2019/08/25 (Sun) H師匠を偲んで納涼料理会


酒瓶抱えて(でた、久々のようなこのフレーズ、あ、でもBYOBレストランでもやっておるか)トライベッカへ~♪ 本日は、NYから皆に惜しまれつつ日本に拠点を移したH師匠の愛弟子(各自、自称)達が料理を持ち寄っての納涼料理会なのである。人呼んで師匠とその料理を偲ぶ会…。それにしてもゴージャスなYちゃんのお宅、


噂のムースくんの彫刻にもついにお目にかかった。Yちゃんのご主人はこのムースの彫刻のために、名シェフを呼んでウェルカム・パーティーを催したそうな。なんて歓迎されているムース。皆もついカメラを料理でなく、ムースに向けている。いや、今日はアメリカヘラジカに見とれている場合でなくて料理だから、ということで、


本日のメイン。Yちゃんの実践お手本のもと、師匠の絶品・和風鴨をおさらいをしていく。カウンターでYちゃんの手元を見つめつつ、説明も聞きつつ、「そろそろワイン開けていいですかー?」と私とY子ちゃん。こらー集中しなはれ、と師匠の声が聞こえたような。


出来上がった鴨のジューシーで美味しそうなこと。洋風鴨ローストは何度も復習しているけれど、これも絶対復習せねば。


Yちゃんが同時に作ってくれた付け合わせのワイルドライスや、習ったレシピにこだわらず、タイ料理、ふっくら黒豆、懐かし風味のポテサラにサーモンマリネなど皆さんの得意分野もテーブル狭しと並んでいく。


前回は、人の話をよく聞いておらぬ私はまるで関係ないものを持参し、「これ習ったっけ?」と皆に不思議がられてしまったので、今回はちゃんと持っていきましたとも、ホット・クラブディップのアレンジ版(それでもアレンジ~)。


これまた師匠の名作レシピ、カポナータを再現したY子ちゃん。夏につめたいカポナータも美味しいなぁ。


今回は怪我をして料理には参加できなかったJちゃんが持参してくれたHARBSのマロンケーキがまた美味しすぎる。


Yちゃんが作ってくれた黒糖ゼリーは、しっかりレシピやどの黒糖がおすすめかも教えていただけたので、これも再現するぞー。ただね、「このレシピの通りに作ればできる!失敗するほうがおかしい!」とH会長が豪語する絶品黒豆のレシピは…難しいうえに時間がかかり、皆して「うん、作る、作るよ」という声の弱気なこと。このガッツ入れすぎない感じもまた嬉しい師匠の弟子たち(だめじゃん!)。

後にはライン・グループにてしっかりレシピも交換。食いしん坊が集まると、楽しいし学べるなぁと感動しきり! そして師匠、寝起きのところビデオチャット攻撃してすみませんでした♪ 「ちょっと待って! 10分待って! メイクするから」と慌てた師匠が相変わらずラブリーであった。

習いごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS