2017/05/25 (Thu) 桜ほのかにかおる


桜はとうに散り、葉桜が美しい季節だが、冷凍庫のなかの桜の葉が気になって、桜ほのかをつくってみる。7個分の餡に桜の葉2枚半を刻みいれたら、さっぱりとした甘さのなかに、ほのかにかおる名残の春。
しかしまだまだ初心者には餡を包むのが難しくてヘタクソ~。べたべたくっつくのに焦って手粉の片栗粉を使いすぎるから、皮もだまになってしまう。
優しくお毒見をしてくれたお茶の稽古仲間に感謝…。T先生はしばらくたって皆の(無事な)様子を見届てから「…うむ、大丈夫そうだな」と召し上がってくれた。用心深いわが師なのである。

| trackback(0) | comment(0) |


2017/05/24 (Wed) ベランダ・ハーブたち


定番のタイムやローズマリーさん。時々ローズマリーとマリーゴールドがこんごらがってしまう。そういえば以前はコンパニオンプランツとしてマリーゴールドをよくししとうさんの鉢に植えていたけど、最近してないなぁ。園芸も流れと成り行きだなぁ…(最初から適当モード)。


コリアンダーはスーパーマーケットで安い値でどっさりと売っておるけれど、すぐに萎びてしまうので庭にあると便利便利。といいつつ、すぐに花が咲きトウがたってしまうのが難しや。毎回、申し訳なく思いながら花が咲きそうになると摘んでおる。出た芽はとるわよっ、と心を少女漫画の悪役にして。


エスニック料理に便利だとつい買ってしまうタイ・バジルだが、実際はそうタイ料理などを作らないのであった。


しかし一番需要のないものがすくすく育つという、園芸界の奥深さよ…。もう来年はいいかなと思っても、きっとこぼれ種が出てきたらまたうっかり育てちゃうんだろうな。やっぱり出た芽は摘めない…。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/23 (Tue) わんこへスター祭り


シーズンの5月から秋にかけて、本当にしょっちゅう覗いておるご近所のヘスター・ストリート・フェア。
あれ。本日はやたらと愛犬連れの人が多いな、と思ったらわんこデーであった。


お犬様グッズが一杯、しかし犬を飼っておらぬ私が見ても仕方ない…。目当ては、


生のわんこたち。犬か猫を飼いたい飼いたいと願いながらも、旅行や帰国で家を空けることが多いから諦めている。いやそれよりも、失うのが怖くて手が出せない臆病者。だから、人のわんこで癒されるのじゃ。ああどの子も可愛い。そしてカメラを向けると、飼い主たちが皆、我が子のもっといいポーズを見せようと躍起になってくれる姿がまた親ばかで…くすくすと可愛い。


お犬様モード全開の会場で、淡々と植物を売るマイペースなトラック、今年初の登場じゃな(通いすぎて、ベンダー模様を把握しておる)。


いつものように食べ物屋台をじーっと見てから、退散。これから、今度はへスター通りの猫カフェのウィンドウをじーーっと眺めるんだもぉん。平和な土曜の午後、眺めまくり。

Hester Street Fair
at Hester Street and Essex Street, NY 10002
お、6/3はヴィンテージ・デイらしい。また覗かねば。

◆去年の記事は、こちら

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/22 (Mon) 骨粗しょう症予防つまみ


本日の晩酌皿、ザ・海老殻……。
パタゴニア産の海老をケイジャンボイルでスパイシーにゆで、さらにオールドベイ・シーズニングを軽く振りかけて食べるというのが近頃気に入っておるのだが。その殻を冷凍しておいて、レンジでぱりぱりに乾燥させたもの。3分、裏返してさらに3分ぐらいかな。海老ふりかけを作るつもりで始めはやったのだが、つまんでみたらそのままでも旨いっ。
見た目は悪いが、既にスパイスが効いているから酒のアテに抜群なのである。おまけにカルシウムたっぷり、骨粗しょう症予防つまみと呼んでみる。


ブルックリンで新たな開拓した魚屋さんで買った新鮮なまぐろ。シンプルに鉄火丼にしてみた。漬けにもせずに、わさび醤油だけでいただく鉄火が、たまには旨し。


別の日には今度は漬けまぐろにして、胡瓜の細切りとともに巻物に。つい、お茶胡麻振りかけを振りかけてしまう。なぜならそこに土産物があったから。
巻寿司、普段作っていないとどんどんヘタになるのう。今、巻きたい、練習したい欲がうずうずと。こうね、きゅっと巻き簾を…(脳内巻き訓練)。


リトルネック・クラムの酒蒸し、五菜きりぼし大根(人参、大根の葉、ひじき、椎茸入り)は黒大豆、竹輪で炒め煮。

◆海老塩をつくってみた記事は、こちら

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/21 (Sun) 対談後の一杯(のはずが…)


我が家で対談と撮影の後、皆してご近所のフレンチビストロ、アンファン・ボエムへ。楽しくもやや緊張のひと時を終えた後のワインがしみじみ旨し。って、対談中から飲んでたのはナイショ。
Camembert Rôti、蜂蜜とアーモンドと共にローストしたとろっとろなカマンベールに、


Warm Artichoke Dip、バタートーストが止まらぬアーティチョークのディップ。
表面香ばしく、フォークを入れればわずかに酸味と独特の香りを抱いた熱々のディップがとろけだす。私はこの野菜のレイヤー感だけが好きなのかと思っていたが、そんなことはない。いま悟る。うまい野菜はその身をよよと崩してベシャメルソースに溺れても、なおうまいのじゃと。


Boeuf Carottes Façon Grandmère、オーナーさんのおばあちゃまのレシピなのだとか。じっくりとブレイズしたショートリブはほろほろと崩れる柔らかさ。煮詰めた赤ワインのソースで。人参嫌いの私でも、このローストされた人参は甘くおいしくいただけた。対談相手のSくんも「うまいっっ」の連続で、よかったよかった。
ということで、どなたとの対談かは、6月17日発売の小説すばる7月号をお楽しみに、うっふふ(といいつつ、一部ではご本人がすでにバラしておるが。汗)。

Les Enfants de Boheme
177 Henry St. New York, NY 10002

◆以前来たときに、これまた絶品のフォアグラのムースを食べておる記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS