2019/01/19 (Sat) スティーヴ・タイレルの前の腹ごしらえイタリアン


最近はアッパーイースト・サイドでのイベントが続いているけれど、アッパーイーストはお茶の稽古とその後に寄り道する本屋さんのカフェぐらいしか知らないのでレストラン探しに四苦八苦。しかも寒いから、イベント会場から近場でなくてはならぬ。本日はスティーヴ・タイレルさんを観にカーライル・ホテルのカフェ・カーライルに行くのでそこで食べればいいよね、と思っていたのだが、キッチン改装中で食事はできないとのこと。なぬー、ということでGoogle地図さんで探し、Yelpでレビューを検証するという抜かりないリサーチでこちらの店へ。
イタリアンのCaffe dei Fiori。寒い夜にガラス越しのあたたかな店内の灯りに照らされた賑わい、それだけで引き込まれる。


エンダイブ、ラディッキョ、ゴルゴンゾーラ、胡桃と梨のサラダ、Insalata Indivia
e Radicchio。サラダなのにまったりと濃厚なのは、胡桃と抱き合ったゴルゴンゾーラのなせるわざ。香ばしくトーストされた胡桃は散らすだけでなく、摺る。一案をありがたくいただこう。


ほとんどの確率で頼んでしまうタコのグリル、Polpo e Caponataはカポナータとクリスピーなポレンタにバジルで。どこで食べてもタコは違う顔を見せるから、面白い。こちらの店はアッパーイーストらしく、繊細で柔らかで細身で、まるで美と健康に気をつかうマダムのよう。


私はタリアテッレの牛ボロネーゼソースTagliatelle al Ragù Bologneseを。じっくり煮込まれたラグーが太い麺をこっくりと包み込み、ああこういう濃厚なのに重すぎないパスタが食べたかったよと食べながら気づくのだった。


ブレイズド・ラムショルダーのニョッキ、Gnocchi di Patate con Ragù di Agnello e Peperoncino。チリとレッドワイン・ビネガーも効いたラムはほろっと柔らかそれでも野生の色気をぞんぶんに。さて、それではイルミネーションが美しい街を歩いて、カーライルへと参ろうか。

Caffe dei Fiori
973 Lexington Ave, New York, NY 10021

| trackback(0) | comment(0) |


2019/01/18 (Fri) 文楽と、気楽なタパス


能ソサエティー主催で行われた「The Heart of Bunraku」文楽の観劇へ。吉田勘彌さんのレクチャーでまるで魂が宿っているかのような人形の動きや成り立ちも知り、お七の情念もひしひし伝わるような人形浄瑠璃の世界に引き込まれたのだった。
さて、感激の観劇前に立ち寄ったのは会場近くの店がいいということで、NYで人気のタパスバーBoqueria のアッパーイーストサイド店へ。


セラーノハムやオリーブつまみながらの白ワイン、やっぱりタパスは色々と選べるしヘビーじゃないからプリシアターのディナーにはぴったりだのう。


Escalivadaは、ババガナシュのようなもので、ローストした茄子と赤ピーマンとレバニーズ・ヨーグルトのディップ。タパスは軽いからいいね…といいつつ、軽やかな口当たりのナスにパンをとる手がとまらん坂。


日本人には嬉しい、タパスでよくお目にかかるししとう素揚げ。粗塩だけのシンプルな旨さがやはり一番。


茸とセラーノハムのコロッケ、交互につまんで熱々を口に入れればとろけだす中身に舌が喜ぶ。クリーミーさでやや茸に軍配を。


お約束のタコのグリル、フェネルとスモークパプリカの香り。そうかタコとウイキョウはあうんだなぁ、今度やってみよう。タパスバーは山ほどあれど、この店が次々と支店を出すほど人気なのは、定番のさりげないタパスの味がぶれていないこととリーズナブルな価格だろうか。今度はもっと身近なダウンタウンの店に行ってみよっと。
そして文楽の後はまた別のバーで友達夫婦と真夜中まで語り合う。寒かったが楽しいアッパーイーストの夜じゃった。

Boqueria Upper East Side
1460 2nd Ave, New York, NY 10075

| trackback(0) | comment(0) |


2019/01/14 (Mon) 炭水化物攻めと蟹道楽なスリランカ料理


かなりの頻度で、BYOB隊(お酒持ち込みOKの店を求めてマンハッタンをさまよう会)活動に登場する、イーストヴィレッジのスリランカ料理店Sigiri。いつものように、階下のインド系グロッサリーを物色してから、階上のお店へと。


ここは相変わらずの炭水化物祭り、言い換えれば野菜が…ない…。いっそ袋入りのサラダとドレッシングを持ち込みたいぐらいの、野菜無視ぶりである。アペタイザーでさえもみっちりポテトの揚げ物とかなので、本日は前菜はパス。
さ、Nシーが持参してくれたトレジョの白ワインを開けたら、まずはイカのスパイシー炒めを。柔らかなカラマリをトマト、玉ねぎ、唐辛子、スリランカのハーブとスパイスで炒めたもの。これがタイ料理なら甘さと辛さが半々…ということになるのだろうが、スリランカは「辛」が勝つ。そのひりっとした強さがスパイシー好きにはたまらぬのだった。しかしバスマティライスももちろん進む…。ワインも進む…。


そしてNシーとMキーはまだ食べたことなかったよね、と、私の最近のお勧め、クラブカレーを。蟹の身自体は3人で分けるにはどっさりというわけにはいかないが、主役はなんといっても殻ごと投入された蟹のだしが溶け込んだスパイシーなカレーなのだ。この蟹カレーの汁が美味しくてまさかのライス追加。さっきのイカ炒めにもこのカレーにもバスマティライスはついてきたのにも関わらず…である。
本日は食べたかったブラックカレーがなかったのが残念。もう一品後で頼もうねと言っていたのに、あまりの炭水化物祭りに結局2品でうちどめ。恐るべきスリランカン・スパイスの妙である。

Sigiri
91 First Ave. New York, NY 10003
◆以前、String Hopper Kotthuなる米粉の炒飯めいたものが美味しかった記事は、こちら
◆今まで訪ねたBYOBレストランは、右下の検索窓で「BYOB」と入れてもらうと、でてきますよん♪

阿、中東 | trackback(0) | comment(0) |


2019/01/08 (Tue) にゃんこを愛でながらの茶色ごはん


本日はいつもの昭和を語ろう4人会(適当すぎるネーミング)、別名はツンデレW様のふわふわなおなかを撫でながらごはんを食べようよの会である。いつにもまして地味~なおふくろの味的持ち寄りご飯が勢ぞろい…高齢者の寄合か?(ま、そうとも言う?)でも、ホリデーの脂ぎらぎらなディナーに疲れた胃には、こういう茶色なお惣菜が優しくてありがたいのだった。
Yさんのあっさりと美味しい茸と青菜の炒めに、私はケイジャンボイルでゆでてみたもののあまり効果がないと思われる枝豆や、


菊花蕪に挑戦したつもりがただ切れ込みが入っただけに見える蕪甘酢漬け、ひよこ豆と蒟蒻と長ひじき煮などを持参。そして実はもう1品、隊長がホリデーパーティーのために焼いたチーズ・パフを4個くすねたものを持ってきてトースターで温めようとしていたのに、だし忘れてしもうた…無念。せっかくなので皆さんに(強引に)お持ち帰りいただいた。


Mじが「昨夜の余りもののおでん持っていっていい?」と聞くので、一同「大歓迎」。なんといってもおでんは翌日の方が味しみて美味しいものねぇ。しかも私の好物のちくわぶを「ともじ、もう1つ食べなよ、好きでしょ」と勧めてくれる優しい皆さん。え、皆はそうでもなかったの? いつかあれほど盛り上がったのに…。あなたたちのちくわぶ愛は見せかけだったの?


Mちゃんの3種の茸の炊き込みご飯、茸の旨みがしみ込んだ米粒1つ1つがいとおしい。一緒に、胃の底からほっとする豚汁も出してくれたのに、撮り忘れてしもうた。思い出のかけらが残せなくて残念ね、冬のララバイ(毎度の話題にあがりまくる、昭和な歌謡調)。そしてもちろん本日の話題も別にテーマにしておらぬのに、昭和モード。懐かしの駄菓子で、盛り上がる盛り上がる。


Yさんがクリスマスの売れ残りか安かったので、と本音をぶちまけ持ってきてくれたカラフルなクッキーに、


Mちゃんの作ってくれたピーチ・ゼリー。ああ懐かしの桃の缶詰、桃ってどうしてこんなにおいしいんだろう。そこにMちゃんのご主人でプロ・ギタリストのIさん、ギター抱えて流しの登場。ああ、このミッドタウンのアパートはまるで夜更けの新宿歌舞伎町、疲れた胃を温めるお惣菜を出してくれるマスター(深夜食堂の小林薫)に、わけありギターの流し…。


そしてW様は、初めて会った時よりもずっと打ち解け、「俺様を見ろ。しかし気軽には触るなよ」モードは出しつつも、気づくとじわっと近くに寄って寝ているのが笑える。ツンデレの甘えん坊さんか。


そして帰り際、W様によけいなちょっかいを出した私は引っかかれ血を見る羽目になるの巻…。だってどうしても爪の間のふわふわの毛がいとおしすぎて触りたすぎて。

◆初めてW様に会った時の記事は、こちら

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2019/01/06 (Sun) 世にも豪華なホリデー・パーティー


ミュージシャンやアーティストの方々の集う愉しきホリデーパーティーにおよばれして、隊長の作った(作らせた)チーズ・パフと酒瓶抱えて、いそいそとハーレムまで(私が地下鉄で酒瓶抱えておる率は、かなり高いと今気づく…)。おお、テーブルには世にも豪華な食べ物がずらずらずらと。サモサもデビルド・エッグも美味しすぎて、「いけない、最初から食べ過ぎてはいけないよね」と友達と言いあいながらも、つい手が伸びる。


それもそのはず、こちらの奥様はレストランを経営されておられるのだそうな。残念ながらマンハッタンではないのだが、いつかうかがってみたいのう。奥様の出身地、フィリピン系のお料理の数々にも感動の連続。


フィリピン料理といえば豚。特にこの豚バラ、とろとろしゃっきり、豚バラ愛に満ち満ちている(その愛を10文字で形容せよ)。


そこにNちゃんの持ってきてくれた限定2400本の超希少なお酒、「究極の花垣」が厳かに箱入りで登場。その究極な旨みに感動…。


これがまた友人Hちゃんの作ってきてくれた、うまうまなタコ酢に合うのだった。皆さん本当にありがとう。こうして人の情けにすがって、これからも生きていきたいです(いやそのためには自分も与えねばね。そのわりに今日、自分では何も作ってないよね)。


キュートなクッキーも、


日本の美味しいケーキ屋さんレベルのブッシュドノエルも皆さんの手作り。ここまでレベルの高いパーティーだと、開き直って枝豆とか持参しちゃってもいいよね?ね? そして、きっと素晴らしいパーティー・ホストさんは絶対「もちろんよ!」と言ってくださるのだが、やっぱり勇気ない…。


そしてプロのパティシエ顔負けのケーキをつくるAさんの、見事すぎるローズケーキがお披露目! あたりにどよめきがあがる。
溢れる薔薇に雪の結晶…神々しすぎて女神レベル。美しすぎて食べられない~と皆で騒ぎつつも、ナイフを入れた瞬間、あっという間になくなったのであった。スポンジもココナッツが効いてしっとり、美味しかった~。ありがとうAさん、いつか弟子にしてください。


そして宴もたけなわとなった頃、イカすバンド・セッションが始まった~。それもプロのギタリストの方がリクエストのクラプトンの曲で超絶ソロテクなんかを軽々と披露しちゃったりと、「えへっ、私もギターやってまぁす(難しいコード弾けないけど)♪」など、間違っても口に出してはいけないレベルなのであった。
普通にピアノ2台やアンプや楽器の揃っている居間…素敵すぎて住み着きたい…。
Gファミリー様、愉しきホリデーの宴をありがとうございました。

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS