2019/06/30 (Sun) お初のモントリオール上陸


どこか近場で外国気分を味わえる地はないかなぁと、お初のモントリオールへ。NYからたった1時間半飛んだだけだし、一見NYにも似た街並みなのに、皆さんフランス語喋ってるのがなぁんか新鮮(って当たり前なんだけど…)。


お宿はいつものようにキッチン付きホテルを選択。ダウンタウンの便利な地のりに加えて、結構広くて、朝食付きと、なかなかよろしい感じじゃ。しかも食器洗い機までついているわよ、奥さん! そんなに真剣に料理をする予定はないから使わないだろうけど…。
ということでこれから1週間、ここがマイホーム…。まずは、昼ごはん用のバゲットを買えるベーカリーを探さなくでは(と、なんだかノリはセント・マーチンなのであった)。

北米 | trackback(0) | comment(0) |


2019/06/29 (Sat) ボヤ騒ぎと大根サラダ


グランド通りの中華雑貨屋でボヤ騒ぎがあったらしく、売り物の一部(水やホウキや台所スポンジやら)を店頭に出して売っていた。どれもきな臭いのだが、それに群がりたくましく交渉する人々。火事にあってしまった人相手でも、値切っておるようだ。皆、たくましく生きておるのだなあ。
私も交渉苦手を乗り越えてたくましく生きねば、と心に思う日の晩ごはんは、よだれ鶏を作るつもりでスーパーに向かうも、怠け悪魔が耳元で囁くものであえなく出来合いのロティセリーチキン買う。大根と胡瓜と鰹節、かりかりじゃこ、海苔の居酒屋風サラダ(反省の意味をこめて、チキンの存在感薄めで)。


好きすぎて困るブッラータチーズに焼きいちじく、ししとう揚げびたし、オリーブ、玉ねぎハラペーニョ・ピクルス漬け。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/06/28 (Fri) もらい香なリブと根菜


本日の晩ごはんは、燻製ポークリブにポテトとターニップのロースト。野菜とリブはアルミホイルでフタをして一緒にじっくりと蒸し焼きするので、もらい燻し香が嬉しいのである。柔らかくなったところで、ホイルのフタを開けてスパイシーなBBQを塗って、さらに追い焼きしている。海老団子煮と燻製グリルチーズ、芽キャベツロースト。根菜とワイルドライス。もらい燻し香。もらい湯。もらい風邪…。
本当は美味しいのにちっとも美味しそうでない写真を前に、もらって嬉しいものともらって嬉しくないものをつらつらと考える日であった。次は追い炊き、追いがつおなどの追い関係についても考察していきたい。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/06/27 (Thu) 思わぬ大根餅と、まぐろのライム・アンチョビソース


グランド通りをステンレスのざるを探して歩いていたはずが、いつのまにか大根餅を手にしていた。ちょっと覗いてみたチャイナタウンのパン屋さんの奥で、あれこれと点心や総菜を売っていたのだった。しかしチャイナタウンは雑貨屋の店先で時計の電池交換や靴修理をやっていたり、パン屋さんに本格的な総菜が売っていたりするから面白い。そういえば近くのジューイッシュの床屋も、ジュエリー修理を引き受けていてお願いしたことがあったっけ…。などと幅広い客寄せに感心しながら、ぷるぷるの大根餅の旨さに目を細め。


まぐろのたたきには、先日作ったスカートステーキのグランマ風で作ったアンチョビ・ライム(汁とゼスト、両方使う)・葱にんにくソースをまた作り、かけてみる。うん、肉にも魚にも合うお助けソースである。ローストポテト、らっきょう、野菜スティック。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/06/26 (Wed) 燻し大根漬けとヘタなハマチ


最近、燻製隊のなかでひそかに流行っておるこの燻し大根をスライスして


ゆかりと燻製醤油に漬けてみた。これがなかなかイケる漬物になるのである。と、前フリ写真まで載せておいて、肝心の漬物の写真が小さい件。
ラディッキオとフリゼのほのかな苦みが美味しいサラダは、焼平茸とかぼちゃの種、ブルーチーズとマスタード・ビネグレットで。


ハマチを燻製わさび醤油で。なんとヘタくそな皮引きと切り方…。だってさぁ、めったにハマチのサクなど手に入らないので、練習しようがないんだよねぇ(日系ストア難民の寂しい言い訳)。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS