2019/03/06 (Wed) 四川料理と帰路の悲劇


ミッドタウンのWu Liang Yeにて、四川料理を食しつつ、いつもの4人で昭和も語るけど介護も語ろうよ会(適当すぎるネーミング)。


今回も、Mじ一押しの、Double Cooked Fresh Bacon、油とろけるにんにくまみれの生ベーコンでスタートじゃ。


野菜はこちらのSautéed Stringbeans、インゲンの炒め。ここにも抜群においしいピリ辛スパイスが絡まっていて、インゲンの魅力が花開いて味蕾もぴりぴり。


ふってわいた本日の話題は液体絆創膏、そのような優れたものがあるとは知らんかった!しかもサカムケアにコロスキンって~、と突っ込みどころ満載な日本の薬のネーミングに盛り上がりしつつ、Dan Dan Noodles、汁なし担々麺。この後、瞬殺でおかわりし、わんこ担々麺とあいなった。


そしてあと一品何かほしいよね、ということで、蟹と卵のスープなどを。2人前で十分な量。
そして満腹の帰り道…、冷たい土砂降りの中を傘で前がよく見えぬまま猛スピードで歩いていたら、電信柱に激突して見事にすっ転んだ! (お酒は1滴も飲んでないのに。いや、飲まないからいけなかったのか)
両手をすりむき、足と尻をしたたかに打ち、泥水で汚れた服でよろよろと帰宅。液体絆創膏、今ほしいんですけど…。とほほほほほ。

Wu Liang Ye 五粮液
36 W 48th St, New York, NY 10036

◆前回も同じものを食べている記事は、こちら

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS