2018/09/14 (Fri) ハサミ父さんへご案内


晩ごはんは、「甲殻類食べたい」「蟹ラブ~」「ケイジャン好き好き」と熱き思いを語る友たちをとりまとめて、我が町ロウアー・イーストサイドのハサミ父さんこと(このブログでだけ)クロウ・ダディにご案内。


そう、ここは以前、私が見栄を張って出された手袋をしなかったゆえに、大層痛い目を見た店だ。皆に「手袋つけるのだぞ!」と言い聞かせ、初めて自分もつけた。かすかな敗北感が指先に…。私も軟弱になったものじゃ、くっ。


今日はザリガニ目当てできたのだが、なんと本日はないというではないか。なぬー、電話で確かめてからくればよかった。
とりあえず、ハッピーアワーのグリルド・クラムやオイスター、中毒になること間違いなしのガーリックヌードルや芽キャベツ、ケイジャンフライなどのサイドを頼んだら、


Mじと私はズワイガニ1lbずつ、


Mちゃん海老1lbをオーダー。ソースは何種類かから選べるのだが、一押しはこのケイジャンソースにバターもたっぷりの濃厚なクロウダディソースで。もちろん余ったソースはお持ち帰りする所存。


Y木さんはジャンバラヤ。加えて、私たちの蟹の足を1本ずつもらってご機嫌さん。
いつもは弾丸トークな私たちであるが、手先の忙しさに気を取られややおとなしめ。といっても無口までは程遠い、それが我々のレベル…。にんにくたっぷりのソースにまみれた蟹も美味しかったけれど、次回は予習をしっかりして、ザリガニ・リベンジいたしましょう。

Claw Daddy's
185 Orchard Street, New York, NY 10002

◆お持ち帰りしたソースでパスタを作ってみた記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


2018/09/11 (Tue) ラドロー通りでディナーを


昨晩はとっても可愛い夢を見た。マヤという姿かたちが変幻自在の可愛い小猿と遊んでいる夢である。ああ、なんと可愛く不思議な生き物だったことか。多分これは、今読んでいる中島京子さんの『かたづの!』に出てきたお猿の影響だろう…。
しかしこんな暢気な夢を見たからといって、心中穏やかかと問えばそうでもない今日この頃の晩ごはんは、ご近所のディナー・オン・ラドローへ。まぁアメリカにありがちなそのまんまの店、つまりはLudlow Stにあるレストランである。


しかし、ふっふっ、私は知っておる。本当の住所はディランシー通りなことを。ラドローの方がおされなイメージなので詐称したのだな。などと毎度余計な詮索をしながら、シャンデリアのもとで自分たちの世界に浸るカップルをよそ眼に、メニューの文字を読み込む我々(老眼)。


まずはフライド・ピクルスを。うちも常連のピックル・ガイさんのピクルスに衣をつけ、かりっというより、がりりっとワイルドに揚げたピクルス。硬派な衣の下から染み出る酸っぱさがたまらない。メンフィスで食べて以来、好物になった前菜だ。


野菜は、サラダよりはサイドディッシュから選ぶ方が好み。この日はローステッド・スクワッシュを。柔らかにローストされたスクワッシュの控え目な甘みに、ネギとキャンディード・ピーカン、ゴートチーズ。この組み合わせ、いただこう。そうそう、生のネギもNYではあまり見かけないが、南部では丸かじりしたりするらしい。


私は4種のフレーバーを選べるジャンボ・ウィングスから、タイ・スパイシーと迷ったけれどやはりここはベーシックにソルト&ペッパーで。たいていはバッファローソースなので、こういうシンプルなのがたまには嬉しい。ブルーチーズ・ディップをたっぷりとぬぐうようにつけ、口に頬張ればジューシーなチキンが口内を弾く。ああ、私はやっぱり鶏が好きじゃと確認する一瞬。


ブリック・チキン。つまりは煉瓦を重しにして(本当に煉瓦ではないだろうが)じっくり焼いたチキン、大好きなロシアのチキン・タバカと同じ原理である。下味もしっかりでしっとり美味しい。皮はもう少し香ばしいとなおよろしいが。
チキンの焼き方といい、揚げピクルスといい、南部の香りをまとうのはシェフが南の出身なのだろうか。上の階のDLはパーティーモードのラウンジらしく、おされな方々が上がっていくけれど、下は落ち着いたダイニング、ご近所にあって嬉しい店だのう。

Dinner on Ludlow
95 Delancey St. New York, NY 10002

◆以前来て、トリュフ入りマック&チーズに喜んでおる記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


2018/09/09 (Sun) 雪だるまの後の丼屋


MoMAで冷凍庫におさまった雪だるまを鑑賞するも、猛暑の中庭だったので一瞬で涼が過ぎ去ってしまったのは、まだ訓練が足りないのだろうか。などと軽く反省しつつ、晩ごはんはミッドタウン西に来たらふらりと誘われてしまう丼屋へと。男のだいどころ、女だってお邪魔したい。むしろ最近のNYの居酒屋はアジアの女性客強しである。


ポン酢にひたった細切りオニオンサラダ、これはさっぱりと嬉しく、吹き飛んだ涼がさやさやさやと戻ってくる。ちょっとラー油などたらしてもよろしいかも。


つやつやのシマアジ刺、これまた舌にねっとりひんやりとありがたい。この店は寿司居酒屋ではないから種類は少ないけれど、その日の魚を選べば鮮度に失敗はなしなのが安心じゃ。


さぁそろそろ冷房の効いた居酒屋で、冷酒片手にエンジンがかかってくる。ごぼうの天ぷら明太子ディップ、このディップが体裁ではない辛さで繊維質摂取に拍車がかかる。


またまた揚げ物、安定の唐揚げ、と思ったがあれ、今日はちょっと衣が白っぽいかな。片栗粉の衣は白くなりがちだが、前回はちゃんと黄金色だったな。しかしこちらの下味は好きな味、おいしくいただく。


本日は肉料理を選んでの定食セット、ではなく、最後にどどんと焼き肉丼。こういう美味しい牛バラってなかなかこちらでは見かけないなぁ。丼屋さん、ミッドタウン・ウエストだけでなく、ロウアー・イーストにもぜひ来て、男だけでなく女の台所になってくださいませ。なんてことを書いていたら、ふっと矢野顕子さんの「ラーメンたべたい」が脳内に流れてきた。
  男もつらいけど 女もつらいのよ~♪
だから癒しの居酒屋が必要なのじゃ、人生には。

Donburiya
253 W 55th St, New York, NY 10019

◆前回のMoMAからの丼屋さんの記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


2018/08/29 (Wed) バランス良きつまみで、渡舟


お茶仲間&和菓子作り仲間のHちゃんとお初の店、帝水にて晩ごはん。お酒はこちらの渡舟、純米吟醸濾過前五十五。絶滅品種となっていた酒米「渡船」を現代に甦らせた蔵元が自ら杜氏となって仕込んでいるのが、この渡舟。55%精白で、ていねいに搾られたお酒を濾過する前に瓶につめたものだとか。すっきりとした飲み口の中に、甘やかな香りでHちゃんと即座に「おいしい~」と口をそろえる。


とくると、当然つまみも酒に合うものがほしくなる。いぶりがっこにチーズは定番だけれど、本日はブリーとの組み合わせ。クリームチーズほど濃厚ではなくこれもまた旨しくん。


畑のキャビア、ぷちぷち感が楽しいとんぶりと山芋とわさびを合わせたものは、実家に帰ると必ず作る一品なので懐かしい。とんぶり、日系スーパーに売ってるかのう…売っていたら作りたい。


真鯛きゅうりはおろした胡瓜と柚子ビネグレットの香りが爽やか、夏のお刺身はこんな涼し気な味がよいな。


焼き鳥は私がせせりに皮に手羽を選ぶと「ともそん、大人の選択~」と言われる、そんなH子ちゃんはささみにつくね…マッサージセラピストのわが友はマッサージに関しては時代の先をゆくが、食に関しては保守派なのである。じつは新しい焼き鳥屋を開拓したくてこのお店に来たのだが、肝心の焼き鳥は…うーん、可もなく不可もなく。焼き鳥目当てなら鳥心か鳥人を選ぶかな、という感じであるが、ほかのつまみがバランス良いので、なかなか捨てがたし。


巻物はあればつい頼んでしまうソフトシェルクラブ巻きに、


スパイシー帆立。お、容赦のないスパイシーさが好み。美味しい酒をすすりながらも、お茶に和菓子、人間模様の難しさ、あれこれと波線を描きながら会話は進む進む。そう、人間模様は難しい。バランスが保たれていたと思っていても、それはこちらの思い込みなのかもしれない…もっと細心の気を配らねば切ない隙間ができてしまうのかもしれない。つまみの選び方より難しいのは、さても人間様なのだのう。

Teisui
246 5th Ave New York, NY 10001

| trackback(0) | comment(0) |


2018/08/24 (Fri) 麺くい亭にてさくっと唐揚げ


お茶の稽古で貴人点薄茶と格闘した後は、柳さんのギャラリーにて朝倉完さんの素晴らしい花と花入れの調和の妙に眺め入り、目の保養、心の養生をしたのであった。綺麗なものが入ってきたあとは、おなかがすくのう。
と、友人と麺くい亭にてさくっと一杯を…。こちらもさくさくな唐揚げ、下味もしっかりきいて好きなタイプじゃ。


胡瓜浅漬け、こういう普通のものが美味しいのは、うれしい。上に乗っている糸唐辛子がほしいのだが、マンハッタンの日系スーパーで見かけたことがない。ミツワに行ったらあるんだろうか。有料道路の通行料でほっそーい糸唐辛子の1本が$1ぐらいになりそうだけど…。


焼き茄子にお酒は田酒。香ばしい茄子の旨みを味わうために、削り節はもう少し控えめでもよかったなぁ。
美味しいお酒にシンプルなつまみで、べつの流派ながらも同じくお茶をやっている友と花やお茶の話が尽きない。和やかなミッドタウンの夜。

Menkui-Tei
58 W 56th St, New York, NY 10019

◆朝倉寛さんの花と花器展の記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS