2018/07/16 (Mon) ライ・クーダーの前の焼肉タイム


ライ・クーダーのコンサートの前の、ちょいと一杯付き腹ごしらえ。タウンホールといったら、近場のこちら、牛角さんを肉星人のたっての希望で愛用しておる。
しかも奥さん! 6時まで、そして9時半以降はハッピーアワー。牛角のハッピーアワーが嬉しいのは、どんなドリンクでも半額になるところじゃ。生ビールも安いし日本酒のボトルも銘柄選ばずもれなく半額。仕事なんて投げ出して、早く来い間に合うように来い、と命じるハッピーアワー追及者のわたくしである。


まずは野菜から。やみつきキャベツにししとう揚げ、


ピリ辛胡瓜などをつまみながら喉を潤し、


お肉へとGo。お肉も6時までは本当にお得なお値段(まぁ、質はアタリハズレがあるが)。私たちについてくれた元気なアジア人のサーバーの女の子、私の顔を見て「あー覚えてるわ、アナタのこと」と嬉しそうな顔。ええっ、こんな混んでおるお店なのに。コンサートの前のハッピーアワー、通いすぎ? 「早く早く、もうすぐ6時よ、注文大丈夫?」と教えてくれる親切さん、そ、そんなこと言うからコンサート前なのに頼みすぎたような。


焼きたてを汁にくぐらせ、ライスにオン、ギターが鳴り響くかのようなノリノリ加減…。


最後に普段食べないデザートまで。果たしてこれが、これからコンサートに行く前の正しい食事であろうか、やや疑問なり。

Gyu-Kaku Times Square
321 W 44th St #103, New York, NY 10036

◆以前行ったときの記事は、こちら
もしかしてハッピーアワー以外の時間に来たこと…ないかもしれないと申し訳なさがよぎるのだった。

| trackback(0) | comment(0) |


2018/07/13 (Fri) ニシンまつりだよ、2018


判で押したように水無月になると引き寄せられる、このグランドセントラル・オイスター・バー。


毎年楽しみにしすぎて、お店に「本当に本当に今日もニシンありますか?」と確認までしてしまうオランダの若ニシン祭りが催されているのじゃ。今年は、いつも日本食を一緒に食べに行くアメリカ人ご夫婦を試しにこちらに誘ってみた。私と同じで光物大好きなノルウェー系の旦那さんのほうは、興味津々で「行く!」と。光物苦手な奥さんは、「う、うん、トモの選ぶ店はいつも美味しいからおまかせするわー」と、きっと心ではやや弱気ながらも、参戦。え、というかアメリカ人なのに、このオイスターバーに来たことがない方が驚き…。


まずは牡蠣にハマグリで貝まつりといってみる。おなじく光物苦手な隊長は最後まで牡蠣で通す心意気である。まぁまわりを見ても、そんなにニシンを食べている人はいないのが惜しいところ。オイスターバーさんはこうもニシンを盛り上げようとしているのに…。
ちなみにオランダでは、年中ニシン(現地ではハーリング)は食べられるのだが、特に5月~7月にかけて獲れるニシンが脂ものっていて年間で一番美味しい季節なのだとか。


いつものケールの若芽のロリポップ(単なるにんにく炒め)にフレンチフライもね。このケール、美味しいのだが、ソテーの仕方が毎度安定しなくて、芯の部分が固すぎだったりもするのがご愛敬(なのか)。今日は…か、固いです、顎が疲れます。


初物ニシンさん、きましたー。私はいつも2尾頼むだが(一度3尾にしたら、さすがに多すぎた)、M氏も「じゃあ僕も」と2尾注文。お、初めて私についてこれる勇者に出会ったぞ。
さらし玉ねぎにゆで卵、チャイブにホースラディッシュに加え、私はここに持参の黒七味をかけるのが好み。ああ、1年ぶりに再会できたこのとろける旨さ。ほとんど生に近い塩加減なので、醤油もいらない。
イッツ・ソーーー・グッド。感動のうなり声をあげるM氏に黒七味を勧めたところ、「いや、なんにもいらない!これでパーフェクト!」と。ああ、こんな風にニシン好きの人を見ると、嬉しくなる。しかも、ニシンにはちょいとウルさいノルウェー系の人間に褒められたのだから、これはやはり納得の旨さということだのう。
つなげよう、ニシンの輪。ちなみに残り2人のアメリカンはニシンには見向きもせず、まぐろや牡蠣を食べているのだった。あーもったいない。

Grand Central Oyster Bar & Restaurant
Grand Central Terminal, 89E. 42nd St, New York, NY10017
Herring Fesitivalの期間は、HPのカレンダーを要チェック!

◆きっちりと同じものを食べておる、去年のニシン祭りの記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


2018/07/04 (Wed) 世にも豪華な、焼酎ナイト


花の金曜日、お茶の稽古の後に、本日も~通い慣れた師匠宅へ酒瓶抱えていそいそと@ソーホー。
ああ、このゴージャスな眺め。どう考えても、そこらの和食レストランのレベルを軽く凌駕しておると思う…。


その中にしれっとダメ丁稚のわたくしが持参したのは、ブロッコリの茎と揚げの炊いたもの、師匠の好物のそら豆。え、しょぼ…と思わないでいただきたい。絢爛たるメニューの中に、こういう素朴なものがあるとほら、箸休めになるでしょ、ね…ならない?
師匠がさっと作ってくれたししとうの鴨煮汁炒めにスナップピーの胡麻油炒めがぽりぽりとまらん坂。ポットラックの魅力的なところは、外食よりもふんだんに野菜も食べられることだと思う。なにしろ皆、健康には気を遣う友人たちゆえ(そのわりに、飲むがのう…ぼそっ)。


Eちゃんの懐かしい味の大根と蟹サラダに、キングサーモンのスモーク。これがもうしっとり柔らかで、お酒にあいすぎる。とろけるモッツァレラとトリュフのブッラータ。Aちゃんの鶏ハムのなんともしっとりなこと。


ちなみに本日のお酒はワインやお酒はEちゃん持参の酔鯨に加えて、差し入れだという貴重なこちらの八丈島の麦芋焼酎、八重椿を師匠が提供してくださった。果汁100%のパッションフルーツのジュースで割って飲むと、爽やかな島風が吹き抜ける。


師匠、残念ながら粗忽ものの丁稚には、さらっと食用花を飾るおされなセンスが見つからんでござる。そして、爽やかーいいねーと言っているうちにアルコール交じりの風は危険な暴風雨になるので、要注意…。


Nりんの鶏のクリーム煮に、


鶏手羽と煮卵、煮凝り最高。バケツ一杯食べたい。


炭水化物もほしいよね、というところに絶妙なタイミングで出てきたAちゃんのおにぎり。なんでも、滋賀のおつけもの丸長さんの「まぜちゃい菜」をぱぱっと混ぜたものなんだとか。ほしいっ、それほしい。と、メモメモ。日本帰国時の買い物情報などを交換できるのも、食通の集まるこの会の楽しいところじゃ。


そして本日の真打登場。H師匠特製の和風鴨ロースト、なんと贅沢にハドソン・バレー・ダックとシタレラからの鴨の食べ比べ、皆真剣な表情で鴨を食んで検討した後、ハドソンに軍配あがる。


デザートは、名パティシエな師匠作のタヒーニのブラマンジェにEちゃんの持ってきてくれた源吉兆庵の桜ようかん。今宵も楽しい夜を、ありがとう。ずっと同じ顔ぶれで続いてほしいこの夕べ…。でもきっと、時は流れていくんだよのう。と、幸せに寂しさまじる、ソーホーの夜更けであった。

★今までの世にも豪華なポットラック・シリーズは、右下の検索窓で「世にも豪華な」と入れてもらうと、でてきますよん♪(枕言葉と化したシリーズにいつの間にかなっておる)

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2018/06/30 (Sat) 丼屋アゲインで定食を


MoMAで希望に満ちたミニチュアの世界を鑑賞した後は、先日行って気に入った丼屋さん再訪といってみよう。


ほどよいだしと胡麻の効いたごま鯖に、


ホタルイカは定番の生姜醤油ではなく、レバ刺し風。つまりは塩と胡麻油とにんにくでいただくのだが、これが旨い。つるっと幾つでも箸が伸びる。真似してみたいが、そもそもホタルイカよ、あなたはいずこ。


ゴーヤチャンプルーは脂ののったしっかり厚みのある豚に揚げ豆腐でこれだけでメインになりそうな一品じゃ。


黄金の唐揚げを誰が否定できようか。ふむ、ここのは片栗粉でかりっとなやつね。旨し。


この店が嬉しいのは$6プラスで、定食セット(ご飯、味噌汁、サラダ)にできること。ホタルイカや鯖を透明扱いしておる肉食星人の連れに、がっつり牛ハラミにんにく醤油焼き定食一丁。気の利いた肴あり、男の丼めしあり、の充実な居酒屋。ああ、わがご近所ロウアー・イーストサイドにもこんな店がほしいものである。

Donburiya
253 W 55th St, New York, NY 10019

◆初めて来た時の記事は、こちら
やっぱりホタルイカのレバ刺し風、食べてるよ…。

| trackback(0) | comment(0) |


2018/06/28 (Thu) わんこを愛でるポットラックと年金問題


最近、酒瓶をバックパックに忍ばせ地下鉄に乗る機会がめっきり増えておる気がするが…本日は~酒瓶抱えてアッパーウェスト・サイドへと~~。
スペイン生まれの放浪貴公子B君を愛でながらの持ち寄りごはん会なのである。B様、動きが早いからなかなか写真に撮れないわぁ。唯一撮れたのが、この期待に溢れるまなざしで何か僕にもくれるのかとMじを一心に見上げておる図。首、めっさ伸びとるがな~~。
この子と、Mちゃん宅のにゃんこが可愛すぎて、ついどちらかの家に押しかけてしまう我々なのじゃった。


仕事で忙しいというのに、牡蠣フライに飢えていた私たちのためにわざわざ冷凍の牡蠣フライを持参して幾つも揚げてくれた名ジャズ・ピアニストのMちゃん。「冷凍がかなり溶けちゃったけど、このほうが揚げるのラクチンかも~」そういう手もあったのかと、一同感心。これからはわざと半解凍に?(メーカーは推奨しないパターン)熱々をいただきまーす。


これまたMちゃんの絶品セロリのきんぴら。毎回味付けは微妙に違うらしいのだが、どうやってもおいしいのはさすが料理上手さん。


私は相変わらずなれんこんきんぴらに(メンツが違えばいいよね、という安易な発想)、


ビーツとポテト、こごみと芽キャベツのサラダ。


Y木さんが持ってきてくれた優しい味の青菜と茸の炒めに、


次々手が伸びるカラフルなトマト。


しめは、Mじ作のサフラン香るソーセージ入り炊飯器deパエリア風。おかわりお願いと全員、茶碗を差し出した。
相変わらずの迷走トーク、本日は恒例のバッタ屋情報交換に加え、年金の話で盛り上がる。え、厚生年金って何年か払ってたらもらえるの??Yさんの発言に、皆して目からウロコぼとぼと。あのオレンジの年金手帳、実家のどこかにある…かも??そう、私は短い間だけちゃんと出版社の会社員をしておったのだ。よくこんな私を雇ってものだなあ、会社も…。実家に帰ったら探してみようっと年金手帳。

◆Mちゃん宅のつんでれにゃんこW様を愛でながらの会は、こちら

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS