2017/08/16 (Wed) 財布の中身とハマチのカルパッチョ


どうして私のお財布にはいつもお金が極端に少しか、たくさん(自分比)のどちらかしか入っておらぬのだろうか…。本日は「少し」の日で、エセックス市場のポートリコ・コーヒーでコーヒー豆を買ったら残金が$2なことに気づく。まだたくさん買い物はあったのだが、あえなく残金はたいて$2のブルーベリーを買って終了。こんなことの反動で、「えいっ、たくさん入れておこう!」と多めに入れておく。そしてその事実に安心し、気づくとまた底をついている…という永遠運動なのである。日本でもこのパターンで、喫茶店で食べた後にお金がないことに気づき、慌てて家に取りに戻ったことも数知れず。
そんな貧乏と大富豪(だから自分比)を繰り返しておる日に、反省の念でつるつると納豆蕎麦(焼きチポトレオニオン、ブロッコリーニ、アラスカ鮭のグリル)を啜り、


ハマチのカルパッチョを。タレは柚子胡椒とベランダで実った柚子のゼスト、オリーブオイル、旭ポン酢で。平茸と枝豆の焼きびたし、グリーンチリのタマレ(納豆嫌いの隊長用)、ケイジャンゆで落花生。
夕飯後、アパートの公共庭にひとりで蛍を見に行ったが、季節が終わりなのか少ししかいなかった。そういえば蛍は求愛のために光るのだと思っていたが、その他にも「びっくりしたー」「びっくりさせちゃお」という時にも光るらしい。びっくり!(ピカッ)って、なんか可愛い。いっそ感情を隠しがちの人間もペンライトか何かで表現してみてはどうだろうか。そんな言い方ないんじゃない!の代わりにピカッ。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS