2017/10/29 (Sun) 機内食覚書と初の羽田便


晩ごはんは、機内にて。ということで、毎度ながらのいやしんぼ覚書をば。
三重県は清水清三郎商店の純米大吟醸、作(ざく)を飲みながらの先付は、カリフラワーのパンナコッタ、ワイルドマッシュルームとトリュフのオイル。かぼちゃのアグロドルチェ、カッテージチーズ添え。トリュフの香りをまとった滑らかなカリフラワーペーストがおいしくて、延々となめ続けていたら日本に着いた(ということは、ない)。


ちまちまつつくのが楽しい彩御前。ずわい蟹なます、アナゴの白菜巻きとクレソンのおひたし、海老揚げ真丈にずんだ、茄子の揚煮浸しと鴨治部煮。袱紗焼き卵、凧柔らか煮、蒟蒻ピリ辛煮、里芋唐揚げ、しめじ酒塩焼き、栗甘露煮。


台の物は牛肉ポン酢餡と鮭とうきび焼き。甘味の洋梨とアーモンドのタルトはパス(夕刻以降のデザートは酒にとってかわる、の法則…)。
そして寝て、読み、観て(河瀬直美監督の「光」に感動)、の繰り返しの後はまたしても軽食。バスの中でおやつ。そして実家に戻って母の手作り餃子。最初から飛ばして翌朝体重計を見ては涙目、の日本の幕開けじゃ。
それにしても、今年からJAL羽田便が就航ということで、羽田からバスで海老名まで一直線で帰れたのがなんだか不思議な気分なのじゃった(ま、東名は渋滞していて、電車のほうが早いのだけど…)。

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS