2018/02/12 (Mon) 世にも豪華なポットラック鶏団子鍋会


勝手に「世にも豪華なポットラック会」と命名し、今か今かとお呼ばれするのを待っている、そんな受け身な人生を日々送っている私であるが、数か月ぶりにお誘いキタキター。前回、前々回のたこ焼きナイトから一転し、寒い冬にはやはり鍋ナイトだそうで。
しかしたこ焼きがあまりにインパクトがありすぎたためか、グループメールのタイトルが「タコクラブの皆様へ」となっている。いつの間に…タコ。
それにしてもH師匠、うどんが山盛りすぎませんかい…。


本日はH師匠が鶏をさばいてとってくれたスープに、N子さんとEちゃんが買い出ししてきてくれた材料で鶏団子鍋。さばいた後の鶏でさっと一品箸休めを作ってしまうところも、さすがプロの料理家H師匠じゃ。


私は大根のすぐき菜漬けあえ(みりん、ごま油をプラス)、アリコヴェールの胡麻和え、エイヒレといった、まんま酒のアテと獺祭持参。そしてエレカシ好き仲間のAちゃんの絶妙セレクトなチーズの数々は、チーズ屋の店員から色仕掛けで聞き出したそうである(本人談。ただ勧められたものを買っただけという説もあり)。


鶏ひき肉にニラとねぎみじん、秘伝の調味料数々でつくられた鶏団子が絶品すぎて、この身が団子になるまで食べ続けてしまいそうである。


いつも美味しいご飯ものを作ってきてくれるAちゃんの、しっとり甘くてふんわり旨いお稲荷さん。お土産分までいただいてしまって、感謝でございます。うれしすぎて一緒に「今宵の月のように」歌っちゃうぞ。


師匠のほうじ茶プリンにお土産の羊羹で、甘いもの腹もしみしみと満たされる。今宵も笑い、話し、食べ、飲み、楽しすぎてやはり師匠のお宅をおいとまする時は日をまたいでしまうのであった。そしてすでに次の会の予定まで練りだす私たち。飲み会の約束って、なんて人生に安心感を落としてくれるんだろう(酔っ払いには)。タコクラブ万歳。

★今までの世にも豪華なポットラック・シリーズは、右下の検索窓で「世にも豪華な」と入れてもらうと、でてきますよん♪(枕言葉と化したシリーズにいつの間にかなっておる)

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/07 (Wed) ちくわぶ求めて、数千里


本日はいつもの謎のシール大好き4人組で寒い夜におでんを食べようよの会のため、零下8度の中アッパーウェストへ。
ここで問題が。
前回会ったときに「ちくわぶ」の話になったのだが、西のMちゃんは馴染みがない。東の私たちは「えー、ちくわぶ入れなきゃ」という話になったのだが、これがなかなかNYでは見つからない。Mじが出かけたダイノブにもなかったそうな。そこにYさんが燦然と白く輝くちくわぶを持参してくれたのであった。「ぶ」探しに奔走してくれたYさん誠にありがとう。「ぶ」がつくかつかないかで、全然違うものね、時代は「ぶ」だよね。
こちらはその英雄Yさんのビーツとブロッコリ、アスパラの胡麻和え。濃厚な練りごまの絡んだたっぷりの野菜が嬉し。


漫談もできるジャズ・ピアニストMちゃんお得意のセロリきんぴら、早速作り方を聞いたら世にもアバウトなレシピ説明が返ってきた。よし、アバウトに挑戦してみようっと。


私は和食ナイトの空気を読まずにブッラータとラディッシュ、ルッコラと胡桃のサラダなんぞを。


そして、待望、ちくわ「ぶ」入りのおでんを、Mじが用意してくれた。Mちゃん、「ちくわぶ、イケます…」と。Yさん、「また買っておくね」と頼もしい一言。これからもこのメンバーでちくわぶの限りなき魅力を追求していこうと固く誓いをかわすのであった。


Mじが作っておいてくれた大根の葉のお惣菜が、


Mちゃんのほかほか五目炊き込みごはんにしみじみ合いすぎて、ねっちりしたちくわぶがおなかにたまっておるのに、さらにご飯もりもり。
足元では、スペインの海辺からやってきたMじの新しい家族、わんこのブライアンが律儀に一人一人の足元を逆時計回りに何度ものぞき込み、ごはんねだっておる。ういやつじゃ。そしてこの日の話題は自然に「将来もここ(NY)に住む?それとも日本?」と在米日本人にありがちな問いかけになったのだが、「うーん今考えてもどうせ変わるかもしれないし、わかんないよねぇ。てへ」の結論に至るのは4人中、3人が自由気ままなみずがめ座だからか。


私以外の3人は下戸、みんな、私を仲間はずれにしないでくれてありがとうっ。と、お酒がたっぷり入った獺祭のケーキをそっと差し出した。しっとりスポンジからたちのぼる獺祭のふくよかな香り。お、みんな、酔わずにおいしく食べておる。早くこっち側にきておくれでないかい…(手ぐすね引く老婆の声音で)。

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/03 (Sat) あったかき肉まん


厳寒の朝。朝食抜きでの健康診断の後、ふらふらと引き寄せられて入った店の


蒸したて肉まんの…、


しみじみとうまきことよ…。
腸粉も有名なようなので、今度はそちらも挑戦したいのう。次の健康診断の時にでも。

Delicious Bakery
139 Hester St. New York, NY 10002

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/02 (Fri) 予定変更タイ料理


体がかきんこきんに凍りつきそうな零下の冷え込みの中、クリントン通りを北上して晩ごはんを食べにイーストヴィレッジへ。
ロシアン手下がグルーポンで見つけてきた店で待ち合わせ。お得!と思っても、ビジネスがうまくいってない、もしくはオープンしたての店が集客のために出すケースがほとんど、がっかり率も高い例のクーポンである…(やや不吉感漂う冒頭)。
しかも震えながらようやく辿り着いたと思ったら、店が閉まっておるではないか! 貼り紙を見ると臨時休業らしい。手下のやつ、予約を入れるか事前確認をしなかったのだ。しかもやつは遅れてのこのこやってきた。
「だって数日前には開いてるって言ってたからさぁ」と言い訳する手下をぷりぷりと引っ張り、通りを戻って目についたタイ料理の店へ(前置き長くてすみませんすみません。この怒りをフォーエバー書き留めておきたくて♪)。
なんだかスポーツバーのようなタイ料理店だのう。さすがおされといなたさの入り混じるLES。


まずはソムタム。しゃきしゃきのグリーンパパイヤにしみ込む、辛さの中に甘さ漂うタレ。ピーナッツの風味。普通にイケる。これがおいしくなかったら、お父さん、ちゃぶ台ひっくり返すところである。ニ・ハラショーと逃げても許さんのである。


ぴりっと辛いロングホット・チリの効いたダックのバジルソース。香ばしく表面を焼かれた鴨肉もふんだんに入り、スパイシーなソースの絡んだ野菜も歯ごたえ爽快。ワインのボトルも安いし、アメリカ人向けな味つけなものの、なかなか悪くない。徐々に空腹もおさまるとともに怒りもおさまり、さらに粒マスタードとCDなどもらって落ち着くのであった。人間これ単純。


蒸しライスヌードル追加で、そっちの方が多くとった、いやそっちが多い、と小学生レベルの言い争い(安いのだから、2つ頼めば…)を経て、


麺ほココナッツミルク風味の海老のグリーンカレーに絡めていただくと、これが美味しい。筍、ベルペッパー、茄子もごろごろと。
空腹と寒さは人を短気にさせると、手下も悟ったことであろう。と、ふと今書いていて気づいた。手下はモスクワ生まれ、道理で私より普通の顔して歩いていたわけだ。次回はグルーポンのお店か、不安じゃのう…。

One More Thai
6 Clinton St, New York, NY 10002

阿、中東 | trackback(0) | comment(0) |


2018/01/31 (Wed) 鮭の味噌マヨ焼きと、曼荼羅ハンカチ


日本のお土産。東寺で買ってきた3D曼荼羅ハンカチ愛用中♪ 手をふくたびにご利益がありそうな、申し訳ないような。


さて、ハンカチを眺めて悦にいっている冬の日の晩ごはんは、アラスカ鮭の味噌マヨ焼き、アリコヴェールの鴨脂炒め、鴨プロシュートに大根、らっきょう。鮭は酒、塩をふって寝かせた後に、1分20秒レンジ蒸し。取り出してマヨ、カルディで買いし味噌パウダー、みりんを混ぜたものを塗って、京都の錦市場で買ってきたぶぶあられを振ってフィッシュロースターで焼く。微妙に日本土産が混在しておる晩ごはんなのであった。

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS