理がどれも絶品~😋もうお料理教室、開いてほしいほど。


もりもりと食べられるケールの柔らかなサラダはさわやかなレモン風味。


ハムやサラミをつまみながら、ワイン片手に話は弾む、はずむ。


大好物のカリフラワーのローストはパルミジャーノがいいアクセント。


野菜もとろとろでフォークがとまらない優しい味のチキンのハーブ炊きに、


自家製ペストのニョッキ。バジルの香りがもちもちのニョッキを包み込み、幸せな春の味。紫蘇とえごまで忙しくて、このところご無沙汰だったのだけど、バジル、また育てたくなってきた。


そして、私はご近所のベーグル屋「Kossar's Biary」から、ユダヤのお菓子パン、バブカを手土産に。シナモンとチョコレート風味があるけれど、迷わずチョコレートを。卵黄や砂糖とバターを練り込んだリッチな生地にチョコレートがたっぷり練りこまれて、層好きには嬉しい一品。うーん、切り分けてぱくぱくイケそうじゃ。
楽しい午後をありがとう。ドラえもん好きの息子くんによろしく♪

◆新元さんにインタビューと構成していただいた、大江千里くんとの対談の記事は、こちら

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS