2018/10/12 (Fri) Rikiにて居酒屋ごはん


本日はとっても久々にNJに住むJ&A夫婦とRikiにて居酒屋ごはん。アメリカンの友達と久々に会うときは、この店が便利なのじゃ。なんといっても居酒屋メニューが充実しておるし、個室をお願いすればゆっくりと喋れるし、明朗会計のノーチップ制。


お酒は好きな巽蔵を。といっても、彼らは飲まないし、隊長はビール派なのでこれを飲むのは私一人…いやいや、1本飲みませんよ。余った分はお持ち帰りしますって(誰に言いわけをしておるのか)。
すっかり家庭人の彼ら、今日は子供たちをベビーシッターに預けてわざわざマンハッタンまで出てきてくれたのだった。ああ、何年も前は毎週マンハッタンで飲んだくれていたのが懐かしや。ちなみに旦那さんは、HPの旧おひるね日記でよく飲んだくれとして登場していたJ坊である。ああ、人って変わろうと思えば変われるのね、いつまでも同じ場所をうろうろしているのは私だけなのね。


もちろん彼らに割り勘負けさせちゃいけないからのう、お会計もあらかじめ分けてもらう。酒飲みは、飲まない人にこれでも気を遣うのである。こちらは私のシマアジ刺、大抵は光物はスルーされるのだが、生まれはロシアのAちゃん、「あ、それ美味しそう。私も頼む~」と。NYで数少ない光り物愛を分け合える時の嬉しさといったら。脂ののったシマアジ旨し。ああ、ロシア料理の美味しいマリネ鰊も食べたくなってきた。


蟹カマじゃないよ、本当の蟹だよ、と毎回遭遇するたびに言いたくなる蟹サラダ、ドレッシングがスパイシーでつまみとしてもイケるのう。


国籍問わずだれにでも人気のさくさくなれんこん揚げ、J&Aにも受けていた。


椎茸と海老のアヒージョ、私の真似して彼らも頼んだのだが、「にんにく効きすぎ…」と。ええー、美味しいのにのう。というか、にんにくの効いておらぬアヒージョって物足りないぞな。


豚バラに鴨わさび串焼き、そして皆が蕎麦で締めくくる中、魚卵で締めくくる我。相変わらず歩調は合わないが、これもメニュー充実な居酒屋の楽しいところなのだった。
長い付き合いの彼ら、子育ての真っ盛りで忙しいのでなかなか会えなくなってしまったけれど、今度はミツワの買い物がてら、NJに行くからねー。

Riki
141 East 45th Street, New York, NY 10017

◆以前Rikiに来た時の記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


2018/10/08 (Mon) 正しきビーフタルタルのメソッドとは


すべてのエネルギーを苦手な書類記入業務に費やし、抜け殻…。しかも日本のダウンロード書類はA4設定、こちらの用紙はレターサイズのみでまた印刷で四苦八苦…。残りのエネルギーを悪名高きアメリカの郵便局に費せば、きっと燃え尽き症候群。
そんなへろへろに力尽きた日の晩ごはんは、活を取り戻すために才ある陶芸アーティストかつエレカシ仲間なAちゃんと居酒屋飯@メソッド。
まずは、炙り明太子なんぞつまみながら、上喜元で乾杯。炙り加減も絶妙な明太子に美味しい吟醸酒で、書類のマス目に吸い取られたエネルギーが充電されるのを感じるのう。


お酒の注ぎ具合の少なさに衝撃を受けたので、すぐさまグラスから四合瓶に作戦変更、今度は天狗舞吟醸で。茸サラダはくたりとクリーミーにソテーされた茸に、胡桃のアクセント。旨し。昔町田の焼き鳥屋さんの茸サラダが美味しくて通ったものだが、そこの店のアプローチに似ている。真似っこメモ帳に(心で)書き記そう。


本日は、これが食べたくてやってきた。友人お勧めのビーフ・タルタル。光物にはそそられても肉物にはそうそそられないのだが、食の趣味が合う友人絶賛となると話は別。おおお、これは美味しい。まったり上質な牛肉のぬめりにうずら卵。玉ねぎ、胡瓜、らっきょうの歯触りもよく絶品なのである。そう、美味しいビーフ・タルタルのメソッドとは何だろうかといえば、きっと肉の質とそれをどう盛り上げるかの密なる方式なんじゃろうなあ。


焼きタコのグリーンソース、タコと爽やかなソースの緑に雲丹、夏に涼をよぶレイヤーの魅力よ。


あと一品、というところに友が選んだのは、つくね。温泉卵をまとわせて口に入れれば、あらいつの間にかボトルも空いておる。
そういえばいつも飲み会で顔を合わせているのによくよく考えたら、サシ飲みはお初だったなぁ。あれこれ話題がありすぎて、エレカシまでたどり着かなかったのが無念じゃ、次に期待…(で、帰ってから早速宮本くんのイカす写真をインスタで送りあって、やりとりする我々。中学生かい…)。

Method
746 10th Avenue, New York, NY, 10019

| trackback(0) | comment(0) |


2018/10/06 (Sat) タイ料理でBYOB隊


本日は、いつものお酒持ち込みOKの店を愛するわれらがBYOB隊集合で、タイ料理を食べながらある問題について真剣に検討しようではないか、という緊急集会であった。


Laab Grounded Chicken Salad、タイの鶏ひき肉のサラダ、ラープをまず。マンゴー、紫玉ねぎ、そしてスパイスたっぷりのこのサラダ、穏やかな見かけによらず本格的に辛くてうまし。いそいそと開けた持参の白ワイン(むろん1本ではきかぬ)が軽やかに目減りしていく…。

Sliced Crispy Duck、クリスピーに焼かれた鴨に、にんにくとチリ、これ もぱりっとバジルの葉が嬉しきアクセント。


そして甘めのパドタイよりも断然お気に入りなPad See-Ew、パッシーユ。幅広米粉ヌードルのセンヤイの黒醤油炒めだが、きしめん風の麺にしみ込んだコクがたまらず、もちろんこの時点で2本目のワインはとうに開いておるのであった。
そして、肝心の問題は皆が知識がないもので、解決策見えず。三人寄れば文殊の知恵……が、出ない。どう頭を振っても、出てこない……。かわりに、Nシーの怖すぎるサイコなルームメイト話に話題はふらふらと。私も、ルームメイトとシェアしていた頃は苦労したものだが、一見して解らぬサイコな人間というのはいるものだなぁ。昔見た映画を思い出しながら、こちらも文殊の知恵をひねりだそうとするBYOB隊であった。

Lui's Thai Food
128 E 4th St, New York, NY 10003
◆前回、スリランカ料理のはずがこの店になった時の記事は、こちら
◆今まで訪ねたBYOBレストランは、右下の検索窓で「BYOB」と入れてもらうと、でてきますよん♪

| trackback(0) | comment(0) |


2018/09/25 (Tue) スリランカ風蟹カレー


見上げればそこに、派手なキラキラが…本日は、この派手な窓が目印なスリランカ料理屋のSigiriさんへ、ロシアン手下とワイン持ち込みで参上。
本当はモスクワから息子を訪ねている手下ママも来るはずだったのが、体調が悪いとのことで断念。私のことをトマチカ、トマチカと可愛がってくれるとてもやさしいママなのに、残念…。早く元気になりますように。


まずは食い意地のはった(私もだが。あ、だから長年の友達なのか)手下がじーーっと穴の開くまでメニューを眺めているのをなだめ、前菜で乾杯。Gothamba Roti(ビーフ)はたっぷりポテトと牛肉のつまったロティ。ジューイッシュのクニッシュみたいなものだのう、のっけからおなかにたまる…。この店、おいしいのだが野菜のメニューがほとんどないのが惜しいのだ。スリランカンは野菜嫌いなのであろうか。


String Hopper Kotthuはビーフをチョイス。一見ライスだけれど米粉のヌードル状のホッパーを玉ねぎ、キャベツ、トマト、卵と炒めたもの。様々な素材がスパイスとともに見事に溶け合ってうまうま。こんもりしたホッパーの山にスパイシーなグレイビーをかけて崩しながら食べるのが止まらない。


初めて頼むSri Lankan Crab Curryは蟹の殻が食べにくいけれど、まずは蟹をお皿に盛ったら、


その後についてきたバスマティライスを投入して混ぜ混ぜ。この蟹カレーの旨味と辛さがじんわり溶け込んだお米がもうおいしいのなんの。食べきれなかった自分の分のライスを持ち帰る私を「全部、俺にくれ…」と恨みがましい目で眺める手下。具もない蟹ライスからあやうくいじましい喧嘩が勃発しそうであった。
手下ママがモスクワから持ってきてくれた鱈子と鱈肝の缶詰、いくらの缶詰などをいただき、私も手下ママへのお土産を託した。いただいた中に、ものすごーーく派手なピンクのブラウスが入っていたのだが、いくら光物好きといっても着るには勇気のいる代物である。こ、これが私の好みそうな服の印象なのだろうか。
その真偽を尋ねるためにも、今度会える時までにはもう少しロシア語を勉強しておこう…、うん。

Sigiri
91 First Ave. New York, NY 10003

◆以前、エビカレーを食べたときの記事は、こちら

◆今まで訪ねたBYOBレストランは、右下の検索窓で「BYOB」と入れてもらうと、でてきますよん♪

| trackback(0) | comment(0) |


2018/09/23 (Sun) 世にも豪華な、3者会談という名の持ち寄り会と毒見の恐怖


本日も~酒瓶抱えてソーホーへ~。今宵は(今宵も…)H師匠とAぴとの3者会談という名の、世にも豪華な持ち寄り会じゃ。


師匠作の帆立の燻製がしみじみ旨すぎて、燻し香が目にしみるぜ。これはわが燻製隊の名誉会長として、今後もご指導いただきたい。


そして、これまた美味しすぎる濃厚なポテサラに、


「さっと作っただけ~」とおっしゃるオクラの浅漬けが、また止まらない。このさっと火を通してオクラの食感を残した感じが素晴らしすぎる、とせっかくレシピを聞いたのに…そして、それはとても簡単だったのに…。今となったは思い出せないのが無念じゃ(酔っ払いあるある)。


Aぴが買ってきてくれた名店のローストビーフがとてつもなくしっとりで、口の中がときめきのバラ色に。私もいつか挑戦してみたいローストビーフ、でも手を出せずにいるのはなぜかといえば、ぱさぱさになりそうな予感がひしひしとするからである。そしてこういう時の予感だけはとてもよく当たるのである(悲哀の預言者)。


好物のとろけるブッラータや食感のいいオルゾサラダ、ビーツのサラダも嬉しすぎる。こうして和や洋がカジュアルに楽しめるのもポットラックの楽しいところだのう。


そしていつものごとく私は「お茶の稽古の後だから、凝ったもの持ってこれなくてー」と定番の言い訳とともに、とっても雑ないちじくとグリルチーズのプロシュート巻き、


揚げと大根とブロッコリ茎の炊いたの、こんにゃくとイカ巻きとひよこ豆煮などを。不揃いの千切りみたいなこんにゃくの切り方が斬新だと師匠に褒められちゃった、えへへ(いや、褒めてない気も)。「ひよこ豆入れるっていうのも新鮮」「あ、それはカナリー豆にしようと思ったら、なくて…」なんかすみません…こんな丁稚で。


そして和菓子教室で作った出来栄えに自信のない錦玉かんも、二人にお毒見してもらったのだったが、案の定「見た目は綺麗なんだけどね、うーん…」。
正直な感想を言ってくれるのが、友のいいところじゃ。はい、すみません、もっと精進いたします。これからもお毒見してねーと明るくお願いすると、不安に顔をちょっぴり曇らせた我が良き友二人であった…。
この模様は面白いので(友にとってはいい迷惑)、今度ゆっくり小説すばるのエッセイにでも書こうと思います。

★今までの世にも豪華なポットラック・シリーズは、右下の検索窓で「世にも豪華な」と入れてもらうと、でてきますよん♪(枕言葉と化したシリーズにいつの間にかなっておる)

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS