2018/03/22 (Thu) 山羊と蟹


宿のまえに小山にいる山羊たち。夕方になると出てきて、めぇぇぇーと鳴いている。遠目だし、私にはぜんぶ同じに見える……のだが、宿の女将Sジーさんが顔の茶色い一頭を指して言った。
「あの子はね、ハリケーンの日に生まれたから、イルマンなのよ」イルマは女性名だけど、雄なのでイルマン、なのだそうな。草をもりもり食べて、元気に育てよ、イルマン。


グランカーズ・ブルバードの河口で地元の若者たちが集っていた。見物者もたくさん。お、川掃除?と眺めてみると、引き潮で砂地になった川で蟹捕りをしているらしい。へぇぇ、けっこうたくさん捕れるんだのう、と見入った。


食事して散歩して戻ってきたら、まだ捕っている。晩ごはんは山盛りの蟹かのう…。ビーチ周辺は特に観光客しかいない場所も多いセント・マーチンだけど、地元の人の生活の一片に遭遇できるグランカーズ、やっぱり好きだなぁ。

カリブ海 | trackback(0) | comment(2) |


2018/03/22 (Thu) Cocciマーケット健在


夕方はキュル・ド・サックをドライブ。よく通っていたモモさんのレストラン、Ti Buchon、あんなに素敵な店構えだったのに、跡形もなくなっていて、涙。でもモモさんが無事で過ごしているという報を聞けたのは何より。ホープ・エステートに今年にはオープンするという噂だったスーパーUも、ハリケーンで予定が頓挫してしまったらしい。
そんな中、一昨年発見した、フランス人の住民もしくは長期滞在客御用達のCoociマーケットは開いておった! 宿から近い唯一のスーパー、開いていてくれてありがとう。フランス らしく店の昼休み長いけど…いいのよいいの、ゆっくり昼寝してね。


フォアグラにアーティチョーク、かかせぬマスタード・ヴィネグレットに、おなじみカスレの缶詰もあれこれ。こじんまりしているけれど、品ぞろえは充実。現在マリゴの人気スーパー、スーパーUへ行く道はいつも渋滞中なので、本当にこの辺りの住人にはありがたい存在じゃ。昼休み長いけど(くどい)。


アメリカで売っていないのでつい買ってしまうコントレックス、今年はスーパーUにおいていなかったけどこちらで発見。ラッキー。しかしなんなのだ、このコントレックス義務感。果たして美味しいのかマズいのかいまだ判断つかずなのだが…なんとなく…体にいいような気がして…(弱気な健康志向)。


ワインのほかにラム類もあれこれ。おお、アメリカでは手に入りにくいハバナクラブもあるではないか。ほすい…でも税関でややこしいことになったら嫌なので自粛。
もう毎日でも覗きたい旅先のスーパー、夜も自炊したら色々試せるのだが、そこまでの気力はなしっ(そこに力は入れんでもよろし…)。

Cocci Market
Cul de Sac, St.Martin

◆去年の極端な開店時間を気にしておる記事は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS