2019/05/11 (Sat) 桜餅2種


友人から「一緒に桜餅つくらない?」との嬉しいお誘いを受け、二人でわいわい今年初の桜餅作り。いつもは一人で奮闘しているけれど、共同作業って愉しいし楽だなぁ。違う作り方に挑戦するのも新鮮で、やはり和菓子作りも着つけも、場数が大切なのだと実感(しつつも、すぐ挫折)。


さて、上から数日後。復習でまたまた桜餅作りを。なんてまじめに和菓子作りに精進するわたくしであろうか。
今回は食紅にビーツ色素を使ってみたのだが…綺麗な桜色に染まったと思ったら、加熱した途端に元の真っ白に! なにゆえに~~、と後で調べたらビーツの色素は熱に弱いらしい。以前桜大福を作った時は大丈夫だったのに。
なんて気まぐれなんだ、ビーツよ! でも悔しいので後で色付けしてみたよ…。
これからは素直に普通の食紅を使うか、まだビーツ色素を使うか、来年の春までに考えよう、うん。

和もの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS