2017/08/06 (Sun) テネメント博物館(のショップ)


一度行きたいと思っているのにいまだ行けておらぬご近所の場所に、移民の歴史を伝えるテネメント博物館がある。オーチャード通りの6軒のアパートメントをもとの状態に修復し、移民の暮らしを再現しているということで興味津々なのだが、予約が必要。この予約が…なぜか横着者には面倒なのである。おなじ理由で、ご近所のキャット・カフェにもまだ行けておらぬ。予約に弱い自分の弱さ…イケておらぬ。けれど、予約の必要ないこのミュージアム・ショップ(当たり前だ。それじゃお客がこないよ)はよく覗いている。


NY関連グッズがたくさんで、楽しい。ブックコーナーもNYの歴史からジューイッシュ・フード、絵本までぎっしり、食器類もあれこれ。おなじみコーヒーの紙コップのデザイン、あまりに見慣れているので意識しなかったけれど、こうしてみると可愛いな。


ひそかに狙っておる、ビル柄のガラスのフタ付き容器。ああ、摩天楼が「予約」「なにごとも予約が必要ヨ」「美味しいレストランも皆予約」とビルの谷間の私に今宵もささやきかけてくる(妄想)。

The Tenement Museum
103 Orchard St. New York, NY 10002

◆とってつけたように、拙著『ニューヨーク街角スケッチ』からのイラストギャラリーは、こち
ららん


買いもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS