2017/09/15 (Fri) ケイジャンゆで落花生中毒


ケイジャンゆで落花生の禁断症状が現れたので、アレン通りの店に生落花生を仕入れに行く。ついでにオオサキの蟹カマも買う。フィッシュスティックではなく、あえてフィッシュスチックと名乗り続けて43年。小さい頃、母が蟹カマをバターで炒めてお弁当に入れてくれたのを思い出しつつ、私もこれをお弁当の隙間要員に使おう。
さて、生落花生も手にはいったので、戻ってきて早速暑いなか、1時間半、落花生をゆでる(隊長が)。
使用するスパイスはこちらの、Louisiana Fish Fry Crawfish Shrimp & Crab Boilじゃ。最初はニューオリンズで買ってきたのだけど、探したら結構オンラインショップでも見つかるので助かっておる。


◆何度か試して到達したケイジャンゆで落花生の作り方はこちら。
<材料>
生の落花生1.5~2lb、
クラブ・ボイル・スパイス 1/2カップ、
塩 大さじ2(うちはKosher Salt使っているけれど、なんでもいいかも)、
レッド・ペッパー・フレークス 大さじ3(スーパーのスパイス売り場にあるフレーク状のもの)、
ガーリックパウダー 大さじ1、
生のにんにく 5片(皮をむいたら、そのままか少し潰す)
1. 大鍋に落花生がかぶるぐらいの水を入れ、他の材料をすべてとかし、落花生を入れる。
2. 1時間半~2時間ゆでる(途中で味見してゆで具合を確かめながら)。
*落花生が浮いてこないように、上にお皿か何かで落とし蓋するとよろしい。
3. 火を止めたら、30分以上そのまま漬けておき、それからザルで水気をとる。
レッドペッパーの粒が殻についているのが気になったら、ざっと水洗いする。


出来立て落花生を食べながら、晩ごはんにはオールドベイ・シーズニングとパプリカをまぶした大きな海老(おおざっぱすぎる呼び名)、グリル用チーズ、採れたてししとう、平茸、自家製フラットブレッドなどをベイビーQちゃん(本名)でじゅーっとな。


スパイシーな落花生や海老でひりつく舌に優しい、ブッラータチーズにいちじく、紫玉ねぎの甘酢漬けにルッコラのサラダ。

◆剥いては食べたくなるシュリンプ・ボイルの記事は、こちら

◆ニューオリンズのフレンチ・マーケットでゆで落花生に巡り合った記事は、こちら

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS