2019/05/17 (Fri) バワリーへの道


日本から来ている友におめでたいことがあったので、久々のちょいとハッピーアワー飲み@Bowery Road。このお店、 ハイアット・ ユニオンスクエア・ニューヨークの中にあって静かで居心地がいい上に、嬉し楽しいハッピーアワーもあり。ではでは、新しい門出に乾杯~(って何度しただろう)。


ツマミもリーズナブルなハッピーアワー・メニューと通常メニュー、両方から選べるのが嬉し。スパイシーなソースにまみれたししとう揚げに、


ホワイトビーンのハマスは撮り忘れ、ワカモレにはさくさくの美味しいチップ(フラックスシードが入ってるような)。


そしてジャパニーズ・カラアゲといいながらチリライムが効いた美味しいチキン。軽めでヘルシーなフィンガーフードも量を食べればそれなりのカロリーという事実は知らぬふりで、今宵も愉しき時間であった。

Bowery Road
132 4th Ave, New York, NY 10003

| trackback(0) | comment(0) |


2019/05/14 (Tue) LESでイタリアンタパス


今宵はご近所、ロウアー・イーストのBacaroさんにて、NYに来ている師匠とちょいと一杯、という名の1本。こちらはノリータのPeasantの姉妹店、Peasantより気軽でご近所、タパスサイズのメニューも多くてちょい飲み@LESにありがたきお店なのだ。


新鮮なアンチョビと卵の完璧な半熟具合も嬉しいグリーンビーンズのサラダに、


アーティチョークとグラナパダーノとドライビーフ、どれをちまっと指でつまんでもいい肴になる素材の組み合わせ、酒飲みの心をつかんでおるのう。冷えた白ワインを飲みながら、お互いの近況キャッチアップ。たのしーでねーの。


香ばしくソテーされたぷりっぷりの海老をのせたクリーミーなポレンタ。この食感の対比がニクいかな、素晴らきかな。
もう一人参加するはずだった友達が仕事で間に合わなかったのが残念だけど、なんだかしゃべり足りなくて、まさかのボトル1本の後のまた1杯。NYから一人こうして気軽に飲める友が減ったのは寂しいけれど、そのぶん東京で一人増えたということで、人生って差し引き結局ゼロだったりするのかな。なぁんて飲み友達の数で思うのもどうなのかのう。

Bacaro
136 Division St, New York, NY 10002

| trackback(0) | comment(0) |


2019/05/12 (Sun) 聖パトリックの宴


本日は、友人宅にて楽しい聖パトリックの宴(相変わらずののろ亀アップ。いつものように、お手元の時計をぐーーんと巻き戻してくださいませ)。


前菜の数々に卵焼きが入っているのが和むわぁ。


噛むほどに味のあるソーダブレッドも友人Hちゃんの手作り。すごいなぁ、日本人なのにアイリッシュ系の旦那様を持つ友人は、すっかりアイリッシュ・フードの達人なのである。


柔らかなコーンビーフやとろけるキャベツが最高でフォークを持つ手が止まらない~。男衆はもちろんギネスビール! アメリカに来た当初はコーンビーフといえば、ネジ式の缶詰をきこきこ開けるものと思っていたのが懐かしい…。


さて、これだけでは終わらない。ここからはデザートの饗宴。パティシエのように素晴らしいケーキをつくるAさんが持参したのは、手作りギネスケーキ。ギネスとデザートが結びつかないけれど、チョコレートとギネスのマリアージュ、コクがあってうまうま。


レストランを経営している名シェフ、リズの絶品アップルケーキに、


Hちゃんは、柚子風味のレアチーズケーキ。どれも美味しすぎる。ああ、こんな豪華なケーキを焼ける友を何人も持つ私はなんて幸せ者なの…(→なので、これからも完璧に人任せモードでいくことにします。きりっ)。楽しい宴をありがとう。

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


2019/03/06 (Wed) 四川料理と帰路の悲劇


ミッドタウンのWu Liang Yeにて、四川料理を食しつつ、いつもの4人で昭和も語るけど介護も語ろうよ会(適当すぎるネーミング)。


今回も、Mじ一押しの、Double Cooked Fresh Bacon、油とろけるにんにくまみれの生ベーコンでスタートじゃ。


野菜はこちらのSautéed Stringbeans、インゲンの炒め。ここにも抜群においしいピリ辛スパイスが絡まっていて、インゲンの魅力が花開いて味蕾もぴりぴり。


ふってわいた本日の話題は液体絆創膏、そのような優れたものがあるとは知らんかった!しかもサカムケアにコロスキンって~、と突っ込みどころ満載な日本の薬のネーミングに盛り上がりしつつ、Dan Dan Noodles、汁なし担々麺。この後、瞬殺でおかわりし、わんこ担々麺とあいなった。


そしてあと一品何かほしいよね、ということで、蟹と卵のスープなどを。2人前で十分な量。
そして満腹の帰り道…、冷たい土砂降りの中を傘で前がよく見えぬまま猛スピードで歩いていたら、電信柱に激突して見事にすっ転んだ! (お酒は1滴も飲んでないのに。いや、飲まないからいけなかったのか)
両手をすりむき、足と尻をしたたかに打ち、泥水で汚れた服でよろよろと帰宅。液体絆創膏、今ほしいんですけど…。とほほほほほ。

Wu Liang Ye 五粮液
36 W 48th St, New York, NY 10036

◆前回も同じものを食べている記事は、こちら

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


2019/02/17 (Sun) うし牛な和食ナイト


前から気になっていたヴィレッジのShurakuさんにて、友達とエレカシ愛を語る会。和牛のメニューが結構あるので、お酒も牛ということで、紀州和歌山の黒牛、純米吟醸を。うん、牛赤身の肉にくしい香りがまったりねっちりとした飲み口で…ということはなく、雄町100%のなめらかかつ雄々しいお味。


前菜には、ワシントン州からの牡蠣で焼き牡蠣、大粒でジューシー、10個はイケる。いっそもうこの焼き牡蠣だけでいい、というぐらい。そういいながら、しれっとつまみは続きまして。もっちもちな蓮根餅に、嬉しいあん肝。


黒牛のラベルに暗示をかけられたのか(ホラーシリーズ:地酒のラベルに牛の怨念が…)やっぱり牛だよね、ということで和州牛たたき。柔らかな赤身にたっぷりのネギとポン酢。


牛筋の塩煮込み。味噌でなくて塩なところがまた軽やかで黒牛くんが進む。牛、牛、牛のループ。


海のものもさすがに欲しくなって、タコわさびなどすっきりと。


うまみがじっくり濃縮された、地鶏ももの一夜干し。牛に分け入る勇敢な鶏の足音が聞こえそうな旨味(わかりにくい旨味ではある)。


ここは焼き物も結構充実しておるのだが、おなかがクチくなってきたので、あっさりとアスパラガス焼き。この穂先の焦げ具合の美しきことよ。日本人なら目が細めたくなるバター醤油のいい香り。


サービスのアイス最中、ありがとうございます。昔、私はモナカと男子に呼ばれて顔をしかめておりました(聞かれてない)。
どの料理も丁寧なつくりで控えめな品のよさが美味。ただ、最近、美味しい和牛や和州牛を出す和食店が増えたけれど、惜しむらくは刺身の充実度が濃くいことかのう。両方揃っていてほしい、我儘な酒飲みでございます。

Shuraku
47 8th Ave, New York, NY 10014

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS