2018/09/23 (Sun) 世にも豪華な、3者会談という名の持ち寄り会と毒見の恐怖


本日も~酒瓶抱えてソーホーへ~。今宵は(今宵も…)H師匠とAぴとの3者会談という名の、世にも豪華な持ち寄り会じゃ。


師匠作の帆立の燻製がしみじみ旨すぎて、燻し香が目にしみるぜ。これはわが燻製隊の名誉会長として、今後もご指導いただきたい。


そして、これまた美味しすぎる濃厚なポテサラに、


「さっと作っただけ~」とおっしゃるオクラの浅漬けが、また止まらない。このさっと火を通してオクラの食感を残した感じが素晴らしすぎる、とせっかくレシピを聞いたのに…そして、それはとても簡単だったのに…。今となったは思い出せないのが無念じゃ(酔っ払いあるある)。


Aぴが買ってきてくれた名店のローストビーフがとてつもなくしっとりで、口の中がときめきのバラ色に。私もいつか挑戦してみたいローストビーフ、でも手を出せずにいるのはなぜかといえば、ぱさぱさになりそうな予感がひしひしとするからである。そしてこういう時の予感だけはとてもよく当たるのである(悲哀の預言者)。


好物のとろけるブッラータや食感のいいオルゾサラダ、ビーツのサラダも嬉しすぎる。こうして和や洋がカジュアルに楽しめるのもポットラックの楽しいところだのう。


そしていつものごとく私は「お茶の稽古の後だから、凝ったもの持ってこれなくてー」と定番の言い訳とともに、とっても雑ないちじくとグリルチーズのプロシュート巻き、


揚げと大根とブロッコリ茎の炊いたの、こんにゃくとイカ巻きとひよこ豆煮などを。不揃いの千切りみたいなこんにゃくの切り方が斬新だと師匠に褒められちゃった、えへへ(いや、褒めてない気も)。「ひよこ豆入れるっていうのも新鮮」「あ、それはカナリー豆にしようと思ったら、なくて…」なんかすみません…こんな丁稚で。


そして和菓子教室で作った出来栄えに自信のない錦玉かんも、二人にお毒見してもらったのだったが、案の定「見た目は綺麗なんだけどね、うーん…」。
正直な感想を言ってくれるのが、友のいいところじゃ。はい、すみません、もっと精進いたします。これからもお毒見してねーと明るくお願いすると、不安に顔をちょっぴり曇らせた我が良き友二人であった…。
この模様は面白いので(友にとってはいい迷惑)、今度ゆっくり小説すばるのエッセイにでも書こうと思います。

★今までの世にも豪華なポットラック・シリーズは、右下の検索窓で「世にも豪華な」と入れてもらうと、でてきますよん♪(枕言葉と化したシリーズにいつの間にかなっておる)

およばれごはん | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS