2020/01/27 (Mon) やみつきパエリア闇練の夕べ


骨折75日目、本日は前回出席しそびれて涙をのんだY子シェフの伝説のパエリア教室。なんと行けなかった私とKちゃんのために、一度は燃え尽き封印したはずのパエリアを再度教えてくださることに!
思えば初めてY子ちゃんのパエリアを食べたのは、骨折して7日目のことだったっけなぁ。あの時はただの捻挫と信じ、そのわりにどうしてこんなに痛いんだろう…と泣きそうになりながらも、いとしのパエリア目指してよちよちと必死にヴィレッジに向かったのだった。
と痛い思い出に浸りつつもスパルタ闇練、頑張ります! と言ったそばから酒グラスを手に勝手にまったり自主休憩する私達…「そこ、見なくていいんですか?」と厳しいY子シェフの声が飛ぶ。はいっ、見ます、習います!(でもグラスは離さない我々)


パエリアだけでも本当に手間がかかって大変なのに、なんと他にも色々と用意してくれたシェフ。スーパー弁護士なだけでなく、スーパーおもてなしウーマンと名付けよう。一見シンプル、実は9種の風味が隠されたフォークの止まらないケールサラダに、


既に次なる課題として浮上している素材、カリフラワーのロースト。


火傷までしながら根性で焼いてくれたアクロバットなチキン等(チキンが宙に舞った~!)、どれも感動ものじゃ。


完成した絶品パエリアの美しきこと。ペッパーをオーブンでローストして作った鮮やかなソースをとろーりかけて、


目玉焼きを慣れた手つきでざくざく切りながら混ぜてくれるY子シェフ。


見よ、この凛々しくも美しい姿を。ぱりぱりとお米がはじけ、マッシュルームとケールの風味が口に広がる超絶パエリアを再び口にし、これはやはり自分でも作らねば!(いつか。でも絶対)とやや弱気な野望に打ち震えたのだった。
これでパエリア教室は正真正銘の打ち止め、次は片付けと新たなる食材プロジェクトに挑むというスーパーY子シェフ、ついていきますどこまでも!(酒瓶背負って🍷)

◆やみつきパエリアをまずはレストランに食べに行った記事は、こちら

◆そして最初に手作り絶品パエリアのお披露目にお邪魔した記事は、こちら

習いごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2020/01/23 (Thu) デンバーなカットのステーキとは


このブログやインスタを見てくれている数少ない方は、私があまりに、ニシンとか〆鯖とかからすみとかに愛を寄せているのを見てあまり肉には関心ないのかなぁと思われるかもしれないが、確かに世界の中心で語るほどの愛はさほどない…。焼き鳥は好きだが特に赤身の肉には。
でも最近、牛肉のよくわからない部位を買ってみる、というのをひそかに楽しんでいる。今日は柔らかさの脂の入り具合が気に入っているデンバーカット・ステーキでサイコロステーキを焼いて、ターニップと、ブロッコリと共にクスクスにオン。
Fresh Directのデンバーカットの説明を読んでも、チャックの柔らかい部位だということぐらいしかからないのだが、そこがまた謎めいていい。すごく人気!といいつつ、あまり店で見かけないのもまたそそられる。多分デンバーの人が好きな部位なのだろう、いやたまたま最初にこの部位美味しいよね、といった人がデンバー出身だったのか…(適当)。
牛肉に、謎を求めて、何千里…。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2020/01/22 (Wed) イタリアーンな手巻き


骨折73日目。昨日のみぞれを入れなければ初雪、なのだろうか。ここで滑って転んだらすべてがアウトなので、ご近所トレジョよありがとう、とそろそろ生きる日々である。隊長には日系スーパーのおつかいではんぺんを頼む。はんぺん、ハードル高そうなので、「正方形でマシュマロみたいなフィッシュケーキ」というコメントに写真付きで送る。無事買ってきたのでよかった。以前、お高い旭ポンズを写真付きで頼んだ際、お高いのにそう美味しくない他のポン酢を買ってきたのがトラウマになっているのである(大げさ)。
晩ごはんは、まぐろ、タコ、カニカマ、切り干し大根などをブッラータチーズと柚子胡椒かわさびと共に、海苔で巻き巻きする、イタリアーンな手巻き。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2020/01/22 (Wed) ブラック・シーバスとターゲット


骨折72日目、自主リハビリ8日目。サポーターなしに長靴で歩いたのと、椅子の上での正座リハビリがたたったのか(その姿、まるでばあさんそのもの)、何もしなくても痛いのがヤだなぁ。そして本日はみぞれまじりで寒く、あまり歩けないのでつい超ご近所のターゲットをうろうろしていて、思わず服を買ってしまった。ターゲットで服。うーん…これはまずいことなのだろうか?でもユニクロがありなら、ターゲットもありあり?すでに基準もわからなくなっていること自体がまずいのか?(全然まずくないよと誰か肩を叩いて)
そういいながらも新しいブラウスが気に入った日の晩ごはんは、ブラック・シーバスのムニエル。エセックス市場の魚屋のブラック・シーバス、皮からかりっと焼きつけると、白身魚にそう興味のない私にも旨し。切干大根と枝豆ちらし煮、ビーンディップに野菜、根菜ロースト、トレジョのトリュフチーズ。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


2020/01/21 (Tue) リハビリとクラブ・ディップ


骨折70日目。骨折自主リハビリからは6日目、ほんの少しだけ茶道具を持って正座するところまでを頭でシミュレーションし、その通りにそろそろと動いてみる。正座そのものより、その直前の足首の深い曲げが痛いんだのう…。
どうにかできるかな、無理かな、微妙という日の晩ごはんは、蟹とブロッコリのホットディップにチップスや野菜、スモークサーモンと玉ねぎマリネ。クラブディップはH師匠のアレンジ版、ブロッコリやアーティチョークを足して作るのが増量もできて、味も好きなのだった。


翌日は当然骨折71日目である(だって翌日だもの、当たり前)。自主リハビリ7日目、足は受傷足に負荷をかけてつま先立ち、というのを昨日からやってみたら痛みがとれない。急ぎすぎかもかも。
と、やや後悔な日の晩ごはんは、自家製スモークのバッファローウィングに椰子の芽とバタービーンディップ、ローストポテトに野菜スティック。燻製風味でしかもバッファロー、手前みそだが今一番好きなウィングだなぁ。そろそろ季節的に燻製できなくなってきてさみしいのう。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS