2018/09/29 (Sat) パトリシアのファッションショー


その昔、ファッション誌の編集に関わっていたことが自分でも信じられぬほど、お洒落ワールドから一千億光年ぐらい遠い私だが、ロウアー・イースト・サイドのご近所さんのよしみでパトリシア・フィールドさんのファッションショーにお招きいただいた。会場に選ばれたのは、ジェントルマンズ・クラブと名がついておるが、な、なんとストリップクラブ! 人生で一度も足を踏み入れたことのないその場所に、次々とお洒落な招待客たちが吸い込まれていく。
お洒落…というか、ねぇねぇどうして王様がいるのじゃ? 斬新な個性で知られるパトリシアのファッション・ワールド、さすが来る人々も個性的。度を越えて…。


ショーが始まる前のひと時では、モデルさんたちがストリップクラブにつきもののバーと怪しげに戯れているし…果たして載せていいのか?


こんなセクシーな衣装なのに、眼鏡っこというところが、またセンスの良さを感じるのう。


ランウェイを次々と闊歩するモデルたち、奇抜なハンドペインティングの衣装も、彼らが着るとかっこええー。私がきたら、きっとヤバい人…。


ひときわ喝采を浴びていた彼女、お色気路線のSiFi映画のヒロインみたいなオーラを放っておる。


最後に登場したパトリシア、彼女がプロデュースするファッションは過激でゴージャスなのに、ご本人はさらりと白いシャツに粋な帽子。
ああやっぱり格好いいぜ、パトリシア!

Sapphire 39
20 W 39th St, New York, NY 10018

楽しみもの | trackback(0) | comment(0) |


2018/09/28 (Fri) ピンクに染まる


いったん花が開くと、細く長く楽しませてくれる源平葛さん。育て仲間の友人たちの間では「ゲンペイちゃん」と呼んで互いの成長を報告しあっておるのだった。今は、白と赤から、ガクがピンクに染まってきたところ。そしてその中に小さな赤い花の名残と種かな?丸っこいものが。つくづくと愛らしい連なりの花であるのう、カズラたちは(カズラーのひとりごと)。
今でも、花のことを書くと、ふいに哀しみがこみあげるのは、いなくなってしまった花好きの友のせい…。

◆心で友に捧げた開花したばかりの源平葛は、こちら


育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2018/09/27 (Thu) ベランダ晩酌よ、いつまでも


夜景を眺めながらのベランダ晩酌がいつまでできるかのう、とセンチメンタルに思ったりもしながらの、


週末恒例、ベイビーQちゃんでじゅー。本日はイカ、ししとう、椎茸、フラットブレッドなどを。イカの上の謎の物体は、今年初めて栽培したナス。「ナスなんかになんでこんな手間を…栄養なさそうだし…」などと軽く後悔もしたのだけど、自家製ナス、美味しい! ナス嫌いの隊長も認めたほど。


翌日は、超ご近所にターゲットができたので早速偵察に。郊外の友人がよくターゲットという店を口にし、あの赤い輪っかのロゴマークだけは見慣れたものだったが、ついに!こんなに近くに。しかしさすがはマンハッタン、衣類も食品も日用品もすべてがちょこっとずつ表面をかすめ取ったような薄い品ぞろえなのであった。買ったのはアボカド1個、肉1枚。
晩ごはんは、そのターゲットで買った怪しいリブアイ肉やアスパラガス、フラットブレッドをベイビーQちゃんでじゅー。にんにくはホイルに包んでちょっとオリーブオイルをたらして蒸し焼きに。そして、意外にこの肉おいしい!と「意外に」を3回ぐらい口にされた、そんなターゲットの立場とは…いや、でもできてくれて嬉しいんだけど。


涼しくなっても、ダウンジャケット羽織って、ベランダ・グリル隊は頑張る所存じゃ。でも、焼いたそばからさめていきそう…。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2018/09/26 (Wed) ルコウ好き


食べられるものしか植えられていない我が家のベランダで唯一の例外はルコウさんたち。今年も可憐な花をつけてくれた。紅い星みたいなルコウソウに、


葉っぱが丸っこいマルバルコウ。こちらは、ルコウソウより一足遅く開花。同じルコウ仲間でものんびりさんタイプのようじゃ。
どうも私はルコウとかカズラとか名のつく花に弱いらしい…。野菜の白い花が多いベランダだけど、今年はこれとナスの紫の花でちょっぴりカラフル。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


2018/09/25 (Tue) スリランカ風蟹カレー


見上げればそこに、派手なキラキラが…本日は、この派手な窓が目印なスリランカ料理屋のSigiriさんへ、ロシアン手下とワイン持ち込みで参上。
本当はモスクワから息子を訪ねている手下ママも来るはずだったのが、体調が悪いとのことで断念。私のことをトマチカ、トマチカと可愛がってくれるとてもやさしいママなのに、残念…。早く元気になりますように。


まずは食い意地のはった(私もだが。あ、だから長年の友達なのか)手下がじーーっと穴の開くまでメニューを眺めているのをなだめ、前菜で乾杯。Gothamba Roti(ビーフ)はたっぷりポテトと牛肉のつまったロティ。ジューイッシュのクニッシュみたいなものだのう、のっけからおなかにたまる…。この店、おいしいのだが野菜のメニューがほとんどないのが惜しいのだ。スリランカンは野菜嫌いなのであろうか。


String Hopper Kotthuはビーフをチョイス。一見ライスだけれど米粉のヌードル状のホッパーを玉ねぎ、キャベツ、トマト、卵と炒めたもの。様々な素材がスパイスとともに見事に溶け合ってうまうま。こんもりしたホッパーの山にスパイシーなグレイビーをかけて崩しながら食べるのが止まらない。


初めて頼むSri Lankan Crab Curryは蟹の殻が食べにくいけれど、まずは蟹をお皿に盛ったら、


その後についてきたバスマティライスを投入して混ぜ混ぜ。この蟹カレーの旨味と辛さがじんわり溶け込んだお米がもうおいしいのなんの。食べきれなかった自分の分のライスを持ち帰る私を「全部、俺にくれ…」と恨みがましい目で眺める手下。具もない蟹ライスからあやうくいじましい喧嘩が勃発しそうであった。
手下ママがモスクワから持ってきてくれた鱈子と鱈肝の缶詰、いくらの缶詰などをいただき、私も手下ママへのお土産を託した。いただいた中に、ものすごーーく派手なピンクのブラウスが入っていたのだが、いくら光物好きといっても着るには勇気のいる代物である。こ、これが私の好みそうな服の印象なのだろうか。
その真偽を尋ねるためにも、今度会える時までにはもう少しロシア語を勉強しておこう…、うん。

Sigiri
91 First Ave. New York, NY 10003

◆以前、エビカレーを食べたときの記事は、こちら

◆今まで訪ねたBYOBレストランは、右下の検索窓で「BYOB」と入れてもらうと、でてきますよん♪

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS