2019/09/19 (Thu) 豚足発見


お茶友Mちゃんと居酒屋ごはん(なぜだかお茶友週間だなぁ、今週は)、何年かぶりで懐かしの横丁へ。嬉したのしやハッピーアワー、山芋たんざくが当たり前なのに美味しい。なぜこんなに美味しいのに自分で作らないのだろう…。きっとそれは、ぬるぬる、と手の痒み、に関係しているのではないか(分析するほどのことでなし)。他に、鬼殺しを啜りながら、なす焼き、焼き鳥とあれこれ頼んだのだが、


思わずメニューできらりと光っていた豚足を注文。豚足をこよなく愛する我には、なんと嬉しい発見か。一番好きなのは、TonTonの炙り焼き、Uluhのスパイシーな炒めも美味しい。しかしこの弾力のあるたくましい豚足を齧ってはお酒を啜る、というのもまた愉しいものだ。さて、次はNYのどの店でインスタ映えはしないけど可愛く美味しい豚足が見つかるであろうか(豚足行脚の旅、つづく)。

| trackback(0) | comment(0) |


2019/09/18 (Wed) ベランダ・グリル隊活動の日々


相変わらずの週末ベランダBBQ、こうして並べるとまるで毎日ただシンプルに焼いて食べて…を繰り返しておるようにも見えるが、そして実際それでもいいのだが、実のところは週末のみ。じゃあ平日はストーブトップで凝ったものを作っておるのか、といえば、まるでそんなこともないんだけどね…。缶詰とかね…(悲哀)。
この日はイカ串、エンダイブ、オクラをベイビーQちゃんでじゅー。イカは醤油とみりんを塗って焼くと、マンハッタンの高層階のベランダに屋台の香りも芳しく。


この週末は、近所のコミュニティーガーデンで花々を見て楽しんでいたら(ちょうど昨日茶花の講座を受けたばかりだったので、これ使えそう、などと楽しいのである)、あっという間に蚊に何か所も刺された。虫引き寄せの法則がすごすぎる。他に何も引き寄せてないぶん、虫に集中しているらしい。
自分で言っていてさみしくなった日の晩ごはんは、フィレミニヨン串、ベイビーズッキーニ、フィンガリングポテトをベイビーQちゃんでじゅー。バーナーを替えたのでQちゃんますます好調。
フィレミニヨンは、ヨーグルト、にんにく、胡瓜で作ったザジキをつけたり、


温野菜たっぷりと合わせて、サラダ仕立てにしてもまたいいのう。


この日は、海老のスパイス焼きでオールドベイの減塩バージョンをぱっぱと。オクラ、ミョウガにはオリーブオイルでなく、ごま油を塗って藻塩をぱらっと。ここにレモンを絞るとまたさっぱり。さぁ、気温の許すかぎり、まだまだ続くよ、ベランダBBQ(ダウンジャケットを着こんでまでもやっていそう)。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/09/17 (Tue) 寂し気な手巻き


料理用のベーキングパンを買いに行き、サイズでむちゃくちゃに迷う。しかも使い捨てのアルミのやつである。わりとなんでも決断は早い方だと思っていたのだが、ベーキングパンと料理の関係については恐ろしく優柔不断な自分の新たな面を知ったことである。何度もレジに行きかけては戻り、結局、使い捨てのアルミ製ではなく近くにあった普通のメタルパンを買った。
そこまで迷ったのにキャビネットにはさらに山ほどのベーキングパンがあるのを見ない振りした日の晩ごはんは、まぐろ、スモークサーモンと胡瓜マリネ、海老、卵、グリルチーズなどで手巻き寿司。大好物の光り物の刺身が手に入らないので、どことなく投げやりで寂し気なお皿を、わざわざブログにのせてみるよ、マイくいしんぼダイアリー。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2019/09/16 (Mon) 菊の着綿


おなじみ迷走・和菓子作りシリーズ。長月は、家で作るのは初めての練り切りに果敢にも挑戦、菊の着綿を。重陽の日に菊の花に真綿を被せ、明くる早朝に夜露と香りをまとった綿で体や顔を拭う。すると無病・長寿を保ってくれるという宮中の習慣があったとか。初めての我が着綿は綿がぺたんとしてそんな高貴なものに見えないけど…ビーツの色素を使ったので色も沈んでるけど…とりあえずお菓子を食べて無病息災!なんてことはないかのう…。

◆前回、秋ぽっい夏衣を作った時の記事は、こちら

和もの | trackback(0) | comment(0) |


2019/09/15 (Sun) 桔梗


茶花教室にて、塩月宗芯先生を母に持つ五藤宗紫先生に教えていただくという幸運に恵まれた…のだが、さりげないようでいてなんて難しい引き算の美学。私が迷いに迷って選んだ3本は、さらに先生がすいと1本抜き取り2本に。そっと持ち帰ってきた桔梗、花は野にあるように、とまではいかないけれど、根が出てくれたら土に返したいなぁ(でも以前も越冬できなくて枯らしてしまったのだった。哀)。

育てもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS