2018/08/06 (Mon) タイ料理にて、BYOB快気祝い


本日は、お酒持ち込みOKの店に徹底的にこだわるBYOB隊のメンバー、Mキーが無事療養を終えて復帰したので(飲みにも仕事にも)、快気祝いに辛いものでも食べようということで、イーストヴィレッジのスリランカ料理のSigiriに集合。
一足お先に着いた私はまず階下のいつものスパイス屋へ。お店の前でライブ・ペインティングを始めているアーティストを眺め、店内でテリチェリーの黒胡椒粒と月桂樹の葉を買って外に出ると、MキーとNシーも到着したところだった。じゃ皆で階上の店に…と思うも、なんとお休み。ええー、店選びには慎重なゆえ、急な予定変更に弱いBYOB隊、困ったことであるぞ。


慌てて方向転換、ご近所のタイ料理のルイズ・タイフードへ。ここは前回はまぁ普通という感じで印象に残らなかったので、しばらく来ていなかったのだが、致し方ない…。まぁタイ料理なら、そう大はずれもないしのう。
まずは持ち込みワインで、乾杯。Mキー、順調な回復、本当におめでとう。Nシーが買ってきてくれたこのPicton Bayのソーヴィニヨン・ブラン、超お安いのに美味しい!日本酒と違い、ワインの名を絶対に覚えられない私だが、これは写真で記録しておかねば。


定番、パパイヤサラダのソムタム。繊維質たっぷり、爽やかな辛さ。


クリスピーなイカと海老。素材を主張する控えめな衣に効かせたスパイスがニクい。ニラとロングビーンズが添えられているのも気が利いておる。


ナスと豆腐とチリペッパーのバジル炒め。ほどよい辛さのソースが柔らかなナスと豆腐を包み込み、ごはんも欲しいがお酒も進む。ワインもう1本開けちゃえ、開けちゃお(3人でおとなしく1本を分け合うという発想は、BYOB隊にはないのである)。


そして、NYCのタイ料理ではパッタイはたいてい甘すぎるので、Nシーお勧めの幅広麺の黒醤油炒めパッシーユに豆腐とチキンをプラス。たっぷりと甘辛なソースを吸い込んだぷにぷにの麺の食感がいとおしい。炭水化物というよりは濃厚なオカズの旨さである。麺をオカズにごはんを食らう…という大学生男子のような勢いになってしまう。
今回は何を食べてもなかなか美味しかったこのLuiさん。やっぱりレストランって一度の印象で決めてはいかんなぁ、と反省。われらがBYOBレストラン・リストに無事復活を果たしたのであった。

Lui's Thai Food
128 E 4th St, New York, NY 10003
◆前回、中華を食べながらMキーを激励したBYOB会はこちら
◆今まで訪ねたBYOBレストランは、右下の検索窓で「BYOB」と入れてもらうと、でてきますよん♪

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS