2017/08/10 (Thu) ご近所でコリアン・フライドチキンをもりもりと


いけないと解っておるのに、アレが食べたくなってしまった。揚げてあるうえにしっかりと味が濃いから、カロリー高いわお酒は進むわで、巷で人気の誘惑娘コリアン・フライドチキン。
早速、ご近所LESのコリアンチキンの店、Whalesへ。しかし鶏が売りなのになぜ「くじら」なんだろうか。こちらとしては、フライド鯨でもやぶさかではないが、アメリカでそんなものを出す勇気のある店はないじゃろう。


ここでも人気のポケ・サラダ、お刺身に野菜たっぷり、スパイシーなマヨソースで旨し。
サーバーの綺麗な女性、日本人っぽいなぁと思っていたら、向こうから「日本人の方ですか?」と話しかけられ、びっくり。電話をかけた時のIDで分かったのだそうな。韓国人オーナーだけれど、この店なぜか日本人がよく働いているのである。
嬉しくなって「私、トシ・カプチーノさんのハッチェンバー→居酒屋どどんぱ→ソウル・チキンと、ずっと来てるんですよー」と店の変遷を述べたら驚かれた(引かれた?)。どれだけLESを酒肴求めて徘徊しておるのであろうか、私は。


待望のチキン登場。はぐりとかぶりつけば、鶏のジューシーな旨みが熱々の衣の下から流れ出す。前身の店ソウル・チキンの時より鶏はぱりぱりさっくり揚がっており、ソースは上掛けされていない。うん、これの方が好みだなぁ(甘辛いタレたっぷりは苦手なので)。醤油味とスパイシー味、どちらも似ているが甲乙つけがたし。大根甘酢漬けもいい箸休め(箸など使わず、野蛮に手づかみだが)。


キムチチャーハンは鉄のスキレットで焼かれた半熟卵を絡めるとスパイシーな中にマイルドがとけて、またうまい。もうちょっとメニューが増えてくれると嬉しいけれど、近いし美味しいのでまたこようっと。と言いつつ、次に来る時はまた店名が変わっておったりして…。
そして、むろん翌朝の体重計は真夏の恐怖映画のようなことになっていたのだった。

The Whales
71 Clinton St, New York, NY 10002

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/08 (Tue) 蘭州手工拉麺の餃子


散歩に出かける前に中国語の数字の発音を真剣に調べる。なぜなら近所の手打ち麺と餃子が旨いという店に餃子を買いに行くからだ。この前別の店に行ったところ数字でさえ英語が通じず、身振り手振りで頓珍漢なジェスチャーゲームを展開する羽目になったのである(それでも間違った個数が入ってたけど)。
大体5個か6個単位だから10個と12個を覚えて挑む。2個だとリャンガなのに12個だと2の部分がアールになるらしい。
なんてイレギュラーなんだ、中国語のやつめー、と日本語の不規則さを棚にあげて挑んだのは、このお店。


蘭州手工拉麺。手打ち麺で有名なお店らしいので、餃子の皮にも期待しちゃおう。


しかしよくメニューを見たら、え、まさかの8個単位?(しかも$3の激安度)。じゅ、じゅうろっこは何だっけ。だが、なんとか英語で通じた。助かった。やれやれ、ヘブロイ語飛び交う界隈から数分歩いただけで今度は中国語。一筋縄じゃいかぬ町内であるな。


しかし餃子は旨かった。にんにくとニラパンチを柔らかで大き目な手作り皮のフリルが優しく包む。餃子を手作りする心を怠けさせる味。


そして台湾の総菜缶詰を使って、


しらたきと煮てみた。和中折版のお惣菜いっちょあがり。野菜スティック、豆とブロッコリーのサラダなどと。

Lam Zhou Handmade Noodle
144 E Broadway, New York, NY 10002

◆今までの餃子関連記事(笑)は、右下の検索窓で「餃子」と入れてもらうと、でてきますよん♪(「Forever Taste」さんもお気に入り)

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/31 (Mon) 「永遠の味」さんにて、餃子テイクアウト


冬の間や涼しい日はずーっとMBTを履いておるのだが、もっぱら夏の間は素足にフィットフロップである。しかし、MBTを履き慣れた後にビーサンを履くと、なんと心もとないことか。あの、足が船底みたいにゆらゆらする感覚がないのが、なんとなく物足りないのである。でもビーサンは涼しい。
そんな大したことない葛藤を抱えた夏のある日の晩ごはんは、ご近所の店で餃子をテイクアウト。小さい店だがいつも人がいるので美味しいとみたのである。
LESの風物詩、シャワーキャップかぶった通行人のおばさんもアクセント…(暑くないんだろうか)。しかし相変わらず英語が通じず、身振り手振りで餃子15個(なんと5個で$1!)と春巻き2個($1)ゲット。


あらかじめ焼いてあるのでどうかなと思ったけれど、フライパンで軽く焼いてかりっとさせたら、う、旨し! ご近所の北方鍋貼の餃子は皮が厚すぎてあまり好みではないのだが、ここは皮薄め、具とのバランスもよろし。$1でこんな美味しさが手に入るとは…餃子を手作りしようとする人が減ってしまうのではないかという危惧が予想されるのう(まさに我)。


炊飯器de炒飯に、


ケールの辛子シーザー風(アンチョビペースト、マヨ、レモン、辛子)、オイキムチ(サンライズでキムチを頼んだらまちがって届いたけどよしとする)などと。

Forever Taste
27 Rutgers St. New York, NY 10002

◆今までの餃子関連記事(笑)は、右下の検索窓で「餃子」と入れてもらうと、でてきますよん♪

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/25 (Tue) 初チポトレと虹


本日はソーホーのドクターへ。日本人的にはそんなに高血圧じゃないんです、違うんです、といっても「ここはアメリカ」と厳しく処方薬を出す先生は、本日もどこか気がそぞろ…。たぶん患者のことより、自分が持っているというレコード・レーベルのこととか考えていそう…。
でも本日の緊張は、医者よりも初のチポトレ訪問である。今日はドクターオフィスのすぐ近くにあるこのファーストフード・チェーンで買ってみようと心にきめておったのだ。
サブウェイのサンドイッチといい、極端にカスタマイズが要求されるファーストフードは注文に緊張するのでめったに行かないのだが、なぜか手元にギフトカードが。そこでオンラインのメニューなど見て種類を把握し(まじめさんか)初参戦。ブリトーボウルを2つ、肉はバルバコア、1つはライスはブラウン1つはなし、豆はブラック、片方はピントビーン増量、サルサは1つがローステッド・チリコーン、1つがトマティーロ、トッピングはチーズにロメインにファヒータ野菜にチーズ…。はぁはぁはぁ。
ど、どうにか注文を終えた時の達成感といったら、長編小説を1本仕上げたときのようじゃ(そこまでか!)。
とにもかくにも、感無量の初チポトレのブリトーボウルであった。味はというと、なかなかうまし。でもこれ自分で作ったらもっと安上がりだからこれが最初で最後かも。と書いていて、あ、サルサは別容器に入れてもらえばよかった。などとまだ悔いは残りつつ。


初チポトレ達成を祝うかのように出ていた虹。しかもよく見たら、ダブル・レインボー。

Chipotle Mexican Grill
いろんなところにあるんだなぁ。また行きたいかというと、しばらくはいい気もするが…。

軽、早、外 | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/21 (Fri) 「In the Box 2」 と焼き鳥


本日はラ・ママ・シアターにて折原美樹さんのダンスと大江千里さんのオリジナル・ミュージックと演奏による「In the Box 2」を鑑賞。歴史的な建物を眺めていたら通りに座っていた謎の日本人のおじさん(?)が、この通りは昔は目抜き通りだったこと、だから今も劇場が多いことなどを教えてくれた…。ほうほう。
この「In the Box 2」、肉体とテクノロジーが生み出す新しい表現の実験コラボというだけあって、様々な試みが次々と繰り広げられ、ステージから片時も目が離せない! 
折原さんの美しくしなやかな肉体の動きと、千里くんのリリカルな音楽。そして舞台映像演出スペシャリストの西山裕之さんによる映像と三位一体の舞台は、箱の中に宇宙が広がりそれが彼方へと拡張していくイメージ。
5月に見た千里くんのソロ・ライブとはまた全然違う新たな世界へとトリップさせてもらえたのじゃった。ああ面白かった。


さて、視覚と音楽の冒険を楽しませてもらった後は、味覚もほしいよね、ということでOh!大将に移動し、焼き鳥&ビール&酒ナイト。ビール酒豪が3人もいるのでばかでかいピッチャーがあっという間に消費されていくのを唖然と眺めつつ、私とHちゃんは冷酒を啜る。博多風焼き鳥はキャベツもたっぷりなのが嬉しいのう。


鴨ロースに、


お好み焼き。この他にもあれこれ頼んだ気がするけれど、笑いすぎてあまり覚えていないのだった。
「自分をフランス人だと思い込んでいるYちゃん夫(純日本人)」の話がツボに入りすぎ、皆していかようにどんな時にフランス人なのかを聞きまくった。
私も心はカリビアン…いやニューオリンズ…いや高円寺アン…。とりあえず一番長く住んでおるのにニューヨーカーではない気がするのは何ゆえか。

Oh! Taisho
9 St Marks Pl, New York, NY 10003

La MaMa Theatre
66 East 4th St New York, NY 10003

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS