2020/02/06 (Thu) アルゼンチンBYOBとリカバリーソックス


骨折87日目。ここ数日、足首だけでなく足の甲も痛いのはブーツのせいだろうか。どんなブーツでも、履くとやっぱり足首が痛くなる。
寒い冬にブーツも履けぬとは殺生な、と足元がすぅすぅする日の晩ごはんは、お茶友Mちゃんとご近所LESでワイン持ち込みアルゼンチン料理へ。優しいMちゃん、私がブーツを履けないことは知らなかったのに、リカバリーソックスという名のオーガニックコットンの伸縮性のある厚手ソックスをプレゼントしてくれた。回復ソックスとはまさに今の私に必要なものではないか。ああ、触るからに気持ちよい~となでなで。
まずは、必ず頼むロースト・カリフラワー。アーモンド、ドライアプリコットにオニオンヴィネグレットで彩り鮮やか。


初めて頼んだビーフ・タルタル、これが大当たりじゃった。グラスフェッドの舌触りも滑らかなビーフに、スローポーチした艶々の卵の黄身、コニションのかりかり感と紫玉ねぎ、これを混ぜ混ぜしてこんがり焼かれたミニトーストにのせて頬張り、ワインを一口。持ち込みの安ワインが極上ワインのごときうまさに代わる(気は持ちようとはこのことじゃ)。


これもまた忘れてはならぬ、タコのグリル。吸盤の焦げがいとおしい…。
帰って、さっそくソックスを履いてみたら、これが気持ちよくて足首がうっとり癒される。ありがとう、Mちゃん。これ履いて早くリカバリーしたいものだ。

Balvanera
152 Stanton St, New York, NY 10002

◆日本酒のSotoを持ち込んでサーバーのお兄さんに喜ばれた時の記事は、こちら


家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS