2018/06/02 (Sat) BYOB定例会~ワンタン王再訪


本日は久々に、お酒持ち込みOKな店を真摯に追い求める仲間によるBYOB隊(=Bring Your Own Bottle)の集まりである。お店は以前来ておいしかったこちらの、Wu Wonton King。さて、いつもはお気楽なBYOB隊の面々だが、本日はやや真面目モード。というのも、隊員の一人Mキーが手術を控えているのだ。そこで同様の手術済みの私が体験を語る、という主旨なのであった。


今のところはお酒を飲んでも大丈夫ということで早速持ち込みワインを開けつつの、青菜炒め。にんにくの効いたチャイニーズ・ブロッコリ、唐芥蘭は歯ごたえ残した炒め具合も絶妙、お願いしたチリオイルをつけて食べればなお旨し。箸を忙しく動かしながらも、私が知りうる知識をMキーに伝授。過去のブログを遡って読みたくないほど、手術後は痛い思いをしたからのう…。元がおたく気質な私が知り得た、点滴とそのスピードの関係や麻酔薬の種類についても熱く語ってしもうた。


そして必ず頼むのは、「Salted Pepper」というシンプルに魚介類を塩胡椒で揚げ焼きするメニュー。油っこいソースにまみれさせるよりも、素材の味が楽しめて隊員たちの超お気に入りなのじゃ。前回はイカだったけれど、よし今回は手術前の景気づけで、海老にしちゃおう。ぷりぷりかりかりの海老に、フライドガーリックとオニオンの旨味、ハラペーニョの辛さが加わり、やっぱりハズれなし。


ライスがついてくるので今回は炒飯はなしで(何しろ、ここのポーションは巨大ゆえ)。かわりに、Crispy Tofuを。初めて頼んだ時には、ただのお豆腐かー揚げだし風にタレがかかっているわけでもなし、と一瞬迷ったのだが、実はメニューにも言及されておらぬ隠された魅力が。表面の真ん中に海老つみれが隠れておるのじゃ。そして外はまさにクリスピー。あ、前回の記事を見たら、出し汁を持参して揚げ出し豆腐にしてもいいなぁなんて書いておる。…やればよかったか。


最後はサービスの甘さ控えめなマンゴープリンをつるりんと。伝えることは伝え、答えられることは答えたら、後半はすっかりリラックスムードでいつもの雑談。Mキーの緊張もほんの少しだけほどけたようで、ちょっとひと安心。
早く元気になって、BYOB快気祝い、しようね。

◆Wu’s Wonton King
165 East Broadway, New York, Ny 10002
◆今まで訪ねたBYOBレストランは、右下の検索窓で「BYOB」と入れてもらうと、でてきますよん♪

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS