2017/04/16 (Sun) 2017セント・マーティン島8日目~シュヴリーズ池


そういえばノートにはつけておる毎日の蚊に刺され状況だが、順調に刺されておる(泣)。といっても1、2箇所でこれも「蚊のいなくなるスプレー」様のおかげ、と頼っていたのだが。昨日のSジーさん宅のベランダでの晩餐で一気に4、5箇所刺されてしまった。島で買った虫よけハーブの香り強烈なオイルをつけていけばよかった。不覚であった…。
そんな本日は、刺され跡を掻き掻きしながら、去年偶然に発見した、Etang Chevriseシュヴリーズ池へブラウンペリカンを眺めに。ペリカンって近くで見ると、嘴と体のバランスが極端で、わくわくするんだなぁ。


と期待したのだが、あれ、去年たくさんいたペリカンたちの姿見えず。かわりに嘴の長いグレーの水鳥発見。といっても写真ではただの点。野鳥が好きなら望遠レンズ付き一眼レフ買いなさいYo!! とも思うのだが、重いもの持つの嫌いだから無理。


池のほとりの藪の中に、打ち捨てられた棚とビーチチェアと椅子。オリエントビーチとかでなく、こういう場所で寛ごうとしたがいることに、なぜだか心和む。でもブラウンペリカンがいなくなったので、寛ぎ度が半減して去ってしまったのだろうか。うん、わかるよわかる。しかしペリカンたちはいずこへ。墓地池といい、毎年同じ場所に来ても、生物体系が変化しているのが面白いのう。


キュル・ド・サックのCocciマーケットに寄ったらば、


なんとキリンビール発見。NYでも日系スーパー以外はおいてあるところは少ないのに、カリブの片田舎で遭遇するとは。いっそ獺祭もおいてくれたら、私は買います。確実に。

Cocci Market
Cul de Sac, St.Martin

◆去年のシュヴリーズ池の記事は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


2017/04/16 (Sun) カリブ家散歩2017


NYの家のまわりは、いま再開発とかでものすごい勢いでビルが壊され、建ち、風景がめまぐるしく変わっていく。そんななかで、この島の家々の変化がないことが嬉しかったりもする。びっくりするのは、グランカーズ・ブルバード沿いにけっこうある建てかけの家なのだが、数年たってもまだ建てかけなのである。よーく見ると多少の変化はあるのだが、いまだ二階は完成しないままだったり。なんというゆるやかなペース。
この家も、いまだ変化なし。島で「初めてコンクリートを使った家」だそうだが、さりげなく保護建築物に指定されておるのだろうか。ハリケーンで吹き飛ばされそうなのに、さすがコンクリート。三匹の子豚の石の家!土台だけだけど。


大好きなこの家にはおばあさんが住んでおり、朝6時半から7時ぐらいの間にドアを開けっぱなしにする。閉まっていると、「ああ、今日はまだ寝てるのかな」と思うし、時にはすでにお出かけの準備をして椅子にちょこんと座っていることも。見ず知らずの日本人が「おばあさん、来年もお元気で」と祈っておることなど、おばさんは知らないであろう。


あー、この家、ミントグリーンの剥げかけた感じが雰囲気があって好きだったのに、きっぱり青白に塗り替えてギリシャ風になってしもうた。残念ねー(よけいなお世話よ、風化を食い止めてもらってんだから。あんただって風化はヤでしょうよ。byがみがみ系な家のキモチ)

◆カリブ家散歩2016 の記事は、こちら
ま、一緒の写真だけど…。

◆ブルーの家が、ミントグリーンだった時の写真は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS