2017/09/30 (Sat) 熱々の蟹ディップとオークション


「隊長のいらない機械をオークションで試しに売ってみたら思いのほか高値がついてしまって、二人でおろおろ」案件にそれでも味をしめ、色々と機械とか紐(ケーブル)など出してみるも、私には同じ機械に見えても今回はとんと買い手がつかない。世の中そううまくはいかないと知る。とここで、奥田英郎さんの「家族日和」で、夫の持ち物を次々勝手にオークションに出してしまった奥さんの話など思い出し、ふっと隊長の机まわりを虎視眈々と狙っている自分に気づく。
「売れるもんはねぇだかー」とまなざし鋭くなっているそんな日の晩ごはんは、トレジョの蟹の身とネギ、グリュイエールチーズ、以前食べたロブスターの出汁で作ったベシャメルソースなど合わせてホット・クラブディップを。近くの店で調達したサリバンベーカリーのバゲットに野菜、熱い蟹ディップをのせてぱくり。


スープで煮たワイルドライスとフレンチ・レンティル、クレソンのサラダに枝豆、鴨プロシュートなどをお伴に。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/29 (Fri) 今週の10分弁当~餃子、豚アスパラ巻き、ラム、鮭ほぐし弁


10分で詰めてフタ閉めますよ、な10分弁当。
本日は開けてうれしい餃子弁当onホッピンジョン、もちろん餃子は手作り…のわけはなく、ここ最近のヒット店、イーストブロードウェイの蘭州手打ち麺の店からじゃ。焼き蟹カマとルッコラとラディッシュのサラダ、そら豆とセロリのマリネ、ケールと卵の胡麻和え。
餃子はタレを外側にだけあらかじめ薄くつけて入れておる。なぜならこちらには、あの可愛い100均の醤油入れというものがないからのう。


豚肉アスパラ巻きに梅ごはん。竹輪胡瓜、ハラペーニョ入り卵焼き、新じゃがロースト、そら豆サラダ。肉巻きには見えない投げやりな豚が哀愁を醸す弁当といえましょう。しかもアスパラ巻きなのに、横にもアスパラ。アスパラ押し。


ラムレッグとミニペッパーと平茸ローストにホッピンジョン。ネギ入り卵焼き、長ひじきと黒大豆、竹輪、干椎茸煮。ルッコラの胡麻和え、ラディッシュと蟹カマ。


コーホーサーモンの鮭ほぐしごはんと春巻き。さつまいもとリンゴとセロリのカレー辛子マヨ・サラダ、ハラペーニョ入り卵焼き、ラディッシュの葉と蟹カマ和え。今週の影の立役者、それはオーサキのか、に、か、ま(ハート)。
早朝の写真はなんだか綺麗に撮れないなぁ(腕でなく、さりげなく時間にせいに…)。

弁当もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/27 (Wed) サン・ジェナーロ祭りのお目当て


リトル・イタリーで毎年催されているイタリアン祭り、サン・ジェナーロへ数年ぶりにやってきた。チャイナタウンにぐいぐい押されて勢いを失っているリトルイタリーだが、いやいやこの人手はすごい。おじけづくほどの混みようだけれど、まだ元気があってくれてうれしいのう。
さてお目当ては、というと、


まずはブラチオーレ、マリネした豚や牛肉にモッツァレラやパルメザンなどのチーズを巻き込んで直火で焼いた肉料理じゃ。イタリアンソーセージはよく見かけても、これをおいている店は少な目なので、Bracioleの文字に目を光らせつつると、あったあった。こちらはMulberry StのHester St近くの店。
おじさんに注文すると、すでににんにくやハーブでマリネしてロールしてある肉とイタリアン・ホットペッパーをじゅじゅーと焼き始めてくれる。直火を前に手際よく肉を扱うおじさん、かっちょよし。「写真撮っていい?」と聞くと、「なんぼでも撮ってくれやー」と下町っぽく答えてくれるのであった。チーズいる?と聞かれて、うんと答えると焼けてきた肉にチーズをのせ、さらにペッパーと一緒に大きなパンにはさんでくれる。ずしりと重い包みから、いい匂いが。いやここで食べてはいかん。大切に持ち帰って、家でワインと一緒にゆっくり味わうのじゃ。


さて、次のお目当てに向かいつつも、きょろきょろと。どこでもイタリアンソーセージは人気だのう。


レイヤー好きとしては、このポテトが気になりすぎる。


射的などのゲーム類もあれこれ。でも、どれも景品が「当たったら困る」「むしろ当たりたくない」という感じのぬいぐるみなので、やめておこう。以前友人がボーイフレンドが得意げに当てた巨大ぬいぐるみをプレゼントされた時に見せた、生ぬるい笑顔がいまだ忘れられないのであった(「どこ置くの?」「ていうかマジに持って帰らなきゃダメ?」という顔)。ちっちゃい子には楽しいだろうなぁ。


甘いものもあれこれ。岩の塊みたいなヌガーキャンデー、Toronne。そして、ええーと一瞬引いたのが、イタリアの揚げパン、ゼッポレのオレオバージョン。ただでさえ甘いオレオをさらに揚げるという暴挙に、人が群がる。そのうちの一人(子供でなく、大の男の人である)が言った。「ねー、フライド・トゥインキーはないの?」「それはあっちの店にあるわ」と言われ、嬉々として買いに行く大の男たち。トゥインキーって…あの…ふわふわの甘いスポンジの中にクリームが入ったアレだよね。あれをさらに衣つけて揚げ物に…はは、ははは(笑いながらあとずさり)。


そして、もう1つの目当ての店発見~。シーフードの店で売られているグリルした小ダコ。フライド・カラマーリはあっても、このグリル・タコを売っているのはこのお店だけなのである。こちらは、Mulberry StとSpring Stの西南。友人が場所を事前に教えてくれていなかったら、絶対に見つからなかっただろうなぁ、大感謝。シーフードの種類はあれこれあって1オーダーで$10、2オーダーなら$12。


迷わず小ダコだけを2オーダー、これも事前に友人から、「ソフトシェル・クラブは失敗だった」等の情報をもらっているからである。男前のお姉さんがじゃっじゃと焼いてくれる。聞いたところ、マリネして焼いたタコを注文を受けてさらに香ばしく焼くのだそう。ふむふむ。
まだ手にあたたかなおいしいものを抱えて、さて我が家(ガスなし生活続行中)に戻ろう。


戻って食べたブラチオーレ・サンド。肉に大ぶりのイタリアン・ホットペッパー(種をとって食べないと辛い!)、オニオンに何種かのチーズでボリュームたっぷりカロリーずっしり。
写真だと美味しさが伝わらないけれど(やや不気味)、激うまうーーまなのであった。しかし持ち歩くうちにパンが湿ってしまったので、パンは別にして焼き直した。来年は別々に包んでもらおう、とブラチオーレ豆知識を得たことである。

San Gennaro 
Mulberry Street, between Canal Street (on south) and Houston Street (on north).

食の買いもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/26 (Tue) トゲバンレイシとメリーランド・クラブ


雨上がりの午後、エセックス市場を探索し、またしても珍しい果実だか野菜発見。その名もGuanaba、トゲバンレイシ、サワーソップ。その時は勇気がなく買ってこなかったが戻って調べたらすごい。免疫機能の保護、悪性腫瘍への効果、あれこれ。次は買ってこようっと(いつものにわか健康ブーム到来の予感。大麦若葉やらヘンプシードやら、忘れ去られたまままだたくさん残っておるがのう)。
晩ごはんには、メリーランドクラブを。私の繊細な指先が蟹の甲羅で傷めつけられないように、アレクサンダー(誰?)、がんがんと木のハンマーで割ってちょうだい。いや、本当に最近指先の調子が悪いので結構真剣じゃ。


手づかみナイトなので前菜も簡単に食べられるものを。アリコヴェールの鴨脂炒めに野菜スティック、モッツァレラと鴨プロシュート、アーティチョークのスパイスロースト、パールオニオン入りオリーブ。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/25 (Mon) ししとうさん日誌@2017年


毎年恒例、今年のししとうさん日誌。去年、強風でかなり苦労させられたので、今年は遂に苗ポットを導入して室内である程度まで育てようと決意。張り切ってホームデポさんで買ってきましたとも、シード・スターター・ポット。このままプランターに植えられるというジフィー・ポットで。


4月14日に蒔いた種は、1週間後には発芽。おお、外だと3週間はかかるのに室内だと早いのう。そして4月26日現在、すくすく成長中。キッチンの窓際に置いているから、1日に何度となく覗き込んでしまう。ほほほ、愛いやつじゃ。ちなみに14ポットあるうちの数鉢は、桃太郎トマトさんである。


4月下旬、雨が多かったせいかなんとポットの中に茸発生~。むむ、かわいいけれど、土の栄養分を取られそうでなんか悔しい。お引き取りいただこう(でも胞子が残っているせいか、この後時々顔を出した)。


そうしながらも、ベランダのプランターの土の準備も着々と。今年はいつもの苦土石灰(ガーデンライム)、草木灰、連作障害対策のためのHB-101に加えて、EM-1菌も投入じゃ。いい菌が連作障害で生じる悪者をぱくぱく食べてくれますように(バイキン君がやっつけられる脳内イメージ)。


ポットの苗もかなり育ってきて窮屈そうなので、いよいよお外デビューじゃ。まずは成長のよさそうな苗を選んで、5月27日に植え付け。残りは6月10日に。大き目プランター4つに、苗20本……今年はいつになく張り切ってしもうた。
それでも苗ポットのししとうはまだ余っておるので、友人たちに養子に出すことに。大江千里くんにあげたししとうっ子もすくすく育っているようで何よりじゃ。


苗間狭いよ!と思われた方、そうですよね、すみません。欲をかいて儲けが少ないタイプかもしれません…。


そして6月の柔らかく可憐な苗を襲うにっくきやつが今年も登場! アブラーに向けて、珪藻土を振りかけたり、セロテープ捕獲作戦や牛乳スプレー攻撃を仕掛けたりと、苦難の初夏。


ベランダ見渡せば、あっちにもこっちにもししとうプランター。水やりに追われる夏もまた愉し。


7月16日開花。やっぱり室内である程度育てると、早いなぁ。去年は8月上旬だったのに。


と浮かれていたが、8月上旬、雨嵐で大変な目にあう! がんばれししとうさん。しかしどうしてどうして、私はこういう事態に備えて支柱を立てておかなかったのか。ばかばか。雨に打たれながら、例の「メラミンでなく、メラミソ」箸を立てて、ワイヤーで結ぶ羽目に…。


つらい目にあわせたお詫びに、今年は追肥も頑張ってみる。水耕栽培に使ったこの液肥、成長段階にあわせて配合を変えられるので便利。現在は実らせることを目的にした配合で(いちいち測っていたら、隊長に「実験してるみたい」と言われた。そう、園芸は実験じゃ)。


その甲斐あって、立ち直ってくれた。そして、8月12日に念願の初収穫。それからは、9月下旬の今もまだ順調に収穫中。
ただそろそろ、日照時間が減ったせいか涼しかった夏のせいか、辛い「アタリ」も出現するようになったが、それもまた楽しということで。
来年も室内の苗ポットで、頑張ろうと思う。

◆2016年のししとうさん日誌は、こちら
去年は格別大変だったなぁ、思い出すも涙…。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS