2017/08/14 (Mon) 涼しき夏にガンボづくり


やや涼しめのこの週末は、昨日からガンボ作り。ストック作りと2日に分けると作業がラクチンなので(と見栄をはってみたが、私は時折キッチンを覗いて"おー、いいねぇ、いい匂いだねぇ"などとお気楽なコメントを述べるのみである)。
まずは以前食べた時にいそいそと冷凍しておいたこのメリーランド・クラブの殻とケイジャンボイル・スパイスでゆでたパタゴニア産海老の殻で、ストックを煮出す。メリーランド・クラブとダンジネス・クラブの殻は、やっぱりストックづくりには抜群の威力を発揮するなぁ(ザリガニもいいが)。ロブスターもいいのだが、あまりに綺麗に食べてしまうため、蟹よりは弱い気がするのだ(って、どれだけ綺麗に食べておるのか、私は)。


日曜はルーを作って、ぐつぐつぐつ。オクラにセロリ、玉ねぎ、チョリソと具沢山、そして2.5lbのむきエビは固くなり過ぎないように最後に投入じゃ。


ホッピンジョンにかけていただきます。濃厚な蟹の風味と海老、オクラのとろみで茶色に艶めく魅惑のお皿。ニューオリンズが一気に舌に押し寄せた。スパイシーな夏のガンボで汗をかく。いいぞ、いいぞう(孤独のグルメ、ゴローさんの節で)。


ちなみに私はとろみづけのためにさらにこのガンボ・フィレ・パウダーを振り入れて食べている。サッサフラスの葉を乾燥させて挽いたスパイシーなハーブに、タイム少々、ケイジャンやクレオール料理には欠かせないスパイスである。しかし何が言いたいかと言うと、隊長が描いたこのラベル。
ザリガニだよ!というけれど、どう見ても生姜のきれっ端にしか見えない…。というと、隊長はぷんすかしておられた。

◆ガンボ・フィレを発見したお店の記事は、こちら

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS