2018/03/31 (Sat) 鴨、かも、カモとカーニバル


ハーモニーの夜店めぐりを楽しんだら、途中で晩ごはん休憩。人手が多くてレストランの混む火曜の夜、大忙しのロロは避けたいから自然とこのお店へと足が向いてしまうのじゃ。イケメンな兄弟Thibault さんとAmaury さんが1993年にオープンして以来、大人気のビストロ・カライベスさんへ。


おなじみ、ロブちゃんの生簀がお出迎え。毎年来ておるのですっかり顔なじみになって、昨日「明日の予約をしたいのだけど」とお願いしたら、しっかりカーニバルの見える通り沿いのテーブルを用意してくれていた。メルシ~。


ガーリックたっぷりのクリームソースに泳ぐ優雅にエスカルゴ。バゲットおかわりお願いシルブプレ。


そして私はもちろんフォアグラ様を所望。色々なお店のフォアグラとソースの取り合わせを食べ比べるのが楽しいが、こちらはマンゴーとピスタチオのホット&サワーソースが定番。甘さと酸味が肝の高貴な脂にとけいり、あっという間に消えていくその凝縮された瞬間。さくさくのパイ、葉脈の美しいかりかりの葉っぱの食感もよろし。
変わらないのが嬉しいのは、「ああ、帰ってきた」と思えるからだと、とフォアグラの儚さを味わいながらしみじみと。


柔らかしっとり、こちらも甘酸っぱいハニー入りのソースでいただく鴨のローストには、


ローストした野菜と熱々のグラタンも添えられて。


フランス料理に辛い刺激を添えたくなるのは本国だと失礼にあたるのだろうか。だがこの島では違う。ホットソースをお願いしたら2種出てきたのも気が効いている。激辛うまうまのピメントのピュレに恋に落ち、早速お土産に買った。
サービスの甘やかなラムをいただいたら、そろそろカーニバルのパレードが始まる時間。テーブルからおとなしく見ようか通りに出ようか迷ったけれど、やっぱりたまらず外に飛び出したのじゃった。

Bistrot Caraibes
81 Grand Case Boulevard, Grand Case, St Martin

◆去年もやっぱり火曜日に来ておる記事は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS