2017/11/13 (Mon) 錦市場


京都に来たら、まずはここへ、の錦市場。もう入り口からして、胸躍るのう。


まずは、乾物や鰹節で知られる田邊屋を覗いてみる。このお店、欲しいものが多すぎる…。小鮎の醤油煮のいい匂いに鼻くすぐられつつ、ちっともアユ的ではない、ぶぶあられなど購入。


どうして、どうして、私の目をひくのは酒のアテになりそうなものばかりなのであろうか。観光客も多いけれど、常連らしきおばあちゃんが少しずつお惣菜を包んでもらっている姿にもほのぼの。徒歩圏にこんな商店街があったら、私も毎日通ってしまうであろうな。


買い食いシリーズ、ハリネズミ饅頭にタコさん、大人気。


ごま福堂にて、杵つき金ごまと、友人お勧めのごまキューブを入手。早速ひと口キューブをほおばってみたら、濃厚な胡麻が口のなかに吸い付いて口内ごま天国(&ややパニック)。


ぢんとらもお気に入り。今回は、愛用のチューブ入り柚子胡椒が見当たらず残念じゃ。


実山椒やちりめん山椒をよく買うのは、千波。山椒好きの私には極楽の店である。そして錦佃煮の老舗、旬味家にて、お初の山椒みそもお持ち帰り~。どうして私はこんなに山椒が好きなのだろう。人生に刺激が少ないから舌にピリっと求めておるのであろうか。
と、あれこれ眺めていたら、時間切れで目当ての有次さんが閉店してしもうた。相変わらず時間配分ヘタすぎ。
ああ、この錦市場ごと、わが町ロウアー・イーストに連れて帰りたい。と、毎回飽きもせず同じことを思うのであった。

錦市場商店街

◆以前の、錦市場めぐりの記事は、こちら

◆大好きな青実山椒くらべの記事は、こちら

旅もの | trackback(0) | comment(0) |


2017/11/13 (Mon) 魔の迷宮にて五右衛門パスタ


お昼ごはんは、もう何度も行っておるのに絶対迷う、魔の迷宮、京都駅地下街ポルタにて、大好きなカプリチョーザ(相変わらず「京都まで来て、なぜ…」な選択の昼ごはん)…と思ったら、ないっ、消えておる、私の愛するカプリチョーザが。それならば、うどんや蕎麦…とならずに、かわりに五右衛門へ。隊長にひとしきり、この店は箸で食べる洋麺屋であって…若かりし頃はよくいったもので…などと説明するが、あまり共感は得られなかったことを付け加えておこう。
私はズワイガニと海老と本からすみのアーリオオーリオ。メニューの「リピート率No1!」の文字にひかれて。蟹とからすみの量をぜひともリピート・プリーズ、と思ったが、それでも旨し。


隊長、海老とアボカドのジェノベーゼ。ふむ、この組み合わせは人気なのかな、ほかのパスタ店でも見かけたけれど。今度試してみよう、パスタ抜きでもいけそうな。
そんなこんなで、「京都まで来て…」な昼ごはんは、続くのであった。そして「こっちが宿に絶対近いよね」とあがった幾つもある地上への出口は、やっぱり遠回りなハズレ出口であった。ポルタよ、なぜ私に、そうも理解されるのを拒むのか(ヘタな翻訳文体調)。

洋麺屋五右衛門 京都ポルタ店
京都府京都市下京区 烏丸塩小路下東塩小路902−516

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS