2017/08/13 (Sun) 椎茸の肉詰めと脳内ダンス日和


仕事で煮詰まっておるのだが、なぜかのほほんな夢を見た。私が1人タヒチのダンスを踊っていると(なぜ踊る)急に綺麗で親切な人が教えてくれ始めた。その人は頭からたらした(ここが微妙)ネックレスを星のように受け取る踊りをしていた。場面変わって、水に花をうかべ生けていた。呑気な夢世界に逃避しておるのか。午後、タヒチのリズムでヘスターストリート散歩。
そんな脳メカニズムの不思議を感じた日の晩ごはんは、椎茸の肉詰め(詰め物は鶏ミンチ、生姜、だし醤油、胡椒、紫蘇みじん、椎茸の軸みじん)。かさの裏側に小麦粉振ってタネ詰め、上からも小麦粉振ってよく焼く。いちじく、春菊、ブルーチーズのサラダ、とうもろこしに、


胡瓜とセロリの汐吹昆布漬け。


そして翌日にも春菊といちじく、ブルーチーズのマスタードヴィネグレットのサラダを。まったくベランダのいちじくが豊作で困っちゃうなぁ、もう。2個だけどね…。それにしてもブルーチーズのたくましい香りと塩気にあまいいちじく、この組み合わせは生ハムにも匹敵する最強コンビだのう。


そしてこの日は、アラスカン・ソックアイ・サーモンのソテーにトレジョのサンバルマタソース、焼き野菜のホワイトバルサミコ酢マリネ添え(ミニ・スウィートペッパーにチポリーニオニオン、どちらも甘くて旨し)。とうもろこし。今日も南国踊りの夢を見られますように。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS