2018/04/07 (Sat) 2018セント・マーティン島6日目~ピク・パラディから消えたもの


本日は山道を車でどんどこ上って、標高424mの休火山Pic Paradisピク・パラディへ(→去年の記事のコピペ。それほど毎年来ている、いや来ずにおられない場所なのだ)。ピク・パラディ詣での儀式はここから始まるといっても過言ではない、毎度の山羊さんに草をあげる、の図。
でも本心は少し心配していたのじゃ。もしかしてハリケーンが山羊たちをさらっていってしまっていたら、どうしようかと。そんなこちらの杞憂をものともせず、相変わらず食欲旺盛な山羊たちがお出迎え。くれくれ視線が痛い…。


変わらずの絶景、まさにパラダイス。


しかし変わってしまったものもあった。
展望台も。そして毎年毎年「やらないのー?木と木の間を滑りおりるの、きっと楽しいよー」(自分はやる気まるでなし)と、隊長をうりうりつついていたジップラインも。どんな暴風が吹き荒れたのか、想像するのもおそろしい無残な姿に。果敢にも挑戦する人たちを眺めるのは楽しかったのに。なんだかさみしいのう。来年には復活するかな。しても、挑戦はしないけど。

◆飽きもせずジップラインを勧めている去年の記事は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS