2017/06/16 (Fri) 黒い宝石ふたたびの奇跡


ある日突然、我が家に届けられた箱。こ、この文字は……。でもきっとよくある箱の再利用であろう、それにしてもJナ、贅沢なもの食べておるな、と思いながら箱を開けたら、


中からまたアノ文字が。しかも、冷凍パックもきっちり入っておる。ま、ま、まさか?
断っておくが、大して読者もおらぬであろう拙ブログをこの展開で盛り上げてみよう、とかそういう魂胆はまったくなかったのである。「荷物が近々届くよー♪」とだけ言われていて、到着日も定かでなかったし。


やはり例の燦然と輝くキャビアが~。しかもブリニ、クレームフレッシュ、スモークサーモン、それにフォアグラまで入った玉手箱。


先日のロシア料理店でのキャビアの宴に続き、な、な、なんとまた黒い宝石が我が家にやってくるとは…。多分こんな奇跡はもうしばらく(一生?)起こらないかと思う…。魚卵好きが愛する最高峰の卵、輝く一粒一粒を、クレームフレッシュを塗り崩した燻製卵をのせたブリニに丁寧にのせてくるみ、頬張る。豊饒な海の命が解き放たれ、口の中をなかを浮遊する。奇跡はたまにだからいいのかもしれない。心からありがとう、Jナ。

◆ロシア料理店での贅沢キャビア・ナイトの記事は、こちら

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS