2017/08/02 (Wed) 親柚子さんとのお別れ


11年前に接木の苗を買った柚子さん。3年後には実をつけてくれ、その種を植えてみたところ見事な発芽率で何本もの子柚子さんも育った。こちらはすくすく育っている子柚子さんの親分格じゃ。


それから台木のからたちに体を乗っ取られそうになったり、冬枯れしそうになったりしながらもなんとか生き延びてくれ、なんと去年は7年ぶりに実をつけてくれたのだった。


しかし…。最後のチカラを振り絞って実をつけてくれたのか、その後、力尽きたように枯れはじめ…。復活を待ち望んで水をあげ続けていたけれど、やはり戻ってきてはくれず命尽きた様子。うう、哀しい…。お疲れ様、親柚子さん。


せめて残った子柚子たちを大切に育てようと思う。桃栗3年柿8年、柚子の大バカ18年……。いつか花咲かせ、実をつけてくれることを祈りつつ。

◆初めて実をつけてくれた2009年の記事は、こちら

◆2年まえ、からたちに危うく乗っ取られそうになった事件は、こちら

◆去年、7年ぶりに実をつけてくれた記事は、こちら

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS