2019/06/14 (Fri) 酸味とライブ


色々と心身ざわめくこともあれど、いい音楽(とくに生!やっぱりライブ!)と心地いいハッピーアワーのお酒があると、心清められるものだのう。などと、昨夜の素晴らしきコンサートを思い返しながら、一人しみじみすることしきりな本日の晩ごはんは、まぐろのたたきに最近のお気に入り、シラントロの香り濃厚なトレジョのZhougソースで。ネギ焼き、ししとうは美味しい粗塩とごま油をまぶしてフィッシュロースターでじゅーと焼き、レモンで。簡単、らくちん。茎コリアンダーのナムルにれんこんきんぴら。


別の日の魚ごはんは、めかじきとネギの炒め、ししとう焼き、ケイジャンライス、野菜スティック。めかじきは焼くとぱさつきがちで喉に「うっ」となるので、水分を封じ込めるためにワンドラフラワーか片栗粉必須じゃ。ここに、先日作ったチキンアドボのソースをかけたら、お酢の酸味がよろしい感じで。
酸味とライブ、大事よね、人生に(だから無理につなげるな、と)。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/06/13 (Thu) 海老とフィッシュロースター


極力フライパンを使いたくない時(というか、火に立ち向かいたくない時→どういう意味?)に頼ってしまうフィッシュロースターだけれど、今回初めて海老もイケるかな?と初挑戦してみる。塩水で洗った海老とネギにオリーブオイルとおろしたにんにくとケイジャンスパイス、塩胡椒まぶして、アルミのトレイに入れてフィッシュロースターでじゅー。仕上げにレモンきゅっ。あらっ、結構簡単で海老のぷりっぷりぶりもいい感じでないの。
お供には菊芋(オリーブオイル、黒胡椒、マドラス、クミン、ガーリック、スモークペッパー)と平茸ロースト、ホッピンジョン、野菜スティック、ケイジャン落花生。
火に立ち向かわずには済んだものの、フィッシュロースターにこびりつく長年の焦げには立ち向かわねばならんのう、と思った晩ごはんであった。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/06/08 (Sat) 漬物石思考とフィッシュアンドチップス


暗い思いもいつかは晴れると常々思っているのだが、そうはいってもその渦中はなかなか気が晴れないものだ。心に重い漬物石がごろんところがってる感じ。今回は、仕事に関する暗い思いに5日を経て陽が少しさす。今回は5日だったが、もっとずっとずっと長い日だってあるだろう。それでも射すと信じて手はとめない。今はこれがすべてか…。止めたっていいんだけどね、と思いつつも。
と、たまには殊勝なことを考えてみた日の晩ごはんは、思考疲れかがっつりしたものが食べたくなり、タラでフィッシュアンドチップス(じゃがいもはローストだけど)を。以前イギリス人の友人が作ってくれた時にビールを衣に入れていたのを思い出し、入れてみたら本当にさくっふわっ。ビネガーとレモンかけて熱々を。
お供はワカモレ、ブロッコリラブのひじきふりかけとごま油ナムル、カンパリトマト。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(4) |


2019/06/07 (Fri) イカの箱舟風


いつものヘスター通り祭り、本式のオープンまではまだ数週間あるのだが、その場所で本日は北海道祭りがあるという。ロウアー・イーストと北海道、なんと異質な組み合わせ。というかこのへんの住人は京都は知っていても、ホッカイドーは知らないんじゃ…。行ってみると案の定ややさ寂し気な人出、しかも値段がバカ高い!小さなお皿のジンギスカン$15とか、タコが1本$10とか。これじゃ売れないよう…。と何も買わず帰ってきて、家でイカを焼く、の巻。
イカは切りこみを入れてさっと湯通ししたら、生姜醤油タレとマヨネーズかけて、フィッシュロースターでじゅー。上にかけたのはピーマンのかわりのハラペーニョ。種を抜くとそう辛くないので。


食べたことのないびっくりドンキーのイカの箱舟再現レシピなのじゃった。お供はポテトチップス入りサラダにコールラビの甘酢漬け、ブラックビーンのサルサとチップスと今宵も居酒屋メニュー。しかし昼間のあのタコ、高かったなぁ。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/06/06 (Thu) 今週の10分弁当~オーシャンパーチに豚バラ搾菜


10分で詰めてフタ閉めますよ、な10分弁当。
今週のスタートは、オーシャンパーチ(アラスカメヌケ)のムニエルにアリコベール、わかめとラディッシュ酢の物。ラディッシュ葉と菊芋和え、チーズと青菜オムレツ。パーチというと聞こえは軽やかなのに、メヌケと言われるとマヌケっぽい…などと勝手なこと言われる白身魚、は、近所では売っていないので、Fresh Directさんから調達。


豚ばらザーサイ炒め、サラダ、ブロッコリと平茸焼き、果物。果物が隙間要員として活躍中じゃ。


キャットフィッシュのコーンミール焼きとフレンチビーンズ、つみれボールとラディッキョ、こごみスパイシー和えとブロッコリ。
ナマズとこごみ、なんとなく異質なのに妙に語呂がいい組み合わせ、小説のタイトルにどうだろうか…南部の猛者男に嫁にきた日本人、みたいな話…書けないけど。もしくはメヌケとつみれ…。


ローストチキンの辛子マヨ胡麻和えとベイビーズッキーニ、ブラックビーンのサルサとチップス、コールラビの柚子唐辛子漬け、ほうれん草サラダ、ブロッコリと卵和え。最近知った野菜のコールラビ、これからどんどん漬物に使いたいなぁ。

弁当もの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS