2017/06/06 (Tue) 茅乃舎の揚げないフライ・レシピ


友人宅で出していただいたシーフードのフライ風の料理がとっても美味しく、どうやって作るのか訊いたところ、彼女も私も愛用している茅乃舎さんのレシピなのだとか。ほほう、いいこと聞いた。オリジナル・レシピで使っている牡蠣はないが、海老で早速つくってみた。
まずは、茅乃舎だしとパセリをオリーブオイルでこんがりとなるまで炒め合わせ、取り出しておく。……と、ここで生パセリがないことにはたと気づき、乾燥パセリとディルで代用。えーそれ一番重要なとこではないのか!? 行き当たりばったりにもほどがあるが、今回はよしとしよう…(妥協、妥協の人生さ~)。
好みのシーフード(今回はパタゴニア産の海老)は水気をとって薄く小麦粉をはたいたら、バターで両面色よく焼いて、先のパン粉ミックスをぱらぱらと振りかける。
だしの染みたさくさくパン粉のおかげで香ばしい口当たりに、バターの風味も生きて、ぷりぷりの海老が弾ける旨さに。しかも簡単。この先もお世話になりそうなレシピじゃ。H子ちゃんありがとう。そして次は生パセリで挑戦してみたい(教訓:料理の前には材料を揃える、といった基本を学ぶべし)。


本日の晩酌皿は、クレソンの辛子和え、枝豆、ルッコラサラダ、ラディッシュ、燻製卵、それにとうもろこし。

茅乃舎 / 揚げない牡蠣フライ

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS