2017/10/01 (Sun) Wave Hillにてお茶席のお手伝い


本日は、グランドセントラル駅で仲良し茶友2人と待ち合わせしてメトロノースに乗り、遠足気分で大好きな庭園、ウェーブ・ヒルWave Hillへと。ハドソン川とパリセードを見渡す壮大なこの場所で、草月流90周年の記念イベントのためのお茶席のお手伝いをさせていただくことになったのじゃ。ここは、文豪マーク・トウェインも愛した避暑地なのだとか。まだ紅葉には早いけれど、瑞々しい緑が目にまぶしい。


どのようにお茶席をしつらえるか、ばたばたと準備をした後は、皆さんと一緒にランチをいただき、いよいよお点前のデモンストレーションを。先輩T子さんのたおやかな所作にほれぼれ…(周りであたふたとお菓子や道具を準備する丁稚の私とHちゃん)。自分の時は普段と勝手が違うことに戸惑って、なんだか動作があやふや、怪しい。場慣れしてないし基本が身についていないから、こういうことになるんだのう、と猛省…。


干菓子は、裏千家NYセンターが特別に京都から注文しているふのやきを。これがね、お稽古のたびに食べても食べ飽きないおいしさなのじゃ。印されているのは、千利休の孫・千宗旦手植えの宗旦銀杏。


お茶席は、庭園内のこの文化センターの中庭で。


皆さんがお茶を飲みにきてくださってあわただしいながらも楽しいひと時を過ごした後は、ひと息ついたところで華道作品も見せていただく。う、美しい。そしてときに大胆で斬新な作品も。華道の世界にはなじみがなかったけれど、お花をこんな風におおらかに自由に扱えたら素敵だろうなぁ。


今回のイベントのお声をかけてくださった、草月流いけばな師範の田村波津枝さんと、秋の色薫る彼女の作品。「Award for Best Exhibition at Flower Appreciation Day」を受賞なさったとのことで、おめでとうございます! しかもご自分が祝われる立場なのに、一緒になってお茶碗を懸命に洗ってくれたりと細やかな気配りが素晴らしい。ああ、こんな方にお花も触れられたら幸せだのう…。


大好きな庭園、Wave Hillの美しい自然に囲まれてお茶を点てる機会に恵まれて、幸せな1日だったなぁ。草月流の皆さん、本当におめでとうございます。

Wave Hill
675 W 252nd St, Bronx, NY 10471

◆何年も前に、ウェーブ・ヒルを訪れたときの記事は、こちら

和もの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS