2018/03/10 (Sat) アジアの香りのパーティーフード


忘れたころにアップする~、習いごはんものコーナーじゃよ~(お馴染み更新気まぐれすぎるよ音頭)。
本日は久方ぶりのひろこ師匠の料理教室、何品もが手際よく作れてしまう(はずの)アジアン・パーティーフードである。そういえば前回も品数の多いタパスを習ったが、そしてどれもが簡単で美味しかったのだが、一度も登場してないのはどういうわけか。習った事々がきっと時空のどこかに吸い込まれてしまうに違いない。そこは深いクッキング・クラス・ブラックホールと人は呼ぶ…。とりあえず材料の写真を撮っておくと、後で便利なので記録、記録(記録魔なので)。


アジアのテイストが香るフィンガーフードということで、材料も生春巻きやワンタンの皮など馴染みのものばかり。普段は粉ばかりで、板ゼラチンは扱い慣れていないから、しっかり学ばねば。春巻き巻いたり、ラムレーズンチーズ巻いたり、最初から飛ばしまくりの師匠。密度が濃いす…ぜいぜいと息切れしながら、必死でついていく丁稚たち。


バーでよくゆで卵のピクルスを見かけるけれど、こちらはウズラの卵バージョン。可愛い。しかし殻むきにこうも根気がいるとは…。失敗すると卵が破けちゃうから、黙々と真剣に殻をむく丁稚たちであった。その光景、どこかシュール。


ミートボールぐつぐつ、いい香りが教室内に漂う。


ザ・壮観。
ちなみに今回のメニューはというと、
●鴨スモークの生春巻き
●ふんわりミートボール、甘酢あん
●ココナッツシュリンプ
●イカのサラダ
●モッツアレラチーズのフライ
●ウズラの卵のピクルス
●ハッセルバックポテト2種(いくら/トリュフオイル)
●柿とリコッタチーズのブルスケツタ
●ラムレーズンチーズ
●ホットアーティチョーク・ディップ
●モッツァレラチーズのフライ
●デザートにほうじ茶パンナコッタ
すごいなぁ、こんなに全部作れるのかなぁ、自分ひとりじゃ作れる気しないなぁ、あは、ははは…(笑っている場合ではない)。


美しきアジアン・パーティーフード、なんとか完成の図。


ずずっと寄ってみる。簡単にできて見栄えする、温かいものと冷たいもの、作り置きできるもの等を組み合わせたパーティー用フィンガーフードの数々。一気にレパートリーが増えて、うれしい楽しい。


色みも美しいスパークリングワイン・カクテルをいただきながら、お待ちかねの試食タイム。今日はとりわけ怒涛の忙しさだったので、やや燃え尽き症候群。生徒さんにあまりにユニークな人物がいて、目が釘付けであった。


デザートは、濃厚なほうじ茶香る優しい味のパンナコッタ。


これを一度に作れるかは甚だ、いや100%自信がないけれど(そこは自信あり)、少しずつ作っていきたいのう。いや、それじゃあパーティーにならんか…。

習いごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS