2019/08/18 (Sun) また来て、ウールー


1週間前にも友人達と来たUluh、またしても来てしまった。どれだけ好きなんだ、という。でもチャイナタウンの店に比べモダンで小綺麗だしメニューも豊富で洗練されておるし、といいつつ、ほとんど同じもの食べているんだけどね。
さて、いつものピリ辛酢キャベツをまずツマミがわりに、と思ったら…、なぜだか間違ってキャベツのにんにくソテーが運ばれてきた。これも美味しそう、ということでキープ。こうしてワンパターンな私達の注文は広がっていくのだった。


ハズせない2つ、謎の生姜ふりかけが食欲をそそるクリスピーシュリンプ・ジンジャーと、


ダンダンヌードル。いつもおかわりしたい、と思いつつ、しないのがエラいな、私達(その分他の物をたくさん頼んでおるが)。


ワイルドチャイブと豚バラのソテーも確か先週も頼んだんじゃなかったっけ? でも毎日同じものを中華料理店で食べるおじさんもよくいるし、まぁよしとする(勝手に自分達をおじさん化)。


だが本日はいつもはあまり頼まないデザートに挑戦(私以外の皆さんはお酒を飲まず、甘党なのだ)。でも私は知っている。このメンバーはデザートをはずす率が多いことを。激マズ餅アイスや見かけだけのたい焼きパフェの記憶が蘇る中、やってきたのはこの不思議なライチ?のデザート。微妙な幾何学模様に、添えられた果物の半端感…してお味はというと、皆口をそろえて言い放った。「…今一歩!」。いやぁUluhは今まで褒めたたえてばかりだったから、いいよね、こういう抜け感も…あ、私は食べないけど。
そして微妙な味と感触のデザートを前に、皆のリローション計画について意見を出し合う。皆して「やっぱり老後は友達と近くに住みたいよねー、同じアパートの一部屋ずつとかさ」そして今と同じく美味しいもの食べて寄り合い…理想だのう。そこにはきっとイケてないデザートもついてくるに違いない。

Uluh
152A 2nd Ave, New York, NY 10003

◆1週間前に来たばかりの記事は、こちら

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


2019/08/12 (Mon) いつものダンダンヌードルとサム


長いこと、PCのメモ書きにすごく簡単な日記を書いている。何を食べたとか今日はスーパーに行ったとか数行の覚書みたいなものだ(それがHPのおひるね日記になったのだ)。
で、今日は友人達とここ最近お気に入りのイーストヴィレッジのレストラン、Uluhに行ったわけだが。日記には「久々の4人でティーハウスという名の店でサムを飲もうよ会@Uluh」とある。サム…サミュエル・アダムズ?いやいやビール飲めんし。まぁこの流れでいくと、ティーハウスなのに酒飲みましたってことなんだろうなぁ。でもカタカナでサムと書いて気付かぬ自分の適当さを見た思いである。
さて本日は今まで頼んだことのない小籠包からスタートじゃ。専門店にはジューシーさも風味も負けるけど、それなりに旨し。点心が揃っているお店なのに、つい定番で頼みたいメニューが多すぎて、頼まずに終わってしまう。


その定番メニュー1、Crispy Shrimp with ginger、どっさりと生姜風味のふりかけがのったこのかりかりの海老が旨すぎてはずせない。


これもお初の茄子のガーリックソース炒め。つやっつや、とろりの熱々な茄子にはごはんが欲しくなる。が、ここはサム、いや酒で食べるのが、BYOB会のたしなみじゃ。


ここで皆さんの顔色を見ながら豚肉料理系を頼むのがいつもの私の流れである。今日のメンバーは(も)、豚足ダメ、らしい。豚足ダメな人の率が世の中になんと多いことか。そこでワイルドガーリックの葉と豚バラ炒めをEちゃんの提案で。うん、ここの豚バラは何を食べてもかりっと炒めた肉とスパイシーな風味の取り合わせが抜群。


味のはっきりしたスパイシーな料理が多いので、やっぱりご飯ものもほしくなる。炒飯好きのNシーの所望はシンプルなもの。Uluhフライドライスは1種しかないが、具と米のバランスもちょうどよいぱらっと旨い炒飯だ。


そしてもちろんこれを食べなくちゃ終わらない、定番メニュー2のダンダンヌードル。よーく混ぜ混ぜ、あっという間にみなの箸がのびるのびる。
…実は、1週間後にもまた来ることになっている。SNSに載せると、友人達から「私もいきたーい」とリクエストがくるのだが、もちろん「この前いったばかりだから、もう少し後にしない?」なんて言わない私。毎週でもOKって、どれだけ好きなんであろうか…。

Uluh
152A 2nd Ave, New York, NY 10003

◆初めてで、空気を読まずに豚足を頼んで大満足しながら恐縮した日の記事は、こちら

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


2019/08/07 (Wed) 禁断のフォアグラ餃子


博多TonTon時代からファンだったKojiさんがシェフを務めるJuku Izakaya、念願の初訪問。ちなみに二階はKazuoさんが美味しい寿司を握っておられる。
サービスで出していただいた帆立、ありがとうございますっ。水分の多い帆立をこのようにクリスピーに焼ける技の素晴らしさ。上にのったタプナードちびちび舐めるだけで、お酒が進むのがこまっちゃう。


スパイシー帆立ロールの帆立の新鮮度が半端ござらぬ。幸せの帆立砲。文春砲は不吉だが、帆立砲、光物砲はどんどんいらっしゃい。


これを禁断と呼ばずして何と呼ぶ、なフォアグラ餃子、表面かりっ、中からとろけるフォアグラの下の餃子は「揚げ」である。揚げ、にフォアグラ。もうなんとでもして、なところに、


ロブスターと雲丹のマック&チーズ! すべて好きなものが集まるとただの寄せ集めにはならず、新たな輝きが増すというお手本みたいな料理だのう(美味しすぎて、自分でも何言ってんだかわからんわ)。
あとは、ここにTonTon名物の豚足とレバ刺しがあればさらに嬉しいんだけどなぁ…(と、さりげなくリクエストしてみる)。


落着きを取り戻すため、スイスチャードの炒めものなど。これはまぁ普通に落ち着ける味で、平常心に戻った。あー楽しかった、食の観覧車(今、地上にゆれる足元で降りました、みたいな)。Kojiさん、ごちそうさまでした。

Juku Izakaya
32 Mulberry St, New York, NY 10013

| trackback(0) | comment(0) |


2019/08/01 (Thu) エセックス市場で買い食い日


春にデランシー通りの反対側に移転して、ぴかぴかになってさらにテナントも増えたエセックス・マーケット。友達とこちらで待ち合わせして、


一番人気のドミニカンフードの店でフライドチキンとフライド・グリーンプランテンを買い(チキンが日本のから揚げの味で絶品、しかも大盛!)、


中近東の店からは好物のロースト・カリフラワーを調達。友達はクラフトビールのカウンターにて、まだリカーライセンスがないとのことで、ノンアルコールのIPAを。アルコールなしだが、これがおいしい!と感動していた。これらを手に、階上のイートイン・コーナーへ。


野菜にトレジョで買ったスパイシー・ハマスもこっそり追加。
二人して「あの古めかしい旧市場が懐かしいよね」と追憶に浸りながらも、今までしょぼいイートイン・コーナーしかなかったのでこのスペースには感謝。究極の充実買い食いBYOBに、これからも活用させてもらおうっと。でも最近ますます混んできて、席が取りにくいのが難だのう。

Essex Market
88 Essex St, New York, NY 10002

軽、早、外 | trackback(0) | comment(0) |


2019/07/28 (Sun) 愉しやハッピーアワー


今宵はWokuniにて酒ソムリエCちゃん、和菓子職人Fちゃん、これまた和菓子作りの上手なHちゃんと愉しやハッピーアワー・食いしん坊トーク。気づけばそれぞれ流派のお茶仲間でもあるのだった。お茶に和菓子、繋がっているから内二人は初対面でもこんなに気が合うのかしらん。
そして、このWokuniのハッピーアワー、とってもリーズナブルでありがたい。生牡蠣4個にお酒、もしくは唐揚げ枝豆セットにお酒で$10!そこで皆して、唐揚げセットを頼み、


さらにハッピーアワー値段の牡蠣もたっぷり注文。よくあるハッピーアワー用のしょぼーい牡蠣でなく、ちゃんと質のいい牡蠣なのがうれしい!そしてあれこれつまみも酒も追加…。こうして会話も胃袋もハッピーな時間は過ぎていったのじゃった。あー、和菓子の達人の方々にきくお話がためになったなぁ。
ちなみにこのお店、新鮮な魚も売っているので、Cちゃんは新鮮ないくらなどもゲット。私も買えばよかった…。それにしても私は「ハッピーアワー」という言葉を好きすぎる…。

Wokuni
327 Lexington Ave, New York, NY 10016

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS