2013/08/27 (Tue) 新生姜の黒糖甘酢漬け


友だちに会いに行く道がてら、めずらし~く新生姜を見かけたので、つい買ってしもうた。それも1ポンド(450g)もどっさりと。実際は、この写真の何倍もある…。
こんなに買うてしまったからには、新生姜の甘酢漬けを作るしかないであろう。しかし作ったことなどないのである。でも作りたいなあとは思っていた、というのも日系スーパーで買う紅生姜、添加物まみれなので。
さて、うっかり食材を買ってから、慌ててレシピを調べるのは(しかも適当にアレンジしてしまうのは)いつものこと。ぐーぐるさん、ありがとな。
まずは、新生姜の茶色いヘタ(?)のような部分などを除いて表面を綺麗にしたら、繊維に沿ってスライス。本当ならスライサーでしゃっしゃーと鼻歌混じりでやってしまいたいところだが、繊維に沿ってとなると、やはり包丁で丁寧に切っていったほうがいい。1ポンドとなると、けっこうあるな…。手が疲れて鼻歌も途絶えるな…。ようやくすべて切り終えた後は、15分ほど水にさらす。


お次は甘酢づくりじゃ。甘すぎるのは苦手ゆえ、いろんなレシピを検討(=ごちゃまぜに)しながら、以下の配分に落ち着いた。
米酢300cc、水50cc、白だし50cc、そして甘味は通常砂糖なのだが、いただきものの黒糖生姜パウダーなるものを使ってみることに。これ煮物などに愛用しておるのだが、なかなかいい風味を出してくれるのじゃ。大さじ3杯ってとこで。


甘酢材料を火にかけ、煮立ったら生姜を加えてさっと混ぜ、3分したら火をとめる。


冷蔵庫で1日おいたら、早速お味見をば。おお、ぴりっとからい中にほんのり黒糖の甘み、しゃっきり感、酒のアテにもなりそうな旨さ。でもやや酢がキツいかのう、酢と水分(水と白だし)の分量、280ccに120ccにしてもいいかな、でもしばらくすると酢と生姜のとんがりが丸くなるだろうし…。と、このへんは様子見で次回の課題。


早速、いつもの納豆そばの上に生姜さんをほいっとのせて。
山椒ちりめん、青海苔、ヘンプシードに生姜と黒糖の(一見)健康ぶっかけそばを元気よく啜る。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<アボカド、ケール、いちじくのサラダ | TOP | リトルイタリーで貝食す>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1457-7856b2e1

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS