2019/08/18 (Sun) また来て、ウールー


1週間前にも友人達と来たUluh、またしても来てしまった。どれだけ好きなんだ、という。でもチャイナタウンの店に比べモダンで小綺麗だしメニューも豊富で洗練されておるし、といいつつ、ほとんど同じもの食べているんだけどね。
さて、いつものピリ辛酢キャベツをまずツマミがわりに、と思ったら…、なぜだか間違ってキャベツのにんにくソテーが運ばれてきた。これも美味しそう、ということでキープ。こうしてワンパターンな私達の注文は広がっていくのだった。


ハズせない2つ、謎の生姜ふりかけが食欲をそそるクリスピーシュリンプ・ジンジャーと、


ダンダンヌードル。いつもおかわりしたい、と思いつつ、しないのがエラいな、私達(その分他の物をたくさん頼んでおるが)。


ワイルドチャイブと豚バラのソテーも確か先週も頼んだんじゃなかったっけ? でも毎日同じものを中華料理店で食べるおじさんもよくいるし、まぁよしとする(勝手に自分達をおじさん化)。


だが本日はいつもはあまり頼まないデザートに挑戦(私以外の皆さんはお酒を飲まず、甘党なのだ)。でも私は知っている。このメンバーはデザートをはずす率が多いことを。激マズ餅アイスや見かけだけのたい焼きパフェの記憶が蘇る中、やってきたのはこの不思議なライチ?のデザート。微妙な幾何学模様に、添えられた果物の半端感…してお味はというと、皆口をそろえて言い放った。「…今一歩!」。いやぁUluhは今まで褒めたたえてばかりだったから、いいよね、こういう抜け感も…あ、私は食べないけど。
そして微妙な味と感触のデザートを前に、皆のリローション計画について意見を出し合う。皆して「やっぱり老後は友達と近くに住みたいよねー、同じアパートの一部屋ずつとかさ」そして今と同じく美味しいもの食べて寄り合い…理想だのう。そこにはきっとイケてないデザートもついてくるに違いない。

Uluh
152A 2nd Ave, New York, NY 10003

◆1週間前に来たばかりの記事は、こちら

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS