2018/02/02 (Fri) 予定変更タイ料理


体がかきんこきんに凍りつきそうな零下の冷え込みの中、クリントン通りを北上して晩ごはんを食べにイーストヴィレッジへ。
ロシアン手下がグルーポンで見つけてきた店で待ち合わせ。お得!と思っても、ビジネスがうまくいってない、もしくはオープンしたての店が集客のために出すケースがほとんど、がっかり率も高い例のクーポンである…(やや不吉感漂う冒頭)。
しかも震えながらようやく辿り着いたと思ったら、店が閉まっておるではないか! 貼り紙を見ると臨時休業らしい。手下のやつ、予約を入れるか事前確認をしなかったのだ。しかもやつは遅れてのこのこやってきた。
「だって数日前には開いてるって言ってたからさぁ」と言い訳する手下をぷりぷりと引っ張り、通りを戻って目についたタイ料理の店へ(前置き長くてすみませんすみません。この怒りをフォーエバー書き留めておきたくて♪)。
なんだかスポーツバーのようなタイ料理店だのう。さすがおされといなたさの入り混じるLES。


まずはソムタム。しゃきしゃきのグリーンパパイヤにしみ込む、辛さの中に甘さ漂うタレ。ピーナッツの風味。普通にイケる。これがおいしくなかったら、お父さん、ちゃぶ台ひっくり返すところである。ニ・ハラショーと逃げても許さんのである。


ぴりっと辛いロングホット・チリの効いたダックのバジルソース。香ばしく表面を焼かれた鴨肉もふんだんに入り、スパイシーなソースの絡んだ野菜も歯ごたえ爽快。ワインのボトルも安いし、アメリカ人向けな味つけなものの、なかなか悪くない。徐々に空腹もおさまるとともに怒りもおさまり、さらに粒マスタードとCDなどもらって落ち着くのであった。人間これ単純。


蒸しライスヌードル追加で、そっちの方が多くとった、いやそっちが多い、と小学生レベルの言い争い(安いのだから、2つ頼めば…)を経て、


麺ほココナッツミルク風味の海老のグリーンカレーに絡めていただくと、これが美味しい。筍、ベルペッパー、茄子もごろごろと。
空腹と寒さは人を短気にさせると、手下も悟ったことであろう。と、ふと今書いていて気づいた。手下はモスクワ生まれ、道理で私より普通の顔して歩いていたわけだ。次回はグルーポンのお店か、不安じゃのう…。

One More Thai
6 Clinton St, New York, NY 10002

阿、中東 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS