2013/04/02 (Tue) LESのモロカン・フレンチ・ビストロ


銀行にキャッシャーズチェックなるものを作りにいくも、IDが足らずに出直し。何をするには何が必要か、こういうルールを知っている人間にわたしはなりたい。でも今更なれそうにないと知る。だからどんどんなりたくもないのに用心深くもなる、銀行お役所関係に関しちゃここの国では石橋を叩いて渡っても既に壊れてるんじゃもの。
さて、ぶつぶつ言いつつもそんな本日の晩ご飯はご近所LESのこじんまりしたビストロへ。


ロウワーイーストサイドの、それも東のはずれというのは、昔のイーストヴィレッジみたいなもので、通りがワンブロックでがらりっと音をたてる勢いで変わる。歩いている人種も変わる。アベニューBはおされだが、CやDにいくと、「ダンナ、ここはドラッグ買えまっせ」の合図とも言われる、スニーカーが電線にいくつも宙吊りでひっかかっておったりするし。
そしてここLESのヒップな東端は勝手にクリントン通りだと思っておった。じっさい、それ以降はいまだけっこう物騒な話もきくのである…。
でもこの店は、さらに東のRidge St。どんどん美味しい店が東に侵略していってくれるのは大歓迎じゃ。
店名のRustic(飾り気のない、ひなびた感じの)、まさにこの界隈がまだそんな感じだが…。


ほとんど1人のお兄さん切り盛りしていて、丁寧に料理の説明をしてくれたと思ったら今度はバーカウンターでドリンク作り。忙しそうだが楽しそう。ワイン、ビールにも一家言ありみたいで、置いてあるビールもおされ。私はビールはてんで解らんが、こういうエキゾチックなビールはたいてい甘めなようで、限りなく普通~のビールが飲みたい連れはちょいとがっくり顔。おされだから仕方ないのっ。でもお兄さん、ワインの注ぎ方はそんなおされじゃなくても、もうどぼっと…。


ケールサラダ。鴨ベーコンやパルメザンをたっぷりあえたオーガニックのケールは美味しいけれど、葉っぱがほぼまるごと…やっぱりもう少し切ってくれんと食べづらいっすよう。


LESで牛の胸腺が、しかもクリントン通りより東で(微妙にこだわっておるな)食べられるなんて思ってもみなかったのう。しかも好物のフォアグラまでメニューに発見。残念ながら本日はないとのことで、この時点でリピ決定じゃ。
さっと焼いた表面はかりりっ、噛むと中はまったりジューシーなスウィートブレッド。バルサミコ酢のグレーズが濃厚な甘さで脂ののった胸腺にぴったりとはまる。


スパイスの効いた揚げカリフラワーを美味しくつまんだあとは、


メインにビーフのタジンを。骨付きのショートリブを使っておるから、ブレイズされた肉はもうとろとろで、じゅるっと骨髄にうっとり。プルーンを煮込んだ美味しいソースはクスクスにも絡め、食べ終わった皿のそりゃあ綺麗なこと。たまには東のはずれにきてみるもんだな。

Rustic L.E.S
124 Ridge St. New York, NY 10002

阿、中東 | trackback(0) | comment(0) |


<<今週の10分弁当~黒豚ソーセージ、ナポリタン、ラムのローストにコフタ | TOP | からすみを削る>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1435-a8d6e705

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS