2017/08/31 (Thu) 舌を休ませてはくれぬ五粮液


晩ごはんは、美味しい麻婆豆腐を食べたいよね、じゃあ集まろっかの会@ウーリャンイー(写真の男性は関係なし。ただウルサい私たちがひょこひょこあとをついて上がったので、不吉な気配を背中に感じておったかもしれない)。


そして本日の隠れテーマは、エルヴィスの命日をしのぶ会、でもあるのじゃった。大ファンを自称するYきさんなど、「ランチにはキングが好きだったバナナサンドを食べようと思う」と気合が入りまくっておる。そこまでしてキングを…。ああ、私も「鴨とぶ空のプレスリー」を書いた当時はキング漬けだったのう。ほとぼりさめたら忘れる自分をすこし反省して、聞き直そう…。
まずはMじ一押しの、Double Cooked Fresh Bacon。見るからに旨そうな濃厚なにんにくの香りを放つ肉の塊をぺろんとめくると、


ふくよかな脂を身にまとわせた柔らかとろとろな豚バラの層が!山が! 身悶えするほどの危険な美味しさにのっけからノックアウト…。豚とにんにく。バナナとピーナッツバターの組み合わせに匹敵するぐらいの、いやそれ以上のやみつき度であるな。


そして、市販の花椒に毒性のあるものが混入されているのが発見された件などについて熱く語り合いつつ、花椒満載の麻婆豆腐、Chef’s Ma Paul Tofu W. Minced Porkなど。美味しさは常に危険と背中あわせ、ジュリーの歌など聞こえそうなスリリングでひりひりする旨さ。


野菜もいっとこうよね、と Sautéed Stringbeans W. Spring Bamboo Shoots、インゲンと柔らかな春筍の炒め物を。軽やかな箸休め、などではなく、これまた香辛料が絡みあい、濃厚なのである。舌を片時も休ませぬこの店のメニュー、おそるべし。


Dan Dan Noodles、汁なし担担麺は、期待に唾をのみこみながら混ぜ混ぜ混ぜして、


たっぷりと肉とタレをなじませてすする。辛い。旨い。ご飯のおかずになりそうな、麺という名のたくましい菜に舌鼓をうちつつ、しゃべる、笑う、4人組。今宵も楽しくも、ほとんど「意味なーし」と後ろからスリップで頭をたたかれそうな話題で盛り上がった私たちであった。こういう気楽な会、いいなぁ、楽しいなぁ。だってばかなこと言っても誰も怒らない…むしろ褒められるんだから。

Wu Liang Ye 五粮液
36 W 48th St, New York, NY 10036

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/30 (Wed) 今週の10分弁当~4年ぶり再開であたふたと


諸般の事情により、数年ぶりにお弁当づくりを再開することになった。よく考えたら4年ぶりである。そこで過去のブログ写真で復習などしていたが、予想通り、竹輪胡瓜にミニ野菜、ゆで卵を隙間要員に使いまくっておるな。よしよし、またその線でちと頑張らずに頑張ってみるか。
と記念すべき初日は、ぬかりなく夕食から取り分けて冷凍庫にとっておいたカルビを使用。ふふふ、我ながら準備がいいぜと出してみたら。あ…? なんか固い…。に、肉と思ったのはまさかの骨部分!(骨付きカルビだったのだ)
ということで、肉の量が半分になってしもうた。ここはひとつ、ししとうやミニ・ズッキーニでごまかしておこう。ふぅ、初日から思いやられるのう。
とりあえず肉量少な目の牛カルビ焼肉と焼き野菜ごはん、ハラペーニョ入り卵焼き、竹輪胡瓜、ルッコラとセロリとフライドオニオンのサラダで、乗り切った。


鶏胸肉とネギのカレー生姜炒めに、ホッピンジョン。さつまいもとアリコヴェールとえごまの辛子マヨ和え、ハラペーニョ入り卵焼き、竹輪胡瓜。え、2品ダブってますか、そうですか。なんならすべてダブらせたいところであるが。来週も頑張ろう。毎日は無理だけど。

弁当もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/29 (Tue) ロック古道具屋と帆立の燻製醤油漬け焼き


ご近所にアンティークなのか変わった店ができていたので覗いてみる。いきなりの熊の剥製、年代物バイク、ごっついシルバー指輪、スカルアイテムあれこれ。店員は、と見るともちろんタトゥーばっちりなかなりハードコアの兄ちゃんである。イーストヴィレッジならまだしも、チャイナタウンにほど近いこの通りでかなりの唐突感…。
客はおらずどことなく緊張感漂う店内を眺めておるうち、ライダーズジャケットにぶっといシルバーチェーンをし、髪をピンクに染めたい願望がもくもくとわいてくる。なんだったらピアスなんて50個ぐらいいけそうだ。
そんなロック古道具屋に心惹かれた日の晩ごはんは、帆立の燻製醤油漬け焼きに柚子胡椒、春菊と焼き舞茸の辛子あえ、ネギ甘辛焼き、燻製卵、とうもろこし、キムチ豆腐。


別の日の週末の焼き物。骨なしだと思ったら骨があってショックだったショートリブ(カルビ)をコチュジャンや醤油、にんにく、生姜、ごま油、味醂に漬けこみ、ベイビーQちゃん(本名)でじゅー。ベイビーズッキーニ、ししとう、フラットブレッドなどと。


屋台風イカ焼き(軽く切れ目を入れたイカを醤油、みりん、酒、生姜に1時間漬けておく)、ベイビーズッキーニ、アスパラガス、とうもろこしなどをじゅー。



このスパイシー・ローストひよこ豆か、ケイジャンゆで落花生、ケイジャン枝豆、塩そら豆辺りがないと、どうにも晩酌が物足りない体になってしもうた…。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/28 (Mon) ギリシャ料理店にて従兄と再会


NYに観光にやってきた従兄夫婦と数十年ぶりの再会、ミッドタウンにてギリシャ料理をご一緒することに。小学生の頃以来だから何年ぶりだろう…人見知りな我はちょいと緊張…。


けれど気さくな奥様と共に、昔の話などしているとあっという間に場は和む。そうそう、小さかった私はゆーちゃんゆーちゃんと年上の従兄に懐いていたっけな。気づけば数10年ぶりに会っても「ゆーちゃん」「ともちゃん」と呼び合いながら、あれやこれやと時を紐解いていくのが楽しいのだった。
そんな会話の始まりには、ピタパンにギリシャのスプレッドなどたっぷり塗ってわいわいと頬張るのがふさわしい。選べるスプレッド3種、まずはこのTaramosalata、タラコにアーモンドとポテトが入った滑らかなムース風。


NYではハマス店などもたくさんできて大人気のHummusは、ひよこ豆にタヒーニ、にんにくにオリーブオイル。それに、ローストした茄子にトマト、ヨーグルト、にんにくのスプレッド、Melitzanosalataなども。いけない、いけない、どれも素材の味が立ち上がる滑らかな一口が美味しくて、ピタとこれだけでおなかが一杯になってしまいそうじゃ。


ズッキーニの花に詰め物をしたStuffed Zucchini Blossom。さっくり揚げられた花の中に贅沢に詰められた蟹肉。そして5年熟成のアシルティコ酢にエキストラバージン・オリーブオイルをたらり。美しき花が噛み締めれば甘やかな美味なる花に生まれ変われば、ワインを持つ手がとまらない。
そして、結婚前の若き日の父がゆーちゃん宅に居候していた時の話などに楽しく耳を傾ける。「おじさんは変わってないよー」「まじめで堅物、でも変わり者?」「そうそう」…やっぱり若い時からそうだったんだ(笑)。


あれば頼んでしまうタコのグリル、Grilled Octopus。下に白く慎ましやかに敷かれたのはギガンテス、そら豆をマリネしたものだが、ギリシャ神話の巨人族Gigantesの名がつけられているとは面白い。クレタ島のオリーブオイルが優しい滋味を連れてくる。


そしてお二人はギリシャ料理は初めてとのことで、やはりここはムサカMoussakaをお勧めじゃ。ラムと牛ひき肉、ポテトと茄子とペッパー、ヨーグルト・ベシャメルのたくましい層がおりなす味の歓び、そして再会の喜びかみしめる。
秋の帰国時には、両親を連れていまもゆーちゃん夫婦と一緒に暮らしておられる叔母さんに会いに行こうと思う。幼い頃叔母さんにカラメル焼きを買ってもらった鍋屋横丁も歩きたい。
それまでどうかお元気で。

Molyvos
871 7th Ave, New York, NY 10019

| trackback(0) | comment(0) |


2017/08/27 (Sun) 紅い星、咲いた


今年も紅い星みたいなルコウソウの花が咲いてくれた。姉妹のマルバルコウは朝型なのか、見るたびにすでにしぼんでいる…いつか咲いている姿が見られるのであろうか。
食べられる植物ばかりの我がベランダにて、可愛い顔したルコウたちにはつい甘い顔してしまうのじゃ…。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS